2092006 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年10月31日
XML
テーマ:自己成長(397)

めずらしく?
仕事していた休日。

市内統一学力テスト、成績集計 完了!
音楽会職員バンド演奏曲楽譜すべて用意 完了!
同 練習日程表 作成 完了!
「お知らせメール」全保護者のクラスデータ追加登録 準備完了!

これで明日を迎えられます。(^^)

さて、今日は前回予告していた中村文昭さんの著書紹介。

同じタイトルで3冊出ています。


お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!


お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(2(出会い編))


お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(コミック版)』

今日はその中から、今日読み終えたばかりの
お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(2(出会い編))
をご紹介。

==============================
お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(2(出会い編))』読書メモ
(・は本の内容、#の緑文字は僕のコメントです。)

<親の代から「人好き・人たらし」> 

・家族でどこかへピクニックに行こうというとき、
 母は、
 そんなにたくさん、いったい誰が食べるんだ?
 というくらい 団子をつくる。

 パッと上着を脱ぐと、風呂敷代わりにして団子を載せて、
 全然知らない人のところに配って歩くのです。

 そうして配りに行ったまま、
 母は、しばらく戻ってきません。

 いっときのおしゃべりが延々と長引き、
 笑い声が上がり、さんざん盛り上がっているのです。

 隣村の家族も都会から来たカップルも、
 そこにピクニックに来ていた人はみな、
 すでに母の「友だち」になっていました。

#仲間づくりは一瞬でできるものなのですね。
 文昭さんのお母さんも、文昭さん同様、
 出会いの「ご縁」づくりの達人でした!
 

 

<腕でなく口でなく、背中で教えろ!>

・息子たちに
 「履き物をきちんとそろえること」
 ということが「普通」になるようにしたい。

 ↓

 僕らのポイントは、子どもにそれを強要しないこと

 子どもの周辺の大人たち、僕らの両親、僕と妻は、
 つねにそろっている靴を子どもに見せていこうと決めた。

 子どもにはそろっている靴だけを履かせるようにした。

 子どもがそろえなかったときは、
 「そろえなさい」と言わずに、
 黙って大人がそろえておいた。

 ↓

 そろった靴しか履かないことを毎日毎日刷り込んだ結果、
 そろっていないことに違和感をもつようになった。

・自分の子どものころを思い出すと、
 好きな科目イコール好きな先生でした。

 好きな先生だから、
 ほめてもらいたくて勉強するし、
 好きな先生の話だから聞くのです。

 

 

悩みや弱点はウリにしたとき 強みになる>

・弱みや悩みは、じつは自分だけのネタになりやすい。

・「この苦しさは、やがて子どもに語れるネタになる、
  だから乗り越えようぜ」
 と、まじないのように自分に言い聞かせてみては?

#自分だけの弱点を、平気でさらせる、ネタに変えられる、
 そんな生き方に憧れます。

 逆に言えば、それができれば、人間、180度変われるのですね。

 

とことん打ち込む姿には味方が集まってくる

・人を動かそうとするのではなく、
 まず自分自身が一生懸命になること
 まわりを変える底力がつく。

 

<親公認の家出少年・証明書>

・中学卒業後、親公認の「乞食」として
 放浪の旅をした宮田少年

感謝の気持ちを地の底で学んだ

・子どものためを思うと、どうしても与えることばかりに
 目が向いてしまう。

 親心ではありますが、「もっともっと病」がここにもある。
 いわば「足し算教育」。

・しかし、宮田さんは必要最小限、いや、もしかしたら
 足りない 足りない という、
 極限を味わう育てられ方をしました。

 これを僕は「引き算教育」と名づけました。

・与えられないことで、
 欲しいものが見えてくるし、強くなれる。

 飢えたときほど、渇いたときほど、
 やっと手にした食べ物や水がうまいのと同じです。

 

<「悩み」と「志」で心が裸になったときにチャンスあり>

・悩んでいるとき、どん底のとき、
 本音が出て 人は裸になります。

 余裕がなくて、ならざるをえないのです。

 また、人生の志を考えるようなときも、
 その人の素が出るものです。

 だから、心が裸になったとき、
 大人になっても 親友ができる
のです。

・「近ごろあいつ、ちょっと問題だな。
  今のうちに一言言ってやらにゃあな」というとき・・・

 「ちょっと飲みに行こか」
 「メシでも食って個人ミーティングしよか」
 と誘います。

 まずはバカをやって笑わせ、
 相手の舌も滑らかになってきたところで、
 「おまえ、このごろどうしたんや?
  地に足ついてないな」
 と、切り出します。

 打ち解けて話しやすい雰囲気にしてから、
 本音を引き出す
のです。

==============================

非常に印象深い、びっくりするような人たちとの出会いが
本書では次から次へと語られます。

上で引用したのは、ほんの一部分にすぎません。

「こんな人もいるのか!」と刺激を受けたい人は、
ぜひ読んでほしい本だと思います。


お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!(2(出会い編))
(中村文昭、サンマーク出版、2005、1300円)

中村文昭さんについては
ブログ過去記事でも、何度かふれています。

文昭さんに刺激を受けて書いた文章は、
それを読むだけでも、元気になります。

楽しむには全力でやることだ

中村文昭さん講演~みるみる元気がわいてくる!(^0^)

 

中村文昭さんの講演は、ネットからのダウンロードで購入できます。

中村文昭の「人を活かす人になれ!」

中村文昭特別セット!龍になれ! プレゼント付!

(リンク先で試聴できます。大笑い


↓(^0^)いつも読んでくださって、感謝します!
 ブログを応援してくださる方はクリックしてください!(^^;)
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング   
 







最終更新日  2010年10月31日 20時42分45秒
コメント(0) | コメントを書く
[共に生き、共に育つ] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

「ふりこの実験」留… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.