000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年02月15日
XML


仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本
(米光一成、KKベストセラーズ、2007、1200円)

より、中身を具体的に紹介する読書メモ、第7回です。 

この本の内容紹介が、超大作RPGのように続いています。

どこまでいくのか!?

============================
仕事を100倍楽しくするプロジェクト攻略本』読書メモ7
Mission5「最高のクリアをしよう!」冒頭(p102~p109) より

・勇者は提案せず!提案を受けろ!

 ・「ダメだからこうしろ」という言い方をしてはいけない。

 ・メンバーは各自のやる気でしか動かない。

 ・他人の方法を押し付けられて、やる気など出ない。

 ・「今こうだね」という現状だけを伝える。

  (冷静な研究者の目で相手を観察し、その観察を伝えること

 ・「どうするのか」は本人が考える。

・「どうするか」を発見するのは本人。

☆自分でやることを、自分で発見する。

 例)「スーパーマリオ」のキノコは、
   キノコのほうからぶつかってくる。

   もしこれが「キノコを取ってパワーアップしろ」
   なんてメッセージが出て教えられていたら?

・少しの遠回りは許してあげよう。

(「相談」術)
・その人の問題としてではなく、
 冒険全体の問題として相談を持ちかける。

勇者&相手 VS  困ったこと
 という構図にしてしまう。

ともに困難を乗り越える方法を考えることは、
 イエスアンドの連鎖になる。

・本人がアイデアを出すことで、
 それは「ひとごと」ではなく「自分のこと」として考える一歩となる。

・死んでいる問題(=答えが決まっている問題)にサヨウナラ

・学校のテストはほとんどが「死んでいる問題」

・「死んでいる問題」はこちらを「試す」問題

・「生きている問題」は、出題者も正解を知らない。

・人生に関する重要な問題は、
 ほとんどが「生きている問題」

・プロジェクトは生き物

・冒険自体が、「生きている問題」

・たったひとつの正解などない。

・融通のきくところが「生きている問題」のいいところ。

 だから、あきらめてはいけない。

・いろんなルート、いろんなゴールがある。

あきらめなかったという経験を蓄える。

(Mission5「最高のクリアをしよう!」より p109まで)
============================

ここも重要なことが書いてあった気がします。

「コーチング」の手法とも重なるような。

(コーチングについては、また新しい本を取り寄せて読み始めました。
 『コーチング・マジック』という本です。
 非常に分かりやすく、実践的で、情報が整理されています。
 ▼参考リンク「【本ナビ】 一日一冊読書感想集」さんの紹介記事)

それにしてもこの本の読書メモ、
なかなか終わりませんね。(^^;)

続きは、また。

よろしくおつきあいください。(^^)

 

☆以下のブログランキング(読者投票)に参加しています。
 当てはまるところをクリックしてもらえると、うれしいです。

 ↓ためになった!      ↓読みやすかった!
 にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ         ビジネスブログランキング

 ↓おもしろかった!     ↓また来るよ!  
 ブログ王            人気ブログ







最終更新日  2010年02月15日 21時32分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[人間関係・コミュニケーション] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.