000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2009年10月30日
XML
カテゴリ:小学校

子どもたちが集団で暮らし、学ぶ教室。

そもそも教室とはなんでしょうか。

そこに教師の哲学が現れる!・・・ような気がします。

たとえば、


教室はまちがうところだ
蒔田晋治長谷川知子子どもの未来社 、絵本、2004、1500円)

============================
内容(「MARC」データベースより)

教室はまちがうところだ
みんなどしどし手をあげて
まちがった意見を言おうじゃないか
まちがった答えを言おうじゃないか-。

蒔田晋治の詩が絵本に。
まちがうことなんか、こわくない!
そんな教室を作ろうやあ。

============================

▼参考リンク 
絵本ナビ

前任校で、この絵本に出てくる長文の詩を書いた横長の模造紙を
必ず教室に掲示されていた先生がおられました。

先生の、「こんな教室にしたい!」という痛烈なメッセージを感じたものです。

失敗に対して寛容である教室は、いいですね。(^0^)

森竹高裕先生は、この詩を使って「授業開き」をされる際の、
実践記録を、インターネット上で公開されています。

______________________
「教室は○○するところだ」という詩があります。
さて、教室は何をするところだと思いますか。
______________________

という発問は、僕もまねしてみたい、と思いました。

教室はまちがうところだ ~子どもを勇気づける授業びらきを~
(静岡教育サークル「シリウス」より)

 

☆以下のブログランキングに参加しています。
応援していただける方のクリックをお願いしています。(^0^)
  にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング

 







最終更新日  2009年10月30日 21時59分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[小学校] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.