000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も一日

PR

Profile


わた姫

Comments

 プラダ バッグ@ vstytyajh@gmail.com お世話になります。とても良い記事ですね…
 ルイヴィトン バッグ@ bnoxwsjfym@gmail.com 突然訪問します失礼しました。あなたのブ…
 ルイヴィトン アウトレット@ qjufjm@gmail.com 今日は よろしくお願いしますね^^すごい…
 ヴィトン 通販@ mpnhxpuwogs@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
 ヴィトン バッグ@ agnjivj@gmail.com 匿名なのに、私には誰だか分かる・・・(^_…
2011.07.26
XML
カテゴリ:実家にて
終わりましたね、アナログ放送。

被災地の自宅では、昨年夏前にテレビを買い換え、
いや、それは、だいぶハメられた感あったのですがね、
なんとなく時流に乗って、以来デジタル放送でした。

ま、だいたいテレビ見ませんし、
そういうイベントは忘却の彼方だったのですが、
避難先の実家でまさかのアナログ再体験
ちっとも不都合はなかったですが。
むしろ、
隣の部屋のデジタル放送とのタイムラグが面白かった。
アナログの方が早いんだもの。

優越感。♪d(⌒o⌒)b♪

いやいや。
でも、7月に入って、
「アナログ放送終了まで あと○日」
って字が左下に入るようになって、
テロップなんかがすごく見えにくくなって、
だいたい画面自体14インチだし、字、巨大な存在感。
急かされる感じ、
少数派な感じ、
すごくヤな感じ、でした。

ある日、テレビをビデオカメラで撮る母発見。
実家にはビデオもDVDも、もちろんブルーレイもなかったので、
おぉ、
やっぱ、アナログ放送にはアナログ録画か!^^;
と思ったら、
日々減っていくその数字を収集していたのでした。
テレビに向かってカメラを構える母。
を、撮影する娘。
その絵が面白いって、弟のお嫁さんが言ってました。

ぷぷ、親子。(* ̄m ̄)

24日は、正午にテレビを見てなくちゃと予定をずらし、
25日の午前0時には、砂嵐になるところを見るべく起きだし、
14インチの前30cmに陣取り、カメラを回し。
収集した画像は、ちゃんと編集して、youtube。
母は結構本気でした。

アナログ放送とともに育った世代。
時代の終焉を、
私たちとはまた違った想いでカウントダウンしていたのでしょう。



そういう区切り、なんかいいなぁと思ったりして。

私が一緒に育ってるものって何だろう。
レコードはだいぶ前になくなったし、
携帯が出た頃には、もう結構大人になってたし。
ゲームなのかなぁ。
でも、マイナーチェンジが早くて多くて、
仮に制作者レベルで大変身を遂げたとしても、
私には、母にとってのアナログ放送ほどの感慨はなさそう。

父母世代が、羨ましいと思う時がある。
いろんな日本を知ってるし、変化の速度がちょうどいいかなって。
・・・なーんて。
つくづく、豊かな時代に生きてるな、わたし。






Last updated  2011.07.26 18:12:20
コメント(6) | コメントを書く
[実家にて] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.