000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年06月02日
XML
カテゴリ:音楽♪

1週間前にブログでの紹介を予告した
音楽療法の本について、
連載(不定期連載かも)を開始します。

音楽を媒介として、指示・命令ではなく、
雰囲気を共有してクライアントの表現を引き出す音楽療法は、
私が個人的にめざしている「理想の教育」を
クリアに見せてくれました。

そういう意味で、非常に感謝している本です。

今後も、ここに書いてあったことを軸として、
教育活動を自分なりに創出していきたいと思います。

ピアノは弾けませんが、エセ音楽療法士として、デビューします!(笑)


音楽療法士のしごと
生野里花 、春秋社、1998、2000円)

===============================
【目次】(「BOOK」データベースより)

音楽療法士とは/自分と向き合う-音楽療法に出会うまで
/音楽との仲直り/音楽療法を学ぶ/人として音楽家として
/帰国して-療法士としての仕事が始まる/音楽療法の実際
/これからの音楽療法
===============================

この本は、音楽療法についても書かれていますが、
著者の個人的体験を振り返った部分も多くあり、
その意味では半分以上エッセイみたいな本です。

ただ、その経験上のことが、
非常に「実生活上で自分もそう感じていた」ということとかぶってきますので、
「音楽療法」自体にというより、著者の書かれていた言葉(経験したことや考え方)
に対して自分なりの言葉を加え、「本との対話」とさせていただきます。

触発されて生みだされる、何か新しい発見や感動があるかもしれません。

一方的な「読書メモ」ではなく、”あいだ”で生まれるものを重視した
「本との対話」という形をとるのは、初めての試みです。

ワクワク!(^0^)

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

◆この本との対話 その1

☆: 本からの抜粋

(^0^): にかとまのコメント (顔文字以降)

☆: 「芸大を出ても、演奏会のたびに知り合いを総動員してチケットを配っている、
   それで楽しいのだろうか。」
(「父」から言われたこと、p16)

(^_^;): この本の根幹的な考え方とかかわってくる部分だと思います。

       「自分は、それで楽しい?」 っていうこと。

       本当にそれが自分の命をかけた使命なのか
       と自らの仕事について問うところがあっていい。

       そういう生き方もあるけど、それがすべてではない。

♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~♪~

初回として、まったく訳が分からない状況になっていると思いますが、
「それはそれでいいのだ」
ということにして、また第2回を書きたいと思います。

謎を残しつつ、小出しにしていきます。

つなげて読むと、次第に意味がはっきりしてくると思います。

では、また次回!







最終更新日  2009年06月02日 22時07分13秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.