000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年04月11日
XML
カテゴリ:阪神間 地域情報

昨日の4月10日(土)、
加古川でおこなわれた植松努さん講演会に行ってきました。

いやあ~、よかったです。
2時間が、あっというまでした。

僕が過去に経験した中では、
間違いなく一番の講演会だと思います。

植松努さんの講演会が加古川で開催されます!
で紹介した、講演会です。 

DVD&ブックに収録されていたお話と話の骨格は同じながら、
スライドが豊富に使われ、詳しいお話に
ぐんぐんひきこまれました。

個人的に印象に残ったところを書きます。

 

・昔のマンガやアニメは、あこがれられる未来像を子どもたちに提示していた。

これ、まさにそうなんですね。

僕もマンガアニメにかなり影響を受けました。

『ドラえもん』にしても、
科学がみんなをしあわせにする未来像を提示していた。

スポーツ根性ものは、
「特訓」すれば上達する、強くなる、という
イメージを強化していました。

講演では、
・『鉄腕アトム』にあこがれて実現しようとした人たちの努力が、
 「アシモ」にたどりついた

という話などをされていました。

それと対比して
・今のマンガやアニメは「ものをゲットする」ことに
 あこがれを持たせるようになっている

ということが言われていました。

今のマンガやアニメも、「友情」などの価値観や「努力」などの価値観をベースに
うまくストーリーを展開しているものが多いですが、
確かに「自分がどんどん成長し、向上していく物語」から
「次々と新しいものをゲットしていく物語」に変わっていっているような気もします。

ただ、「ゲットしていく」ということも、お金で買うという方法論だけではなくて、
「自分で作ることによりゲットする」という方法論がとられるならば、
僕はこれはとてもいいことだと思います。

僕が子どもの頃、ビックリマンシールが流行りました。
男の子たちのほとんどが、シール集めに熱中しました。

そんな中で僕は「これはおもしろい」とシールを集めながらも、
自分でオリジナルキャラクターを作って、
オリジナルシールづくりに挑戦しました。
ビックリマンシールの裏面にはキャラクターの説明が3行載っているのですが、
うまい文面を考えたりして、既存のものまねしながら
自分の創造性をはぐくむことにつなげていたのです。

植松さんは思いっきり「自分で作る」派の人です。
小学生の時のペーパークラフト作りが、大人になってからの
ロケット作りにまでつながった人です。

そして「自分で作る」との大切さは、僕もひしひしと感じます。

植松さんのやっていることはあまりにも先を見ていて、
今の周囲の人から見たら
「そんなことをやって何になる」
と言われるようなことが多いと思います。

でも、だからこそ、そうやって言われながらも結果を出してきた、
植松努さんの講演を、広く多くの人たちに聴いてもらいたいです。
特に、「自分なりに工夫して頑張ろうとしている」人たちの
心の支えとしてもらいたいです。

DVD&ブックでは、講演録と講演DVDがセットになっていて
お得です。
見られたことのない方はぜひ!

DVD&ブック 植松努の特別講演会 きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン -北海道の小さな町工場が
▼『きみならできる!「夢」は僕らのロケットエンジン
 植松努の特別講演会
  北海道の小さな町工場が"知恵"と"くふう"で「宇宙開発」に挑む

(植松努、現代書林、 2009/9、4200円)

 

 

☆以下のブログランキングに参加しています。
内容に共感していただける方はクリックください。
ここまで読んでくださって、ありがとうございます。 (^0^)
  にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング







最終更新日  2010年04月11日 10時31分28秒
コメント(8) | コメントを書く
[阪神間 地域情報] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.