000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

母のひとりごと

PR

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

食べ物

2011.04.19
XML
カテゴリ:食べ物
クリームシチューと言えば
シチューのルーを使ったり作ったり。
ホワイトソース作りは難しい!けど
クリームシチューのルーもないわ!と言う時。

簡単にできちゃう方法をご紹介。

<材料>
たまねぎ
小麦粉
バターたっぷり
牛乳
人参
ジャガイモ
ブロッコリー
キノコ類
鶏肉
入れたい野菜その他その他
調味料お好みで。
我が家では、鶏ガラスープ、塩、チーズ、コンソメなど
その時々で組み合わせて使います。

用意するもの
ちゃんなべ(深めの炒め鍋)
普通のお鍋(できれば厚底)

<作り方>
2つのお鍋で
シチューベースと、シチューの具を
それぞれ同時につくっていって
最後に合わせるのがミソ。

シチューベース
1.チャン鍋にバターを入れて溶かす。
2.みじん切り、または薄切りにした玉ねぎを炒める。
3.少し火が通り始めたところに、小麦粉をまぶす!
4.小麦粉まぶれの玉ねぎをしばしバターで炒める
5.牛乳投下。好きな濃さにしましょ。

シチューの具
1.人参、ジャガイモ、鶏肉を厚底鍋で炒め、
  油が回ったら水を入れて煮立てる。
2.お好みで、ブロッコリーやキノコ類を追加。

シチューの具、シチューベース、共に
十分に火が通ったら
厚底鍋にシチューベースを投入。

好きな味付けで味を整えたら出来上がり。

玉ねぎに小麦粉をまぶして炒めるので
小麦粉が焦げにくい、だまになりにくいというメリットがある。
十分に炒めた小麦粉まぶれの玉ねぎに、牛乳を入れれば
とろみのあるおいしいホワイトソース(玉ねぎ入り)の出来上がり。

という具合でございます。
おためしあれ!







Last updated  2011.04.19 09:18:04
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:食べ物
カスピ海ヨーグルトと言えば
菌種から作る人が多いと思われます。

せっかく市販されている生ヨーグルトが
有るんだから、試してみない手はありません!

ということで
試してみました。

結果としては
成功!

材料
・フジッコのカスピ海ヨーグルト(生)
・牛乳

用意するもの
煮沸消毒したタッパーとスプーン。

タッパー(360ml)に、牛乳を入れて
テーブルスプーン2杯のカスピ海ヨーグルトを入れて
あとは室温に放置するだけでございます。

注意すべきは
カスピ海ヨーグルトの発酵温度。

20度~30度であること。

30度を上回ると
菌が弱り
他の菌が繁殖する場合があります。
この場合
ただの腐れ牛乳なので飲まないように!

これまで紹介してきたヨーグルトの作り方ですが
個人の責任で行ってくださいね。

衛生と温度管理に気をつけて
くされていそうな時は絶対に食べないこと!です。

できるだけ早く作りたい場合は
牛乳を湯せんかレンジで適温に温めてから
ヨーグルトを混ぜ込むのがおススメです。






Last updated  2011.04.19 09:07:41
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.11
カテゴリ:食べ物
温度管理に尽きるんだな・・と
思う今日この頃。

何日かに一度は
市販のプレーンヨーグルトを種に
ヨーグルト増殖中である。

実においしく出来あがる。

もちろん
衛生管理には十分な配慮が必要で
煮沸消毒は必須で
密閉容器で作っている。

今日も着々と出来上がりつつあるヨーグルト。

40度という適温に保てば
2時間後には飲むヨーグルトよりも硬くなり
どんどん発酵が進み
6時間もあればしっかり固まった
プレーンヨーグルトができあがるのである。

素晴らしい。

ヨーグルトメーカーが欲しくなるなー。
今は蓄暖の上で作ってるけど
夏場はそうもいかないだろうし。






Last updated  2011.04.11 15:29:59
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.07
カテゴリ:食べ物
今回はビヒダスと農場牛乳との組み合わせでチャレンジ。

材料
ビヒダスヨーグルト テーブルスプーン山盛り?6杯
農場牛乳 約1000ml

用意するもの
煮沸消毒したタッパー 360ml x 3
煮沸消毒したスプーン

1.3つのタッパーに牛乳を注ぎ電子レンジで
  約40度になるくらい「チン」する。
2.ヨーグルトをテーブルスプーン山盛り2杯ずつ入れ、よく混ぜる
3.約40度に保温する(約7時間)

今回の写真は、ヨーグルトを蓄暖の上で
発酵させている時の写真。

蓄暖の上に新聞紙を敷き
その上に牛乳とヨーグルトの入ったタッパーを置き
タッパーの上にはタオル。

タオルの枚数や新聞紙の枚数で
温度を調節している。

この温度計の温度はタオルの中で計って
写真撮る直前にタオルの外に出したもの。

ちょうどいい40度を指しているのがわかる。

大事なことを書き忘れていたが
発酵が始まったらかき混ぜてはいけない。
固まらなくなる。

今日は
適温を心がけて
こまめに調整した結果
今までよりも早くヨーグルトが出来上がった。

プレーンヨーグルトの
良い香りがしておりますよ。

冷蔵庫に入れて寝ようっと。






Last updated  2011.04.07 23:21:09
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.05
カテゴリ:食べ物
今回ご紹介するのは
ビオとメグミルクで作る自家製ヨーグルト。

材料
ビオ1パック(4個パックのうちの1パック。4つじゃありません)
牛乳適当!

用意するもの
煮沸消毒したタッパー、スプーン。
新聞紙、タオル。
蓄暖(なければ発酵温度は40度なので40度に保温できるもの)

今回はこの写真のタッパーを3個使って作りました。

1.タッパーに8分目くらいに牛乳を入れる。
2.ビオを三等分して牛乳に良く混ぜ込み蓋をする。
3.蓄暖の上に新聞紙を敷き、その上にタッパーを置き、タオルをかける。

中の温度を手で確認しながら、
必要に応じてタオルの枚数を増減させると良いと思います。

昨日15時過ぎに仕込んで
朝にはしっかりしたヨーグルトが出来ていました。

つるっとして、白くてきれいです。
ヨーグルトの良い香りがします。

かなりの増量になってる気が?
ハマりそう~!






Last updated  2011.04.05 09:01:43
コメント(0) | コメントを書く
2011.04.03
カテゴリ:食べ物
地震の影響で
ヨーグルトがお店から消えてしまった。

とういことで
自家製ヨーグルト作りに挑戦!

材料
プレーンヨーグルト 少々
牛乳 400ml

これだけです。

1.プレーンヨーグルトをきれいなスプーンですくって
少々をヨーグルトの容器に残す。

2.いきなり牛乳投入してフタをする。

3.厚底鍋に熱湯を入れ、そこにヨーグルトと牛乳を入れた容器を入れる。

4.暖かい場所に置き(うちでは蓄暖の上に置いた)タオルで鍋をくるんで保温。

大体8時間ほどで出来上がるそうですが
うちは・・・
うっかり忘れてそのまま寝てしまい
朝になった。

腐れ牛乳ができているのではないかと
恐る恐るフタを開けたら・・
きれいなヨーグルトができていました~!

変なにおいもしません。
市販のヨーグルトみたいに固まってます。
乳精も出てます。

すごい!

こんな簡単に出来るなんて!

ということで
ヨーグルトと牛乳がある人は
自分で増やすのがイイかと思います!

ちなみに
写真のヨーグルトは
昨夜は初挑戦と言うこともあって
牛乳がもったいなくて
パックに半分しか作らなかったので、半量です。

それから
容器が柔らかくて、
冷蔵庫への出し入れの時に
ちょっと表面がごちゃっとなってしまっています。

鍋を開けた時に見たのは
まさに市販のと同じですよ!
香りも質感も!

すばらしいです!






Last updated  2011.04.03 09:23:09
コメント(0) | コメントを書く
2011.03.08
カテゴリ:食べ物
またまたサンドモノ。

手軽なお昼にイイのですよ。

材料
豚のスライスした肉
しょうが
しょうゆ
日本酒
コッペパン
トマト
レタス

1.豚肉を炒めて表面に火が通ったらしょうゆとショウガと日本酒を入れてさらに炒める。
2.トマトは半分に切ってからスライスし、レタスは5mm幅位に切る。
3.コッペパンの背を割り、レタス、トマト、しょうが焼を入れておわり。

簡単だけど
見た目がおいしそうなので
子どももぱくつくメニューである。






Last updated  2011.03.08 23:23:29
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:食べ物
双子の玉子~!

って
しつこい?






Last updated  2011.03.08 22:44:41
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:食べ物
双子のイチゴ~!

それだけです。
ハイ






Last updated  2011.03.08 22:40:07
コメント(0) | コメントを書く
2011.02.28
カテゴリ:食べ物
子どもたちの好きなハンバーガー。

バンズは市販品で。

ハンバーグの材料。
牛・豚のあいびき または 牛ひき肉。
(塊肉をチョッパーでミンチにしたものなら尚可!)
人参
ピーマン
たまねぎ
しいたけ
片栗粉
しょうゆ
日本酒

ハンバーグ以外の材料。
レタス
トマト
オーロラソース(マヨネーズとケチャップ混ぜたもの)
とけないスライスチーズ
バンズ

ハンバーグの作り方は・・ご存じの通り。
1.野菜をみじん切りにする。
  (フードプロセッサー的なものがあればそれでもOK)
2.大きめのボールにひき肉を入れてこね、1を入れてさらにこねる。
3.日本酒としょうゆを入れてさらにまぜる。
4.適当な大きさと形にして焼いて終わり。


ハンバーガーの作り方も・・ご存じの通り。

1.バンズはトースターで軽く焼く。
2.レタスは食べやすい大きさに切り、トマトは輪切りにしておく。
3.下のバンズの上にオーロラソースを塗ったくり、その上にレタス
  トマト、ハンバーグ、チーズ、上のバンズを載せて出来上がり。

なんて簡単なんだろう?

そして
なんておいしいんだろう?

ちなみに
こういう形になると大人でも食べるのに苦労する。

ということで
子どもたちは多くの場合
ばらしながら食べている。

ので
ハンバーガーにする意味あるのか?と問われると・・
疑問がないわけではないが・・
少なくとも
大人にとってはハンバーガーだし
見た目がハンバーガーなので
一応子どもたちは喜ぶのであった。






Last updated  2011.02.28 23:00:29
コメント(0) | コメントを書く

全49件 (49件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.