000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

秘密基地

全4件 (4件中 1-4件目)

1

ディズニーの頃のこと

2009年10月17日
XML
着ぐるみ嫌いの私がディズニーランドで働く…。



大丈夫、私の担当はスモールワールド。

着ぐるみはいません。



でも、バックステージ(裏ね)では、たまに行き会います。

遠回りして回避する私。



でもある日、バックステージからオンステージに出ようとしている

ミッキーさんに出会いました。



普段ミッキーさんはお世話係りのような人と一緒にいるのに、

その時のミッキーさんは一人で、ドアノブのある扉の前にいます。



おおきな手のミッキーさんは扉が開けられず困っていたので、

通りかかった私は意を決してドアを開けてあげました。
(すっごい勇気)



そしたら

0304ミッキー.jpg
ミッキーさんは「ありがと!」って感じで意思表示をしてくれたのです。

軽く会釈するだけとか、「どうも」って言えばいいだけなのに、

バックであっても絶対に声は出さない。全身のゼスチャーで感謝を表現。

これだけの事だけど、そこにいるのは完全にミッキーでした。




ちょっとだけ私の心が緩みました。






そして、真夏のある日。



私はバックステージで休憩をしていました。


そこはパレードの引き込み口。

続々とパレードフロートが戻ってきます。



炎天下です。

パレードの方々はフロートから降りるとすぐに

フラフラですぐに物蔭に入って行きました。




そして、チップとデールの乗っているフロートが戻ってきました。
0311パレード.jpg

引き込み口でもまだゲスト(お客様)の方に向かって

ピョンピョンと飛び上がりながら両手を振ってるチップデール。

元気が売りの双子ちゃんですから、それはもう見事でした。



軽く30度超えてる炎天下。

中の温度は想像できません。




そして、フロートがゲストから見えなくなる一線を越えたその瞬間。

チップが両手を上げて手を振ってる形のまま、真後ろに倒れました。


走り寄るスタッフたち。

一人がチップの顔をバンっとはねあげ、

他の人がバケツに用意した水をかけました。


0306炎天下のチップ.jpg

顔を取られたチップちゃんは完全に失神状態。



それなのに…満面の笑みだったのです。

もう嬉しくて嬉しくて仕方ないみたいな笑顔。



その場にいたスタッフさんは慣れたように介抱していましたが、

見ていた休憩中のアトラクションキャストはみんな吃驚してました。


私はなんだか泣けてました。



ディズニーランドには着ぐるみなんかいない。

ミッキーさんはミッキーさんだと、入社する時に徹底的に叩き込まれます。

その時は笑って聞いてました。




でも、ほんとでした。


ミッキーさんはミッキーさんです。










ディズニーは本当に濃い経験色々しました。
子供がいたら絶対あそこでバイトさせるなー。






最終更新日  2009年10月18日 08時53分36秒
コメント(16) | コメントを書く


2009年10月16日
学生の頃、ゴールデンウイークに数日間だけバイトをしました。

片道一時間かけて埼玉の大宮駅前の高島屋さん。

そこの玩具売り場で「タカラ」からの派遣という形で

「こえだちゃんのシャボン玉」という商品を実演販売するのです。



一日中小さなコーナーでシャボン玉が吹き出す機械で遊ぶという

今思い返しても夢のような美味しい仕事。



しかーし!夢の幸福バイトの落とし穴は意外と大きな穴でした。




GW中のこどもの日。

ウエディングドレスを着て、りかちゃんと記念撮影という

イベントが行われました。
0308りかちゃんイベント.jpg


私は一応「タカラ」からの派遣という立場なので

お手伝いをするように指示されました…。



着ぐるみが怖いという事を必死に訴える学生バイト。



売り場の人は半分(全部?)呆れて
「写真を写す子供さんに最後ブーケ渡す係りでいいよ」と。


私が控え室に行くと、そこにはりかちゃんが…。

普通の休憩室に普通に座る、巨大な頭のりかちゃん。

もう頭が真っ白になるほど怖かった…。



休憩室の入り口からりかちゃんに話しかける私。


「あの…りかちゃん…。
 本当にすみませんが、私、りかちゃんが怖いので近寄れません。
 ごめんなさい…」と先に謝っておいたのです。


すると、りかちゃん。

一抱えもある巨大な頭でコクン(ガクン?)とうなずいてくれました。

0309控え室のりかちゃん.jpg

その様子がまた更に恐ろしい…泣きそうな私。




そしてイベントが始まり、

可愛い女の子たちが次々とりかちゃんと記念撮影していきました。


私は一人一人にブーケを手渡し、りかちゃんの方へ子供を差し出します。


すると、3歳位の女の子が泣き出してしまい、

りかちゃんの方へ行こうとしません。



司会のお姉さんが
「あらあら、お友達はりかちゃんがあまりに可愛くてビックリしたかな?」
などとすっとぼけた事言ってます。


怖いんだよ、怖くて泣いてるんだよっ!と心で毒づく私。
ブーケを持ったまま固まった女の子。



すると、りかちゃんが私たちの方に向かって両手を広げ、

大きな頭をゆら~ゆら~と揺らしながら近寄って来ました。


0310いやー.jpg

そりゃ、そうでしょ。絶叫、拒絶、逃避。当然でしょ。



お客様のお子様と一緒にりかちゃんを完全拒否する従業員。

…めっちゃ叱られました。くすん。





そんな私がディズニーランドで働くことに!!

友人はみんな大反対してました…。

周囲に迷惑かけることになるぞ、と。



そしてディズニーで見た着ぐるみの実態…。



つづく








過去最高怖かったぬいぐるみは
後楽園のドンチャック。
高校生の頃、友達が悪ふざけして
「どんちゃっくー!この子ぎゅーっとしてやって!」と言い、
ドンチャックに園内追いかけ回されました。
あれは悪夢だ。







最終更新日  2009年10月16日 23時12分56秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年10月15日
昨日、所要あって午前中に新橋を歩いておりましたら、

機関車の広場に大きな「ぷーさん」と「みつばち」の姿が!!


ディズニー系の着ぐるみには過剰な反応をするわたくし。


携帯で写メしようと近づいたら…

0307タッチ.jpg

ザ・タッチという芸人さんでした。

ああ、遠目にはすっごく可愛かったんだけど…。




そんな事のあった日に、友人のブログに着ぐるみが嫌いとありました。


そうそう、私も昔はそうでした。

遊園地なんかでフラフラと着ぐるみが近づいてくると、

絶叫して逃げてました。(高校生位になっても)



その着ぐるみ嫌いが決定的になったのは、演劇科の学生だった頃。


知り合いがピンクのうさぎに入るバイトをしていて、

街のスーパーの前とかで子供たちに風船を配っていたのですが、

ある日、その仕事について話してたのが

0305うさぎ着ぐるみ.jpg
「あっついのに、子供たちが群がって来て、
 ほんと、マジでむかつく。」


もう絶句でした。ショックでした。

あんなにニコニコしているうさちゃんの中身は……恐ろしい。

もう絶対にだめ。

それ以来、街で着ぐるみがいると大回りして逃げる位きらいになりました。




そして事件が起きます。




……つづく。









着ぐるみが怖い、へたれな過去の私に
ポチっとお願いします。
いつもありがとうございます。






最終更新日  2009年10月15日 08時18分04秒
コメント(10) | コメントを書く
2009年07月28日
ディズニー時代の同僚との飲み会がありました。

約25年前の若者たち。

外見は軽く変わったけれど、中身はまんま。

夫も私もあの頃に瞬時に戻れます。

夫は当時、チロリアンテープで飾られた

かわいらしいコスチュームを着てたっけ…。


今の夫を知ってる皆さま…。
どうぞ、想像して存分にお楽しみください。
チロリアンテープ…絶対に似合わないと思うでしょー。
ところが、そこはディズニーマジック。
めっちゃ似合っておりましたのよ。マジ。

0117TDL飲み会.jpg






最終更新日  2009年07月28日 21時34分48秒
コメント(4) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1

PR

X

© Rakuten Group, Inc.