1644162 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年05月26日
XML
カテゴリ:英語学習

ちょっと間隔があきました。

からだを揺さぶる英語入門』の読書メモが途中だったので、
つづきです。

ちなみに、英語の話題が一段落したら、
今日読んだ「音楽療法」の本がかなりズガンときましたので、
それを長期連載で紹介していこうと思います。
これもまた、教師の中心的・本質的な課題に真正面から取り組むテーマになる、
と思いますので、こうご期待!(予告)

それでは


からだを揺さぶる英語入門
斎藤孝角川書店、2003、1,380円、CDつき)
※CDは、英語での音読(歌詞やスピーチの抜粋など、内容は多岐にわたる)
※現在 送料無料 全品ポイント5倍キャンペーン実施中!

つづきです。 

前回の読書メモ、要約すると、

立て!ゆさぶれ! アンド(そうすれば) モードチェンジ!!

ということでしたね。

今回は、それのさらに補足といった感じです。

「斎藤孝」節、炸裂です。(^0^)

=======================
からだを揺さぶる英語入門』 読書メモ2

・一度伸び上って、落ちてくる時に膝を止めてみる

 = 中身が振動する

・少しからだを左右に傾けて、片足に重心を乗せて揺さぶるのも◎!

・反動で中身が揺さぶられる方が効果あり。

からだを液体化   ex.野口体操

  〇宇宙や地球の中心とつながりあうような感覚

・遠くに意識を放つ音読

・共鳴

・ハミング

・音読リレー「回し読み」 : 息のリレー

  ・一人の人間が言っているように

  ・「点回し読み

    ☆になる

    ☆体の向きをしっかりと変えて言葉を渡す

◎「息の感覚」は、対話の基礎

   ・漫然な「聞く」ではなく、積極的な構えで「聞く」

    => 次の出足がよくなる

・深い息:臍下丹田に息を吸い込む

☆身体次元の交流が
是非とも欲しい

・できるだけ体を動かしながら
 ディスカッションやプレゼンテーションをやる練習を集中的に行う。

  →学生たち自身が、自分の変化に驚く。

=======================

後半は特にあまりにも短くまとめすぎちゃいました。
ご参考まで。

↓なお、「役に立った!」という貴重なご意見は
 以下をクリックしていただくことで、表明いただけます。
 ぜひ、ワンクリックを。スマイル
にほんブログ村 教育ブログへ







最終更新日  2009年05月26日 21時42分39秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

カテゴリ

プロフィール


にかとま

バックナンバー

お気に入りブログ

今年のクリスマスイ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着

 にかとま@ Re:貴ブログを拝見してのお願い(09/18) 島貫良多さんへ お申し出の件につきまし…

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.