000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

全6件 (6件中 1-6件目)

1

非日常

2011年03月21日
XML
カテゴリ:非日常
未曾有の震災。

こんな言葉をたくさん聞きました。




戦争でも起きないと、今の日本人は平和ボケしていて、

物のありがたみや現状のしあわせに気が付けない。

と、誰かが言っていたのを思い出します。




この震災を天罰であるとか、

神様からの警告であるとかの言葉も聞きました。







日出ずる国、日本。

この大きな波を、神様からの愛のこもったお知らせだと思いたい。

このたびの震災で、かけがえの無い命がたくさん天に帰られましたが、

どうかどうか、その方々の魂が、またこの国に生まれてこられた時に、

素晴らしい国になっていますように。








多くの命が失われましたが、

戦争なんかでなく、誰一人こちらから殺戮することなく、

天地からの大きな愛のお知らせの波に乗って、

やすらかに天国へと帰って行かれたと信じたい。







家族や親類、友人を失ったわけではない私なんかがこんな事を書くのは、

身の程知らずも甚だしいと、自覚もしております。

お気を悪くされたら本当にごめんなさい。







敢えて。







私ができることは何か。




義捐金とか、物資援助とか、買い占めしないとか。

以前に。






1033ひかり.jpg

人を批判せずに、いきたい。




悪意ある所業に対しては別ですが、




周囲を見回して、

こんな時に、あんな事してどうかと思うとか。

こんな事をしちゃいけないよ、とか。

今はこうするべきなのに、とかとかとか…。




そんな思いを捨てようと思いました。




それぞれの立場、守るべきものに対して、

それを良しと思って行動しておられる方々に

批判の気持ちを持つことは、

今、私が目覚めるべき事と思えないのです。





(もちろん、正義からそういった発言を強くする方を批判するものではありません。

 そういった方々の意見で、私なんか随分目が覚めて、助けられ感謝しています。

 あくまでも、私のスタンスです。)






私のような、ノンポリのぼんやりさんは、

自分を愛し、家族を愛し、友だちを、かかわる方々を心底愛して、

そして、認める。

まず、やるべきことは、そこからと思っています。






こういう時だからこそ。

苛立ち、心の波を荒立てさせない。

批判の前に愛の視線を持ちたい。






できることから、進みます。













とか言いながら………………どうかと思うぜ、菅。

………………………。

と、まあ…こういう苛立つ気持ちをなるべく捨てます。ごめんなさい。





文句は誰でも言えるもんね。

じゃ、お前総理やれや…と言われたら…………





ま、そしたらやるか。あれよりましかも………うそうそうそ、

ごめんなさい。うそです。

菅さん支持者の方、読んでも怒らないで。

炎上させないで。






全ては愛のもとに。









人気ブログランキングへ←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いいますっ!(^^)












最終更新日  2011年03月21日 17時01分01秒
コメント(18) | コメントを書く


2011年03月18日
カテゴリ:非日常
世間では買占めが流行してるそうですね。

私は、一切、まったく、これっぽっちも買いだめとかしてません。

ほんとです。






でも、それは…

本当に必要な人が買えなくなる。とか、

一人占めするのはよくないー!…みたいな道徳的な事じゃなく、

気が付いたら、何もなかったのです…。ただ、それだけ。



テレビやネットと距離を置いてたら…時流に置いてかれただけ。





全くのノンポリです。






買占めがよくない事ってのも、改めて考えたらそうだなーって位で、

もしかしたら、まだ品物がある頃に品薄に気がついていたら、

まとめ買いしてたかもしれません。

無くなるんなら、買っておかなきゃ!みたいに考えて…。

どうだろ…わかんない。

気がついた時はもう何もなかったんだからさっ!(自棄)






1032ざんげ.jpg

大量買い、してもいないのに…懺悔な気分。






本日、年老いた母のところから、

数少ないトイレットペーパーをせしめてきました…。







すんません。







牛乳…飲みたい。納豆食べたい…。

こういった食材が被災地の方々のところへ届いているなら、

何の文句もないんだけどなー…。

こんな生もの、買い占めた方々……どーゆーつもり?

ちゃんと全て消費するんでしょーねっ!




腐らせたりしたらぶっ飛ばすよっ!(涙)    







人気ブログランキングへ←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いいますっ!(^^)







最終更新日  2011年03月19日 00時37分51秒
コメント(12) | コメントを書く
2011年03月17日
カテゴリ:非日常
こんな時だけど、

こんな時だから。





楽しいことも考えよう。






目をつぶったら、光がぽわぽわ見えて楽しかったよ。

これ、小さい頃布団の中でよく見たやつだ!




1031ひかり.jpg


みんな大好き。

愛してる。

ありがとう。












人気ブログランキングへ←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いいますっ!(^^)







最終更新日  2011年03月17日 14時45分13秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年03月15日
カテゴリ:非日常
節電の意味もあり、

心の余裕がなかったのもあり、

パソコンの電源を落としておりました。





が、計画停電の日程などが二転三転し、

そのたびに、結局はネットの情報に頼るために

電源を立ちあげ、ずっとつなげていた方が結局は電気を使わなかったかも…と、

そんな気もしてます。

パソコンは立ちあげる時の電力が一番かかるから、つなげっぱなしの方が

電気を食わないとの話も聞いたのですが…。







このブログのコメント欄に「あ~にゃん」さんからご依頼がありました。

震災の報道に対する希望を、あちこちでアップしましょうとのこと。

私もなるほどと思いましたので、その件だけ。






報道の方もとても大変だと思います。

情報が錯綜する中、あちこちの状況を伝えてもらい、

不安な中で私たちも助けてもらっています。




そんな中で、家族の名前を探して、避難所を巡るためのガソリンが少ないと、

嘆いておられる方が映っていましたが、




あちこちの避難所に貼られたメモの数々…。

できれば、被災された方への突撃的なインタビューの前に、

被災地の方々の一番欲しい情報を、集約したようなものができないでしょうか…。

すでに避難所との連絡もつきはじめてるので、今さらですが、

其々の避難所におられる方のお名前だけでもテロップで流し続けるとか…。

遠方の親類、友人、電話やメールを控えてる知人なんかが、

そこに知った名前を見つけて喜べるような…そんなシステム。




個人情報など、色々な制約があるのかなー…。

素人なので、よくわかりませんが、

でも、こういった小さな声は「あ~にゃん」さんがおっしゃる通り、

せめて自分のブログなり、つぶやきなりで発信することも大事かもしれません。





義捐金・節電など、自分のできることを具体的に動き、

まだもっと…何かできることがあるかも…。

自分が、家族とはぐれたまま、避難所で暗い夜を迎えたとしたら…。

頭を働かせろっ!>自分。







最終更新日  2011年03月15日 08時39分08秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年02月25日
カテゴリ:非日常

みち帰らず.jpg

午前4時…夫帰らず…。
うへーん。こんな事初めて。

毎日19時には帰宅する夫ですが、
今週は驚異的に忙しい。

週末に予約してた水戸の梅祭りバスツアーもキャンセル。
休日出勤になっちゃったから…ちぇっ。
(あ、私と母は行きます。キャンセルしたのは夫の分だけ)

普段、夫が仕事で外泊する時は私は近所(徒歩3分)の
実家に泊まってるんだけど、今夜は急遽会社泊まりになったので、
実家へも行かれなかった…。
結婚して初めてだわ、一人っきりの夜なんて…。

……あれ?私ってば、結婚するまで実家暮らしだったから……
わー!!生まれて初めての一人っきりの夜だぁぁぁ!!!
うっひゃーん。ちょーこーふん!!

………ちょっとだけ…こわい。






最終更新日  2009年02月26日 03時55分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年08月04日
カテゴリ:非日常
人生最初の記憶である父の大きな手を握り、
心の中が空っぽになるほど泣いた。

酸素吸入を付けながら「退院のめどについて何か聞いているかね?」と
嬉しそうに聞く父。私はあなたを想うと心が押し潰されそうになります。

大好きで、愛して愛して愛して…そして愛されてましたよね、私。確かに。

ベッドが起こせるようになった時
「今日はなんだかいいかんじー!」と微笑んだ顔が忘れられません。
このまま、退院に向かうと確信した嬉しそうな顔。

最後の夜。「じゃあ、帰るね、また明日ね」と言ったら、コクンと頷き、
そして、二歩ほど離れた私に「帰っちゃうの?」と言うんだもの。
あれは、すごい攻撃です。よけきれません。なかなか帰れませんでした。

泊まれば良かった。帰らなければ良かった。(完全看護だから駄目だけど…。)
ずっとそばにいて、もっともっと背中をさすってれば良かった。

でも、眠るように逝けて良かった。
ありがとう。ありがとう。ありがとうございました。

あなたの娘にして頂けて、本当に幸せでした。
そして、待っててね。いつかまた、そちらの世でね。













最終更新日  2008年08月04日 23時58分43秒
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.