000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年07月23日
XML
テーマ:自己成長(397)

感謝するということ
感謝するということ-もう、ひとのせいにしない
ノエル・C.ネルソンジェニーン・レメーア・カラバ
 サンマーク出版 、2005、1700円)

読書メモの続きです。
『感謝するということ』の第3回。

最終回です。

============================
感謝するということ』読書メモ星  (p146~)
(・は本の内容、#の緑文字は僕のコメントです。)

・「感謝の準備体操

 (1)仕事に関して全般的に感謝していることを
    ざっと思い返す。

 (2)来るべき1日に関して、感謝することを具体的に決める。

 (3)声に出したり日記に書き出したりして、
    感謝することを表現する。

#感謝にも準備体操があるんだ!(^。^;)

・休憩に入ったとき、必ず同時に「感謝休憩」をとろう。

#いつでもどこでも「感謝」のことが頭にある、
  って感じですね。(^^)

・1日の終わりには必ず3分~5分の感謝の時間をもとう。

 

・矛盾する思考や思い込みを消し去るアファメーション

  (例)私はゆうゆうと楽しく成功する。

・どれほど些細な事柄でも、
 仕事に関して感謝できる点を思い出して、心を落ち着かせる。

★焦点をずらさないこと!

・感謝の波動を強く保ちながら、「ありがたい」と感じつづけよう。

 

・その子がただこの世にいるだけで価値があり、
 重要な存在で、「ありがたい」と思っていると、
 その子に伝えることだ。

#「ありがたい」とは思っているけれど、
 伝える、となると、なかなかしていません。

 そういう感謝の感情表出が、素直にできるといいな。

 子どもから言われると、うれしいものね。

 大人からも言っていって、ほんとに、「相互に」できたらいいです。

 素直に、ストレートに、伝えよう!

・毎日必ず感謝することを習慣にして、
 子どもに「他人に感謝する」癖をつけよう。

 (例)冷蔵庫に「みんなに感謝していること」と書いた紙を貼る。

    →最もたくさん感謝のコメントを書いた人は、
      週末にご褒美をもらう。

・仕事に関して感謝できる項目のリストを作り、
 それを繰り返し読んだ。

★感謝は実践できる。

・人生がすばらしいチャンスであることを
 あらためて意識する。

・自分と他人に感謝し、好きな物事に感謝し、自由そのものに感謝する。


============================

今日もまた、こうやってブログを読んでくださったことに感謝します。 

ではまた!

 

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング 
▲内容がお役に立ちましたら、ぜひ1クリックをお願いします。







最終更新日  2010年07月24日 11時20分47秒
コメント(0) | コメントを書く
[人間関係・コミュニケーション] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.