000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

全6件 (6件中 1-6件目)

1

闘病の頃のこと7

2009年10月02日
XML
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、2000年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、
一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





闘病終盤 5




長い闘病記におつきあい頂きまして
0285ありがとうございました.jpg


前回、南の島に行きカツラを取って深呼吸。

それが一連の闘病の、一応最後と自分では思っています。




私は夫の愛情に治してもらったと思っています。

でも、愛情があったら治るとか、無いから駄目とか、

そんな事は絶対にありません。



命を永らえる事ができたこと、心底ありがたいと感謝しています。

でも、生き延びたから幸せそうでなければ不幸という事も無いと思います。




病気をしている時

「現状に感謝をしていれば、必ず結果的にありがたいと思える」と

そんな風に言われ続けてきました。

非常に体がつらい時でも、努めて感謝の念を抱いていました。
(それが難しい時だってありましたが…)




あの時はあの時でつらかったけれど、本当に幸せでした。

必ずしも病気=不幸ではないと思うのです。


自分にとって何が幸せか、誰にもわからないので。




いつでも自分の幸せを自覚できる心でいたいと本当に思います。






余談ですが、強い治療のあと、3年位私は蚊に刺されませんでした。

治療との因果関係はハッキリしていませんが、

虫にもわかるほど、私の血は薬に漬かっていたのでしょう。



0286蚊.jpg

何年かして、蚊に刺された時が本当に終わったなーと実感した時でした。




本当に ありがとうございました。













今日からは健康カテゴリーから外れました。
変わりに「ホビー・イラスト」カテゴリーに入れていただきます!
どうぞよろしくお願いします。













最終更新日  2009年10月02日 09時11分23秒
コメント(20) | コメントを書く


2009年10月01日
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、2000年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、
一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





闘病終盤 4




2000年3月。

晴れて正式に退院しました。

仮退院や、一時帰宅とは全く別の空気でした。




その後、夫と二人であちこちへでかけたり、

精力的に動いていた私。




結婚前からお世話になっていた恩師にも退院のご報告。



ずっと心配して見守って下さっていた

兄のような父のような存在の恩師が突然おっしゃいました。



「きょうちゃん、よくがんばったな。

 カツラ…むれるんじゃないか?大丈夫か…?

 ……南の島に連れてってやる。

 そこでならカツラなんか取ってしまえるだろ?」

0281お誘い.jpg
えぇぇぇえええ!!???そんなー。
わたくし夫もおりますし…。



「うん。だから、夫と二人、連れて行ってやるよ。
 
 よくがんばった。夫がえらいよ。」



みち君の動きをずっと見てて下さった先生。

ご褒美に連れてってやるよ。と………




えええー。そんな…それはさすがに…甘えられない………

 
 
 
 
 
 
という大人な遠慮を完全に捨て去った私ら夫婦。

めちゃ図々しく甘えました。2000年6月。

南の島に10日間。……連れて行って頂いたのです。



0284海でかつらを取る.jpg

南の海でカツラを取って外気に浸りました。

腕白坊主のような五分刈り状態。

ありがたくて涙が出ました。




0283プール.jpg

プールでカクテル飲んだり


0282象さん.jpg

象さんに乗ったり………。

嗚呼…ありえない…。

激動の2000年は地獄と極楽がセットでやってきました。










今日はボタン、一つにしました。
押して行って頂けると本当に嬉しいです。
いつもありがとうございます。










最終更新日  2009年10月03日 17時51分51秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年09月30日
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、2000年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、
一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





闘病終盤 3


2000年2月。

最後の副作用。




普通に生活している人には中々ないかもしれない

「死」と真剣に向き合った数ヶ月。





今の私は、本当にこの時間に感謝をしています。



その時期にベッドの中で渇望した「日常」




もう一度元気になって「日常」の中に戻れるのだろうか?





0274何でもない普通の一日2.jpg

戻りたい、戻りたい、戻りたい。


何でもない普通の一日に。




ご飯作ったり、掃除に追われたり…

満員電車で通勤できるなんて、信じられないほど幸せな事だったんだ。





仕事や家事に疲れて、不平不満を言っていた過去の自分が

手の届かないほどの幸せな人に思えました。
 
 
 
 
 
 



アコーディオンのらくちゃんとの二人ユニット楽香のライブで最後に必ずやる演目

「何でもない普通の一日」は、この時の想いが元になっています。


0271楽香.jpg

他にもこの時ベッドの上で思った事を元に創ったお話をライブでやってます。



楽香の他、ヴァイオリンの響子ちゃんとのコラボも最近始めました。

オリジナルでないものでも、ソロでもやったり…。

元気に仕事ができるってなんて幸せなんだろうと、

日々感謝で胸が一杯になります。

もっともっと、色々な事をやりたいです。



あんなに憧れた日常に戻ってこれたのだから。






………と、言いつつ……掃除もしないで

火災報知器点検を敵視するこの矛盾………。




ねっ!びっくりだね!人間てのど元過ぎれば熱さを忘れるんだよっ!!!








ねっ!…じゃねーだろっ!!!みたいな突っ込み…受け付けないよー!













ポチってして頂けると嬉しいです。
いつも本当にありがとうございます。






最終更新日  2009年10月02日 10時52分13秒
コメント(17) | コメントを書く
2009年09月28日
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、1999年~2000年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





闘病終盤 2



2000年1月5日から入院。



ところが、白血球が上がりきっておらず、

治療に入れないために、翌日から外泊で一時帰宅。



これがまた決心鈍るんだよなー。



病院の行き帰りは夫が車で送迎。


途中通る原宿や渋谷で車を停めて色々買ってもらったり、


入院グッズはお気に入りのイルカで統一したり。


0277ご褒美.jpg

なだめすかしての治療。


夫には苦労をかけました。



かつらも買ってもらいました。

バンダナで外を歩く勇気なくて…。



0261かつら.jpg



治療は自分のためなのにね。


めいっぱい我がまましてました。



ありがたいことです。





何とか乗り切った5回め。




さあ、あと1回。











楽天ブログランキング

闘病日記はあともう少しです。
ポチってしていただけるとうれしいです。
いつも本当にありがとうございます。







最終更新日  2009年09月28日 21時23分40秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年09月27日
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、1999年~2000年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





闘病終盤 1




抗がん剤治療、全部で6回。


一言で言ってしまうととても簡単ですが、

以下のルーチンを半年以上繰り返します。




1 強い薬を打つ

30時間近く点滴を付けて、大きなパックを6本ほど打ちます。



2 痛み、吐き気、その他の不調を必死に耐える。
0276耐える2.jpg

髪が伸びたら、外を走ろう。とか、

食欲出たらビックマック食べたい…とか。

ひたすら楽しい事を想像して耐えます。



3 薬の影響で白血球が下がる。

4 白血球を上げる注射(激痛の筋肉注射)を打つ。


0275白血球を増やす注射.jpg

この注射が本当に痛い。

涙が出るほど痛い。

そして、はじめの頃は一本打ったら上がってた白血球も、

だんだん上がりが悪くなり、何本も打って、それでも上がらず、

「これ以上下がったら無菌室ね」みたいな事にも何度かなりました。



5 白血球上がる。

この注射を打つと、背骨が悲鳴を上げるほど痛みます。

背骨で白血球を作ってるのが、体で実感できます。がんばれ骨髄。



6 一時退院する。

そして、白血球が通常値に達すれば晴れて(一時)退院。

これが本当に本当に嬉しい。




7 安定後再度入院。

そして、外来に通いながら様子を見て…再度入院。




この繰り返しを、99年中に4回まで終わらせました。




99年12月24日。

ちょっとだけ無理を押して一時退院。

ドクターが、大晦日にも救急のところでこっそりと診てくださり、

クリスマスもお正月も家で迎えることができました。

本当に親切で優しくて、思いやりに溢れていて、

その上、治す力のある先生方にお世話になれた事に今でもとても感謝しています。





そして迎えた2000年。

このルーチンがあと二回…。



この二回がつらい。




楽しい年末年始を家で過ごしたこともあって、

回を重ねるごとにつらくなってく治療を体が拒否します。


もう入院なんかしたくないよー。



夜中に目が覚めて、隣に夫がいなくて、

白い天井が見えると、体が冷たくなるんだよー。



でも、やっぱり仕方ありません。


決めたことだし…何より、私のためなんだし…。



本当なのか、本当に効いてるのか…

こんなにつらくて、私のためなのかぁぁぁぁああああああ???


たまに叫びたくなるけど…。



でも………

がんばります。




あと二回。













楽天ブログランキング

ポチってして頂けたら嬉しいです。
いつも本当にありがとうございます。










最終更新日  2009年10月02日 10時51分16秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年09月26日
カテゴリ:闘病の頃のこと7
■■■■■

初めていらして下さった方へ。
ありがとうございます。

現在、1999年を振り返っているところです。
基本的に日々、完結ですが、

一連の闘病含む回顧は8月11日の日記から始まっています。

そこから「次へ」で進んで読んで頂けると、
(間に現在の日常日記が挟まれますが…)
わかりやすいかと思います。

読んで頂けたら嬉しいです。


   ■■■■■





入院中の思い出 番外編





今日は入院中に気が付いた自分の魅力を書きます。

私にだってあるのだ、魅力が。





まずは二度目の入院で髪が抜けた時。

0272まんまる頭.jpg

頭がまん丸だという事に気が付きました。

看護士さん方も絶賛。

こんなにきれいなまん丸滅多に見ないと…。






そしてもう一つ気が付いたこと。




一回目の手術の時、人口肛門かもしれなかったので、

婦人科界では「神の手を持つ」と言われたカリスマお爺ちゃん医師の

部長先生が手術に立ち会ってくださったのですが、

この先生、週に一度大勢のお医者様や看護士さんを引き連れて

「部長回診」というのがあります。


0184部長回診.jpg

みんな神経ピリピリさせてます。


そして、各ベッドを10秒位づつ見て歩き、

病名と状態を看護士さんが説明し、部長先生は

チラっとカルテを見て「はいはい、お大事に」とだけおっしゃって

風のように去って行かれるのです。



が、なぜか私のところだけ、

去りかけて、カルテを二度見して「ぎょっ」としながら戻り

0273部長回診.jpg
必ず

「あなた、お腹の中がきれいな人だねー。
 びっくりしましたよ。胃や腸なんかきれいなピンク色でねー。
 本当に中々いませんよ。初めて見たよあんなの。親御さんに感謝なさいよー。」

と、毎回毎回おっしゃってくださるのです。
(顔見ただけでは思い出さない。カルテ見て毎回驚くってとこがミソ)


私は他の方より入院が長かったから、

何度も部長回診を受けたけれど、毎回必ず。

もう看護士さんなんか、あまりにも毎回なので笑い堪えるの必死。






髪の毛抜けたらわかる、まん丸の頭。

お腹開いたらわかる、きれいな内臓。






そんなもんです。私の魅力って。

………わかる人にしかわからない……

そして…わかる人が非常に少ない。















楽天ブログランキング

ポチってして頂けたら嬉しいです。
いつも本当にありがとうございます。






最終更新日  2009年09月26日 07時15分05秒
コメント(16) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.