000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年01月31日
XML

福島正伸『キミが働く理由(わけ)』の読書メモ。

今日は第5回です。

今回参照した章にも、「チーム作り」の秘訣が書いてあります。


キミが働く理由(わけ)』
(福島正伸、中経出版、2009、1300円)

==========================
『キミが働く理由』読書メモ5 (p132~)
(僕が線を引いたところの部分抜粋です。)

・自分自身が、相手にやってほしいことの見本になる。

(#「教育」でも、「率先垂範」が大事だとよく言われます。
  ところで「率先垂範」、僕はこれをずっと「そっせんずいはん」と読んでました。
  今、変換しても出てこないので、初めて知りました。
  「そっせんすいはん」と読むのですね。(^。^;))

・相手のことを、どれだけわかってきたのだろう

・自分が人生を楽しんで、輝いて生きているかどうか

・相手を「信じ切る

(#今読んでいる、「学び合い」についての西川純先生の著書でも、
  同じことが書かれていました。
  子どもは有能だ、信じ切ろう、と。
  教師はすぐに子どもを低能と見て教えたがるから、
  いかに「教えないか」
  これは大切だと思います。
  まず自分から信じる、これは信頼関係づくりの原点ですね。)

・元F1ドライバー中野信治
 「人を信じることができなければ、チームはできない。
  私は人を信じ切って、
  メカニックがつくった車に命を乗せて走る

 わずかでも疑ったら、
 アクセル全開でコーナーに突っ込んでいくようなことは、できない。

・自分がどれだけ相手を受け入れられるか

 => 今よりも受け入れる勇気を持つこと

・家族や職場の人は、自分を成長させるために一緒にいてくれる

(p137まで)
==========================

僕は「信じる」という曲が大好きで、
自分でも歌って録音し、ネット上で公開していました。
(今はストップしているかな。
 この曲の詳細・試聴については以前の日記で書きました。)

そのとき、歌詞を何度も歌う中でもしみじみ思いましたが、
「信じる」ことは「いのち」を輝かせる、最も基本的な行為ですね。

人を信じることのできる人間になりたいです。 

♪「信じることで よみがえる いのち

(谷川俊太郎 作詞 『信じる』より)

 

☆以下のブログランキング(読者投票)に参加しています。
 当てはまるところをクリックしてもらえると、うれしいです。

 ↓ためになった!      ↓読みやすかった!
 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ         ビジネスブログランキング

 ↓おもしろかった!     ↓また来るよ!  
 ブログ王            人気ブログ







最終更新日  2010年01月31日 23時28分16秒
コメント(0) | コメントを書く
[人間関係・コミュニケーション] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.