538526 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

2009年09月05日
XML
カテゴリ:闘病の頃のこと4
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうざいます。

現在、1999年を振り返っているところです。

基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





新婚「茨城編」 5




ドクターから要再検査と告げられた私は

0229沈む.jpg

深い淵に沈んで行くような気持ちになりました。

どうしようもない絶望感で、誰にどう助けを求めればいいのか…。







その夜、夫にできるだけ軽い感じで

0230参った.jpg

ごめんねー、再検査が必要だってー。と報告をしました。

再検査は場所を特定するためだけで、手術になりそうだと。




夫は一瞬の沈黙もなく、

「そうか」とにこにこしています。





そして



0228大丈夫.jpg

私をぎゅーっとして


「大丈夫。絶対にオレが治してやる。絶対。
 何も心配するな。」
と、

ほんとに、ずーっとにこにこしながら言ったのです。


私は本当にホッとしました。

夫が悲嘆しなかった…とか、そんなレベルじゃなく、


0231そうか!.jpg

そうかー!みち君が治してくれるのかー!!的な

めちゃくちゃ希望的な確信。

ぎゅーっとされながら、心底ほーっとしたのです。



そっか。私、治るんだ。
死なないんだ。








死ねないよ。









その夜は4月だというのに、異常に寒い夜でした。

二人で散歩に出ました。

まだ20時頃でしたが、下館の20時は人通りゼロでした。


街路の桜がライトアップされていてその下を二人で歩きました。



その時、天から真っ白いものがチラチラと降ってきました。

4月の雪でした。


桜に当たってるいるライトに降ると、熱で一気に水蒸気となり、

桜の周りだけに「もや」がかかりました。

チラチラふる雪と桜の花びらとモヤに包まれて、

今思い出しても信じられないような幻想的な光景でした。



一生わすれられない夜でした。


0227夜桜.jpg






つづくよ。
こっからだよー。












いつも本当にありがとうございます。
今日から楽天ランキングにも入れてみました。

楽天ブログランキング

これです。


本当、すみません。
お好きなのを(全部だとすごく嬉しい)
ポチってして頂けると嬉しいです。







最終更新日  2009年09月30日 07時53分07秒
コメント(8) | コメントを書く
[闘病の頃のこと4] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.