538508 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

2009年09月08日
XML
カテゴリ:闘病の頃のこと4
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、1999年を振り返っているところです。

基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





新婚「茨城編」 8




手術が決まってから入院まで日数があり、
私の心は揺れに揺れました。


確実に体の中に悪いものがあると思いながら過ごす日常。


守ってくれる家族がいて、自分はなんて幸せなんだと思ったり、

世界で一番不幸だと思ったり…。






後にも先にも一回だけ夫が泣いたのを見たのもこの時期です。



私がお腹も痛いし、手術も怖いし、何もかもイヤだと涙ぐんだ時、



夫が私をガバリと抱き寄せ、抱きしめ、
そして「うおー」っと泣いたのです。

0236夫泣く.jpg




「ああ、オレは何もしてやれない…。
 変わってやりたいー!!変わってやりたいー!!!」と。




私はハッとわれに返りました。

自分だけが不幸だと思ってました。

自分だけがつらいんだと思ってました。




違うね。




病気はほんと、周りの方がつらい。
心が張り裂けそうなのを我慢してるのは夫だった。





ごめんね。
0237もう泣かない.jpg

もう泣かない。

弱音は周りを弱らせる。

がんばる、私。



この時のことがその後の私の強さを生みました。









次回からは「ゆるーい激闘編」です。










楽天ブログランキング

ポチボタン、3つもあってごめんなさい。
いつも本当にありがとうございます。








最終更新日  2009年09月08日 08時49分03秒
コメント(18) | コメントを書く
[闘病の頃のこと4] カテゴリの最新記事


PR

X

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2021年11月
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月

キーワードサーチ

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.