2095765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年06月08日
XML
テーマ:国際理解(9)

今日も、つい先ほど、KAGACでの教員免許更新eラーニングを受けてみました。

今回は「国際理解教育

その意義を解説する講義で、
のっけから、「世界がもし100人の村だったら」の全文が紹介されました。

これ、以前に読んだことはありました。

しかし、それからだいぶ経っています。
かなりその事実を忘れていました。

あらためて読むと、非常に驚愕の事実がそこにあります。

最近では、「動画」で分かりやすく解説してあるサイトもあります。

一度読んだことがある方も、
この機会にもう一度読んでみてはいかがでしょうか。

ぜひ!

動画で見る100人の村 
 (内閣府認証 特定非営利活動法人 NPOオアシス)

 ※このサイトでは、オフラインで見られるファイルのダウンロードもできるようです。

たとえば、私が驚いたのは以下のような部分です。

以下、「世界がもし100人の村だったら」Web版より引用

========================
6人が全世界の富の59%を所有し、その6人ともがアメリカ国籍 

80人は標準以下の居住環境に住み 
70人は文字が読めません
 
========================

世界の現実の不平等性には、愕然とします。

こういう事実を知るということ
それが何より大切なのだな、と思い知らされます。

「世界がもし100人の村だったら」の中でも、
次のような言葉で呼びかけられています。

========================
もしこのように、縮小された全体図から私達の世界を見るなら、
相手をあるがままに受け入れること
自分と違う人を理解すること、そして、
そういう事実を知るための教育がいかに必要か
は火をみるよりあきらかです。 
========================

国際理解教育をなぜするのか、という原点が、
こういった世界の情勢にあるのですね。

 

↓内容が役立った方、ブログの趣旨に賛同される方、
 ぜひ応援のクリックを(^・^)
にほんブログ村 教育ブログへ  にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ







最終更新日  2009年06月08日 19時54分09秒
コメント(2) | コメントを書く
[共に生き、共に育つ] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

こと葉の「勝手に202… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.