540588 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

全2件 (2件中 1-2件目)

1

甥っ子姪っ子のこと

2015年07月18日
XML
現在高校2年生の姪っ子「ビキ」。


言葉を覚え始める頃、「不思議の国のアリス」がお気に入りで

毎日ビデオで見ていた。



アリスは、大人にも不可解に感じる不思議な流れのあるアニメ。

迷い込んだ世界には「ハートの女王」なる性格の悪い女帝が君臨しており、

何かにつけてアリスに絡んでくる。


女王「いいかい、私に話しかけられたら『はーい女王陛下』と返事をして

   深くおじぎをするんだよ!」と、理不尽な指示をだし、威張り腐っている。

女王に不満を抱きつつも、女王の言いなりになっている住人たち。

アリスも不満を持ちつつも、抵抗することなく何かにつけて


36048421[1].jpg

「はーい、女王陛下」と深くおじぎをして、女王に服従するふりをする場面が続く。



赤ん坊から幼児へと成長する過程で毎日アリスを見ていたビキ。



2歳から、間もなく3歳になるという夏。

はだかん坊でいたずらしていたビキを、母親である私の妹が叱った。

「ビキ!そんな事したらダメでしょ!!」と叱り口調の母親に向かってビキは

女王陛下.jpg

(ドレスは着ていないので)はだかん坊のお腹の両脇の肉をつかんで、

「は~い、女王陛下」と、深くおじぎ。



子供から見たら、アリスがイヤミたっぷりに平伏しているとか、そんな事はわからない。

女王陛下が何か怒っていたら、深くおじぎをして怒りを回避する。

本人は、怒ってる母親の怒りを静める為に精一杯の謝罪の姿勢。

イヤミな気持ちなんて、これっぽっちも無い………無いんだけど…(笑)

妹は、今でもその時の事を思い出すと、大笑いしながら………怒るwww



小さい娘を叱りつけたら「はーい女王陛下」と、お腹の肉をつかんで平伏されたら…。

やりきれんw












ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。






最終更新日  2015年07月18日 23時35分03秒
コメント(2) | コメントを書く


2015年07月16日
最近読んだネットの記事に

女子大生が地下鉄の女性用トイレに入ったら、おじいさんが立っていて、

思い切り睨み付けたら、個室に入っていた体の不自由なお婆さんの介助だったと。

睨み付けて反省しました…みたいなのがありました。

女子大生も、お爺さんも、お婆さんも、みんな可哀想。

老老介護って胸に迫る問題だなーと心が痛んだのであります。




ま、そんなで多目的トイレ(広くて車いすごと入れて、オムツ台もある)が

もっと一杯あればいいのにね。ってな話をしていたのですが、

それでちょっと思い出した話。




私の妹が、子育て真っ最中の頃、娘の「ビキ」が1歳半くらい。

ヨチヨチあるきのビキをベビーカーに乗せて、一緒に多目的トイレに入ったそうです。

デパートの男子トイレと女子トイレの間にある多目的トイレ。

トイレ前の通路には、休憩ベンチが並んでいて、

そこには満杯の人がビッシリ座ってたそうです。



ビキのオムツを替えて、そのまま待たせて、自分も用を足そうとしていた時、

満面の笑みでビキがバーンと、

トイレのビキ.jpg

トイレの開閉ボタンの「開」を押しました!!



一歳半の娘。ボタン押すなんてできるはずがないと

舐めきっていたーー!と

妹は「ビキー!!!」と絶叫し、ボタンに駆け寄り、

大慌てで「閉」ボタンを連打。



しかし…悲しいかな、あの扉の開閉速度は異常にゆっくり。

だらだらだらーっと開き、開ききってから、

のろのろのろーっと閉まって行く。

別にパンツ脱いでた訳じゃなかったものの、

妹は、それでも頭真っ白だったそう。



でもまあ、赤ん坊を叱るわけにもいかず、

ボタンを押したりするようになったんだ…と今後に向けて反省し、

用を足して、改めて表にでたら………。



ビッシリと満席だった通路のベンチには、誰一人いなくなっていたんだって。

日本人の優しい心づかいをしみじみと感じたのであります^^

ま、若いお母さんが絶叫して扉が開いて…また閉じた…

どんな顔して出迎えたらいいのか…そりゃ困るよなーw





そして、夫は冒頭のお爺さんがお婆さんの介助で女子トイレにいたという話を聞いて、

「悪いけど、きょうちゃんが動けなくなったら、男子トイレに入ってもらうよ」と。

今から私のお世話をしてくれる時の決まり事を考えてました。

介護してくれる気満々だね。よろしく頼む^^























最終更新日  2015年07月16日 18時47分58秒
コメント(4) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1

PR


© Rakuten Group, Inc.