2095611 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年02月07日
XML

仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』の読書メモ、
第3回です。


仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
(米光一成、KKベストセラーズ、2007、1200円)

============================
仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』読書メモ3 Mission2(p40~p55)

・ともに冒険し、ともに成長する。

大成功したところを想像する。

 ・記者がインタビューに来た
  「成功のポイントはどこだったんですか?」

・「話題キー」:話題になりそうな項目
        プロジェクトのキーアイテム
        人に会ったら、「話題キー」についてどう思うか聞いてみる。

・単に雑談のように話すのではなく、
 架空インタビューとして設定してやる方がいい。

・実際にやり取りをすることで、はじめて生きた人脈になる。

・アイデアをどんどん話したり、人にあげたりする人には、
 アイデアを求める人が集まってくる。

・「イエスアンド」を意識する

 ・とにかくいったん受け止めて、自分のアイデアを付け加える。

 ・自分の中から出てきた意見のように受け止めて、
  そこに自分のアイデアを加えてみる。

 ・どんなときでも、すぐに「ノー」と言ってはいけない。

 ・ボールを受け取り(イエス)、パスを出す(アンド)

 ・「いったん受け入れて検討する」という姿勢をとること

(Mission2「最強パーティへの道!」より)
============================

余裕がなく、悪い方向に行ってしまう話というのを
つい最近経験し、ずっとひきずっています。

この章に書いてある「受け止める」というのがなかったからだと思います。

受け止める」、大事ですね。

 

話題キー」という考え方は、
ゲームをやっている人間なら、かなりうなづけるものがあります。

新しい情報を手に入れて、
それを他の人に振る。

そうすると、また新たな情報が手に入る。

ファミコン時代に「ファイナルファンタジー2」という
RPGがありました。
(のちに、PSPなどでも再販されています。)


PSPソフトファイナルファンタジーII

このゲームの情報収集の仕方が画期的で、
「話題キー」となるような情報を選択し、
それを相手に投げかけることで、
反応を見る、というもの。

のちの「アドベンチャーゲーム」に通ずるものがありました。

このように「会話」をシンプリファイ(単純化)してゲーム化することは、
古今東西、いろいろなゲームに見られます。

ゲーム内でのキャラクター同士のコミュニケーションは
実際のコミュニケーションをシミュレートしたものであるだけに、 
ゲーム内でコミュニケーションがうまく取れるなら、
似たようなやり方を現実の人間関係にも生かせば、
実はうまくいくのかも!?

まあ、ゲームのキャラクターが大冒険で成功するのは、
話題を振っていることもありますが、
一番には「行動を起こし続ける」ところにあるのでしょうけどね。(^。^)

 

☆以下のブログランキング(読者投票)に参加しています。
 当てはまるところをクリックしてもらえると、うれしいです。

 ↓ためになった!      ↓読みやすかった!
 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ         ビジネスブログランキング

 ↓おもしろかった!     ↓また来るよ!  
 ブログ王            人気ブログ







最終更新日  2010年02月07日 17時00分32秒
コメント(4) | コメントを書く
[人間関係・コミュニケーション] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

こと葉の「勝手に202… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.