2094545 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年09月24日
XML
カテゴリ:特別支援教育

この連休、かなり読書をしています。

3日前に行った丹波市立市島図書館で、
読みたかった本をかなり見つけたのです。

昨日紹介した『アントキノイノチ』(さだまさし)もその1つ。
(これは、かなりの衝撃作で、今日もう1回最初から読み返しました。)

そのほかにも、いい本をたくさん借りてきました。

豚のPちゃんと32人の小学生 命の授業900日』
黒田恭史、ミネルヴァ書房、2003、2000円)

これがまたよかった!

これについては別の投稿で、きちんと紹介しようと思います。

今回は
光とともに...』第12巻について。


光とともに… 自閉症児を抱えて』 (第12巻)
戸部けいこ、秋田書店、2007、760円)

市島図書館には「マンガ」のコーナーがあって、
その中になんと『光とともに・・・』が全巻そろっていたのです。

素晴らしい図書館です!

そんなわけで、まだ読んでいなかった12巻を借りました。

前置きが長くなりました。
この本の中で「イヤーマフ」が紹介されています。

ネット上では、たとえばこんなサイトで紹介されています。
(有限会社未来研究所様。実際に買うことができます。)


【安全用具・保護具】エスコ:ESCO 取扱:イヤーマフ
↑これは楽天で検索をかけて出てきたものです。なんと1203円!安っ!

イヤーマフについては「特別支援」のMLなどで
以前に知っていましたし、
実物の展示も見たことがあります。
でも、よく分かっていませんでした。

『光とともに・・・』第12巻p190では、
「イヤーマフって
 たしか もともとは 工業用で、
 騒音は遮断して
 人の声は聞こえるようにできているんですよね」

というセリフで紹介されています。
光くんもこの後、愛用することになります。

これ、知らなかったんですよ。
「騒音は遮断するけど、人の声は聞こえる」ということ。
単に、うるさい音をカットするものだと思ってました。
騒音だけカットして会話が聞こえるなら、
こんな便利なものはないですね。

聴覚過敏のお子さんとか、通常の学校にもそれなりにいると思うのですけど、
こういう情報も、現物も、全然見聞きしたことがなかったりして、
「我慢しなければならない」で耐えているケースって、
あると思うのです。
光くんだけでなくて、
世の中の必要としている人にしっかりといきわたるような世の中になればいいな、
と思いました。

ちなみに図書館には14巻までありました。
『光とともに・・・』
ここのところ読むのをご無沙汰していましたが、
図書館で借りられることが分かりましたので、
多分ここ1か月ほどで残りも読んでしまうと思います。
最新刊も14巻なのかな?

 

☆以下のブログランキングに参加しています。
応援していただける方の1日1クリックをお願いします!(^0^)
にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ  にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  にほんブログ村







最終更新日  2009年09月24日 20時10分37秒
コメント(0) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

まとめの試験 2019.… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.