537452 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

2015年11月10日
XML
カテゴリ:
10月26~28で高野山へ行ってきました。

アラフィーの4人組「れどき・えぬちゃん・里江ちゃん・私」で。



私と里江ちゃんは、夕方まで用事があったので、

18時東京発の新幹線で、大阪のれどき宅に22時近くに到着。



その夜、私とれどきの誕生祝いに、

里江ちゃんとえぬちゃんが、美しいケーキを用意してくれてました。

(東京で、里江子がこっそり買っておいてくれたケーキ。
 そんな事とは知らない私は、旅慣れてるはずの里江子が大きな紙袋に
 セーターとか入れてきたから、新幹線で網棚に上げながら
 「一体どーした!?変な荷物」とか思ってた…ごめん)


068ケーキ-2.jpg


食べられるお花が閉じ込められた美しいババロアケーキ!!

お誕生日おめでとうプレートものってる♡ローソク立てて、

れどきのダーリンも含めて全員で「ハッピーバースデー♪」熱唱。

ああ、50代の誕生日も子供の頃と同じに嬉しい。ブラボーだぜ!




翌朝早くに、れどきの運転で高野山へゴー!!

大門から金剛峯寺などを丹念に見て歩く。

ここに書ききれないほどの偶然が重なっての今回の旅。

お天気も最高で、言うことなしの高野山でした。



宿坊に泊まったので、28日は早朝6時半から朝の勤行。

お経を聞きながら正座で30分以上。痺れたの痺れないのって…

地獄を垣間見た思い(罰当たり発言ですみません)でした。



朝食後、奥の院まで歩いて行き、

お大師さまのお食事を運ぶところを見たりしたよ。

見事な紅葉の澄んだ空気の中、しあわせを体感。ありがたし。




狭い格子戸の中に飾られた大きな石が、

「心の優しい人には軽く持ち上げられる」とあり、

小さな口から手を入れて、エイヤっと持ち上げ、

「やったー、軽く持ち上がったよ!」と言った瞬間、取り落とし、

己の左手中指直撃。いや、マジで潰れたかと思ったよ…ゆび。

持ち上がった瞬間に後ろに並んでる人たち(知らない人たち)に向かって

「やった!私、優しい人です!!」などと放言したもんだから、

調子に乗るなとの、お大師さまの思し召し……か…?



その後、本当は午前中には高野山を出発する予定が、

「13時から餅まき」の貼り紙に急遽予定を変更。

アラフィー4名は、紅白幕の前の群衆に混じって、お餅を待ったのであります。

近くにいたら、一つのお餅を仲間内で争うことになる…と、4人ばらけて待機。

(どんだけ本気なの、私たち…)

で、一人でドキドキわくわくして、いよいよお餅まき開始。

両手を上げて伸び上がってたら、なんと…お餅が鼻に直撃。

もう、目から火花が出たって感じ。

あまりの衝撃でしゃがみこんだところに、落ちてきたお餅を一つひろう。



むき出しのお餅たちが降ってくる。

だけど、みんなすぐに拾われてしまう。

やっぱり、ダイレクトキャッチするべきなのか…。

でも、もう怖くて手が伸ばせない。あんなに痛いのはもうヤダ。

それでも…お餅は欲しい。この恐怖と欲とのせめぎあい。つらい。



で、小さな袋を取り出して、

頭上に掲げ、頭は引っ込めて心の中で思う

「お大師さま、母に一つだけ頂きたいです…」(夫はお餅が嫌いだからさ)

066高野山2.jpg

すると!なんと!!そう思った途端に、

ビニールに入ったお餅が(普通はむき出し)袋の中へストンと入る。

もう、ビックリ。妙なところが潔癖症の母にピッタリのビニール入り!



あまりに驚いたので、お大師さまに心の中で感謝を言いまくって、

一つだけってお願いしたんだから…と、それでもうお餅拾いの戦線離脱。

最初に拾った一つは、後ろの方で見ていた車椅子のお婆さんに、差し出す。

めっちゃめちゃ喜んでくださって、こっちまで嬉しくなる。



えぬちゃん6個、里江子、れどき3個づつの戦績。

私は一つってお大師さまに言ったからいいんだ!と固辞しまくったんだけど、

れどきが、自分は二人家族だから…と、一つくれた。ありがと。



そして、母には、お餅一つだけど最高のお土産ができた。




私は、どうもこういう聖なる場所のようなところへ行くと痛い思いをする。

出雲大社でお参りしたとき(今回と同じメンバーで一昨年行った)も、

二礼四拍手一礼の儀式で、最初の二礼は大丈夫だったのに、

お願いごと色々申し上げてから、最後の一礼を勢いよくやったら、

お賽銭箱におでこ直撃。「ゴスっ」という鈍い音。

自分でも驚いて顔を上げたら、周囲でお参りしている人全員が私を見てた。

恥ずかしさで痛みも紛れたけど……けど…でも…心身ともに痛かった(TT)



調子にのるなよ。というありがたい戒めと真摯に受け取って、

浮つかず、自分は良い人などと勘違いせず、

着々と与えられた場所と時間を楽しく進んで行く所存であります。



長々と書いたのに、ここまで読んでくださってありがとうございます。

自分で読み返して驚いたよ。ながっ!!!



ではでは、あなたに良いこと一杯起こりますように。

愛してるよぉ。ありがとう。












ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。








最終更新日  2015年11月11日 19時59分48秒
コメント(6) | コメントを書く


2014年05月21日
カテゴリ:
明日から、夫と、母と三人で京都奈良へ二泊で行ってきます。

母は、普段は元気に歩き回りますが、最近は長時間歩くと疲れるので、

思い切って車いすに乗せて行ってきます。


010奈良京都.jpg

奈良の薬師寺さんをお参りするのが、一番の目的。

二泊目は、憧れの川床料理のお宿。楽しみー。

行程は私が悩み抜いて考えました。


011計画.jpg

とにかく、食べたいものだらけ。

奈良では、茶粥も食べたいなー。



最近、夫は出張づいていて、(先週の日帰り出張は金沢)

一昨日から昨日は、仙台・盛岡行ってました。



京都の計画練りで、宿とかお店とかを調べるのが楽しくなった私、

夫の仙台も宿を予約したり、夕飯も牛タンの美味しいお店をリサーチしたり。

お店の地図まで持たせる徹底ぶり。ちょっとした旅行会社。


仙台の夜。夫から電話。

「地図だけもらったけど、お店の名前は何?」と。ちぇっ…詰めの甘さが露呈。

でも、すっごーーーく美味しいお店だったって!^^



私設旅行プランニング社。ちょっぴり抜けてるけど、結構使えます!

この調子で、京都・奈良しっかり 食べて お参りしてきます。










ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。
※メッセージボックスが使えないとのご指摘頂き確認しましたら、
 ボックスが一杯になってました。部屋の片づけ同様、整理しないとダメなのね。
 もう大丈夫です。すみませんでした。(部屋はまだ大丈夫じゃない)






最終更新日  2014年05月21日 15時27分49秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年07月10日
カテゴリ:
7月7日から一泊で、出雲大社にお参りに行ってきました。

羽田から、女子3人で飛び立ち、現地には岡山から友人が合流。

アラフィー4人の超激笑える旅でした。


行った日に境港で食べたカニの定食ランチ!ど迫力のズワイ蟹。

お刺身や宍道湖のシジミのお味噌汁そのほかたっぷり。

IMG_0438.JPG

女子4人、無言で食べまくり。




行った日、空港に着いた頃はまだ小雨模様でしたが、

その後は、結局傘を使うことなく二日に渡って晴天。


一日目の夕日は見事な黄金。

IMG_0459.JPG



そして、翌日。出雲大社参拝し、あちこちお参りした帰りに見た夕日は

IMG_0514.JPG


まるでカニの缶詰のマークのような、

子供が描くおひさまのような、放射線の光。

もう感激しまくりました。




とにかく、ずーっと笑いっぱなし。

楽しい旅でした。

Aちゃんとの会話で

A 「友達が一カ月で5キロ痩せたんだよ」

私 「えええーー!?どうやって!?(前のめり)」

A 「お肉と試食をやめたんだって」

私 「……マジ!?どんだけ試食してたの、その人???」

A 「………試食じゃないよ。主食だよ」  と。

いやー、絶対に試食聞こえたよ。と散々笑った私たちでしたが、

冗談じゃなく、二日に渡って松江のお菓子を試食しまくって、

それだけで満腹になるくらい。

やっぱり、試食やめないと痩せないよねとまた笑ったのでした。

それほど松江の和菓子は美味しい!さすがお茶の文化の栄えたお国柄。

ぜひともまた行きたい土地になりました。




とにかく、楽しい旅でした。

快く送りだしてくれた夫にも心底感謝です。

ありがとうございます。


















最終更新日  2013年07月11日 09時59分41秒
コメント(10) | コメントを書く
2013年05月16日
カテゴリ:
お伊勢の帰り、名古屋に向かう近鉄特急に乗っているときに、

お義母さん(夫の母ね)からメールがきました。

「いま、新横浜を出ました。どこかですれ違うかな?^^」と。

お義母さんは、お献茶式のために京都へ向かうところです。

すごい!東海道線のどこかですれ違う!と嬉しくなり、

お義母さんが乗った新幹線の時刻を調べたら、名古屋駅に15時21分着。

そして、私たちが乗っている近鉄特急は15時16分着。



母(お伊勢に同行している私の実母ね。ややこしいなw)の足では、

名古屋の乗り換えは5分では無理とは思いましたが、

母は大張りきりで、降車口に一番待機。

到着と同時にホームに転がり出て、JRへの連絡通路に向かいました。


1489走る母.jpg

母、小走り。やめてーーーw

結果的にはお義母さんの姿を見ることはできませんでしたが、

ちょうどお義母さんが乗っている新幹線が発車しようとしているところで、

実母と二人で、その新幹線に向かって手を振る事ができました。

新幹線に向かって漠然と手を振る小さなお婆さんと(心は妙齢の)女子(笑)

お義母さんからも「姿は見えなかったけど、手を振りましたよ^^」とメールが。


遠い名古屋の地で、数メートルの距離ですれ違うなんて、運命を感じちゃう。

母も、すごくわくわくしてました。こういうのってなんか嬉しいもんですね。


それにしても母…走るとは…。(超小走りではありますが)

内宮でも、外宮でも、車椅子を借りて乗せて移動していたってのに…(笑)

帰宅後も、まったく疲れていない様子の母。お伊勢さんパワーかな?

もう次の旅を考え始めている様子。

元気でいてくれるのは、ありがたいことです。







それから、もう一つ。

楽香の次回ライブのご案内忘れてました。

5月28日(火)に千駄木でライブをします。

13時半~  と   16時~   の2回です。

入場料1500円   小学生1000円

料金設定に小学生もありますが、一応大人向けです。

今回は各回内容が違います。ご注意ください。

13時半~は「バスに乗って」と「絵姿姉さま」他

16時~は 「サワリゴエ」と「泣いた赤おに」他です。

告知も遅ければ、暗記作業もめっちゃ遅れていて、今必死です。

でも、すごくいいものになります。(キッパリ)…己を追い詰めるタイプの私。

お時間おありになりましたら、是非お運びください。

お待ちしております。

詳細はこちらをご覧ください。









食べても食べても太りません。
どんどん痩せてます。
呟くだけでは効果が見えないので、文章でも書くことにしました。
スッキリ痩せてます。脂肪が落ちていってます。
ライブで確認してください……(追い詰めるタイプ)

ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。






最終更新日  2013年05月17日 10時57分34秒
コメント(10) | コメントを書く
2013年05月13日
カテゴリ:
行って参りました。母と二人で二泊三日。

もう言葉になりません。感激の連続。

初日は外宮。二日目は内宮とおかげ横丁と猿田彦神社。

最終日は、二見浦、倭姫宮、月夜見宮。

己を見つめ直す旅でした。



内宮では、お神楽を奉納。

母と二人だけで、百畳以上の大広間。

雅楽師の方も太鼓、篳篥、琴など6名ほどおられ、

舞われる巫女さんも4名が息もピッタリ。

お供えをする巫女さん方、お祓いをして下さる方、祝詞をあげてくださる方、

他にもお下がりの神饌を下さる方や、お神酒を下さる方。

大勢の方々が、するすると流れるように美しく動かれ、恐縮する二人。


1488お神楽.jpg

お神楽の舞を見ながら、涙が止まりませんでした。

その後も夢見心地でお参りをすませ、内宮を出たところで、

母と二人でアイフォンのカメラを自分たちに向けてセルフで撮影。



で、その画像を見て飛び上がる私。

目の下に真っ黒のもわもわの模様が!!!

おひゃーー!何だこりゃーーー???

どうやら、アイラインが涙で流れ落ちてきていたらしい。
(1Dayタトゥーにすれば良かったのにね)

慌てて拭いたけど、そりゃーもう、もの凄い状態。

こんな顔で、お守り売り場行ったり、ご朱印頂いたりしてたのかっ?

すると母が「ずーっとそうだったわよ」と。

ええーーー???何で教えてくれなかったのー!!???

「…クマだと思ったの。そんなすごいのが出来てたら、
 病気かも?って気にするんじゃないかと思ったの。良かったわーお化粧で^^」

クマって……そんな今まで無かったのに神楽殿から突然できるかっ!!w


そういう母も、お神楽の時はずーっと涙々でした。

涙にくれる小さいお婆さんと、おばさん(心は妙齢女子)。

広間には二人だけなのに、素晴らしいお神楽を見せてくださった皆様に心底感謝。

ま、あの方々が演奏や舞をお見せしている相手は神様ですから、

人数の多い少ないは全く関係ないんでしょうね。心根まで美しいなー、お神楽。

ありがたい時間でありました。









目の下の模様、半端無かったっす。
マグマ大使みたいだったよ…がっくり。

ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。







最終更新日  2013年05月13日 21時07分13秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年01月25日
カテゴリ:
京都に行ったとき、私のフリータイムに、

大阪の友達Mちゃんが会いに来てくれて、

二人でお寺参りしたり、ご飯を食べたりしました。

久しぶりに会ったMちゃんは、二人の男の子のお母さんで、

子育て奮闘中です。その日はご主人に子どもたちを預けてきてくれました。




京都の地下鉄に二人で乗り込んだとき、

その車両は本当にガラガラでした。




私たちは一番長い座席の端に座って、夢中でおしゃべりをしていました。

すると、どこからか「ゴツン」……「ゴツン」という音が聞こえます。

見ると、向かい側の長椅子の反対側の端に、

幼稚園くらい?の男の子とお母さんが座っています。

その男の子が、足をぶらぶらさせて座席を蹴っている音でした。

お母さんは携帯電話に夢中です。



車両には、私たちと、その母子しかいないし、

そんな音は全然気にはなりませんでしたが、

退屈そうな男の子が目に入ったので、

私は「ちょっとごめんよ」とMちゃんに背中を向けると、

その男の子に向かって、お母さんにはわからないように

そっと赤いハンカチを振りました。


1452地下鉄.jpg

男の子がこっちに注目したのを見計らって、

そのハンカチを手の中で消しました。(私の得意技の魔法^^)

男の子…座席を蹴るのも忘れて凝視!w

そして、次の駅で、お母さんと一緒にこちらをチラチラ見ながら

降りて行きました。



えっへっへって感じで、Mちゃんに視線を戻したら………。

なんと!!その男の子より、もーーーーーーーっとキラキラした目で、

Mちゃんが私を凝視!(爆)すごく感激してくれてて、

思わずMちゃんにハンカチと魔法の秘密をプレゼントしちゃいました。
(使い古したやつでごめんよ)



Mちゃんは帰宅後、息子くんに魔法を披露して無事に成功したそうです。

これで、やばい魔法使いがもう一人増えたぞ。

大阪の電車で泣いてる子どもにハンカチ消して見せてる人がいたら、

それはMちゃん………かも…しれない。














Mちゃんは、めっちゃめちゃ「奥さま」なので、
そりゃー上品な魔法使いになると思われる。たのしみー。



ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。





blogram投票ボタン








最終更新日  2013年01月25日 22時51分28秒
コメント(8) | コメントを書く
2012年02月05日
カテゴリ:
金曜~土曜にかけて、温泉に一泊してきました。



1280温泉.jpg
母、妹、中1の姪・小4の甥と私。そして愛犬ぱるの5人と一匹。





近場でってことで箱根のペットと泊まれるコテージ。

ホテルの隣のガラスの森美術館へも行きました。

(キラキラの木とか見て、母のキラキラ好き再燃。やばい。

現在、170個ほどのスワロフスキーが実家の庭の木に飾られてるんだけど、

帰宅次第、倍に増やして欲しいと母に頼まれる………どうしたもんか……。)




ホテルに到着後は、貸切露天風呂で、

全員で一緒にお月さま見ながら至福の入浴タイム。




夕食会場のレストランは美味しいことで有名。本当に驚くほど美味。

夜は遅くまでトランプで遊び、朝食はコテージまでデリバリー。

何もかもが大満足の、しあわせな旅行でした。




行きは新宿からホテルの前に着く高速バスで行って、

帰りは大涌谷のロープウェイに乗って、登山電車などを乗りついで帰ってきました。



らくちゃんにもらったイス付きゴロゴロを、母がいつでも座れるように、

どこへ行くのにも引っ張って行きました。大涌谷の斜面も引いてったよ!

ものすごーく役に立ちました。大感謝。




帰りは、横浜に住んでる妹たちとは途中で別れたので、



1281大荷物.jpg



その後は、私が「ぱる」とぱるの荷物と、母を連れて、

そりゃーもう、何だか引っ越しのような様相で帰宅したのでした。




そんな帰りの笑えちゃうくらいの姿も含めて、全てが

しあわせでたまらない想い出となりました。




快く送り出してくれた夫と、妹の夫に心から感謝です。

ありがとうございます。













ポチボタン.gif



1215メールボタン.jpg

メッセージはこちらからお願いします。





blogram投票ボタン







最終更新日  2012年02月05日 23時07分16秒
コメント(10) | コメントを書く
2011年10月27日
カテゴリ:
本日、急きょ夫の休みが取れました。

やったー、やったー!!

よしっ!富士山に行こう!!




私は富士山が大好きなのだ。

見るのも、登る(五合目まで車でね)のも大好き!!





いつもは河口湖のある北側からスバルラインで登るんだけど、

調べたら、北側の紅葉はそろそろ終わりらしい。

逆に南側(御殿場方面)からのスカイラインは見ごろだとか。

よしっ!!今回初めてスカイラインから行くぞっ!!





実家の母に声をかけたら、一も二もなく、大喜びでついてきた。






1203富士山2.jpg

8時頃出発して、まさに秋空の中、ぐんぐん近づく見事な富士山。

10時には五合目到着。こちら側は「表富士」と言うそうな。

北側、スバルラインの五合目より随分と規模は小さいけれど、

お土産やさんも駐車場もあったよ。




真っ青な空に色づいた葉っぱたち。夢のような景色。



1204富士山紅葉.jpg

でも、頂上の方は森林限界あるから、これが精一杯の紅葉?って感じ。






五合目でぷらぷらしてたら、最初は遠くに駿河湾まで見えていたのに、

あっという間に雲が上がってきて雲海ができていく。


1205富士山雲.jpg


ああ、美しい。うっとり。




その後、下山して御殿場にあるイタリアンのお店へ。

夫の休みも、富士山行きも急に決まったから、前夜3時過ぎまで私が熟考したお店!




大きな富士山を眺めながらのイタリアンコースランチ。超絶美味。

ダイエット中の私を尻目に、夫と母はスペシャルコースでメイン料理が一品多い。

………負けるものか。嗚呼……でも……苦しい、悔しい。

そして、両方から少しずつ取り上げて、結局一番食べたような気が…。

その上、ドルチェの盛り合わせを夫の分まで食べたよ。

もう逆に食べ過ぎてお腹壊して痩せるダイエットに変更か?






このお店、交通の不便な場所なのに平日とは思えない30分待ち。

でも、待ち時間には美術館が併設されていて、全く飽きずにのんびり待てる。



そして、ここは普段は結婚式場。

待ってる間、ガラス張りの式場へも行ってみた。

祭壇の代わりに、

1201御殿場結婚式場.jpg

前面ガラス張りから、富士山が見えるのだ。
※この写真はこの式場のHPから拝借しました。本日は花嫁はいなかったよ

富士山に愛を誓う…………なんて素敵なの…。




これから結婚を考えて式場をお探しのあなた。

もしかしたら、もう一回くらいやるかも…という方も、

ミュゼオ御殿場おすすめです!




大満足で、まっすぐ帰宅。

夕方4時には家でうだうだしてました。

ブラリとランチに行った感覚…でも気分は旅行だったよ!











blogram投票ボタン←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いします。



















最終更新日  2011年10月27日 22時09分05秒
コメント(8) | コメントを書く
2011年10月17日
カテゴリ:
最後の日は、早朝7時から港を散歩。

その後、二件の美味しいおうどんやさんをハシゴして、

その間に超素敵な「木と暮らす」という材木のテーマパークみたいなとこへも行きました。



一件目のおうどんやさんは、製麺所の片隅で食べるとこ。


1187製麺所.jpg

すごーく静かな場所にあり、わかりにくいのに、いつも長蛇の列だとか。

私たちは早くから行って、開店と同時に入ったので並ばずに、

超おいしいおうどん食べました。本当にもう最高でした。

今、想い出してもお腹がぐーってなります。もう一回食べたい。



その製麺所を出て、駐車場までの道を歩いてたら、

6~7人の男性のグループとすれ違いました。

その方々が

「おっ、もう(お店)開いてましたか?」と言うので、

「開いてましたよー。超おいしいですよ~ビックリしますよ~」と、

おうどんの先輩な感じで、おいしさを上から目線で説明したりしました。



こういう風にグループでおうどんやさんをハシゴする方が多いそうです。

みんな、美味しいものが好きなんだなー。



そして、寂しいけれど、午後には高松空港に送ってもらいました。

えっちゃん、モリモリに案内してもらって、

蛇口から「おうどんの出汁」が出てくるところを楽しんだり、



1188お遍路さん.jpg

えっちゃん、モリモリと顔出し板で記念撮影したり…。

いい家族写真でしょ?^^




最後まで高松を思い切り楽しんで、空路東京へ帰りました。

空港で、モリモリとえっちゃんと別れる時、

泣きそうになって自分でも驚いちゃった。

本当に、忘れることのできない想い出になりました。




広島も高松もだーい好きだ!!






で、帰宅して夜。


えっちゃんからメールが来ました。


えっちゃん夫妻は、私たちと別れてから、

有名ギター奏者(福山雅治さんとかと一緒にやってる人)のライブに行ったのですが、

なんと、今朝、おうどんやさんですれ違った団体が、その人たちだったそうです。

そして、ゲストがサザンの関口さんだったのだと!!


そう言えば…すれ違った時、えっちゃんが

「今の人、サザンの関口さんにそっくりだった!」と言っていたのですが、

「はいはい、よくある顔だよね」と、みんなスルーしたのでした。



しかも、先頭で案内していたのは、

あの「うどん」という映画の監督さんだったのだそうです。



「超おいしいですよぉ~」などと先輩風吹かして説明しましたが…。

…おうどんに関してはプロの中のプロだったのか…ちぇっ。




こんな驚きの出来事も含めて、

最高の想い出がいーっぱいできた。

ああ楽しかったー。



ありがとうございます。










blogram投票ボタン←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いします。









最終更新日  2011年10月18日 01時25分14秒
コメント(14) | コメントを書く
2011年10月16日
カテゴリ:
屋島から降りて、そのまま港へ。

フェリーに乗って「男木島(おぎじま)」に渡りました。



この島は瀬戸内国際芸術祭の舞台となった島のひとつ。

芸術祭は終わっていますが、現在も島に残っている作品を見て回りました。

えっちゃんはこの芸術祭のボランティアスタッフ「こえび隊」だったので、

島のことも、作品のことも非常に詳しい。

案内してもらって本当に楽しかったー。



そのうちの一つ。

日当たりのいい、空家の二階に作られた陶器の花たち。

海の見える大きな窓も含めて作品。

一つ一つのお花も茎も陶器で瀬戸内の風景の絵付けがされてます。

素晴らしく気持ちの良い作品。



1186男木島.jpg

素敵な部屋。左上部分に陶器の花を拡大してみました。

そして、左下にスペースが空いたので、私の屋島でのお約束ショット。

旅に出て、顔出しがあったら必ず撮らないとね。


………え?せっかくの芸術作品が…?……より素晴らしく?…えへ。




この日は島を堪能して、夜は超素敵なお屋敷レストランへ。

これがもう、本当にビックリの美味しさと、美しさ。

こんな素敵なお店があるなんて……高松サイコー。




高松到着翌日、たった一日で

おうどん→屋島→男木島→超不思議な隠れ家レストラン。

大満足で、その夜はぐっすりと眠りました。




つづく








blogram投票ボタン←これをぽちっとクリックして頂けるととても嬉しいです。



000001ボタン.jpg←メッセージはこちらからお願いします。







最終更新日  2011年10月16日 22時06分46秒
コメント(4) | コメントを書く

全36件 (36件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.