000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年12月17日
XML
テーマ:自己成長(397)
カテゴリ:道徳 等
昨日の反省を踏まえ、今日はfirefoxでブログを書きます。大笑い

明日は特別支援のビジュアルトレーニングの講座、
あさっては特別支援教育士の最終試験です。

明日から特別支援づけになるので(?)、
今日は全く関係のない本の紹介です。


『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)』
マイケル・J.サンデル日本放送協会、早川書房、2010、1400円)

けっこう今はやりですか?

DVDで講義が見られるようで、見てみたいです。

「哲学」「道徳」系の本はけっこう好きなんですよ。

上巻は勢いに乗ってサクサク読めました。
下巻も読みたい!

 

では、個人的に「なるほど」と思った、カント哲学のところを
引用します。

==============================
『ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(上)』読書メモ

・カントはこう推論した。

 私たちが動物のように喜びや満足や欲望を追い求め、
 苦痛を避けようとするとき、本当に自由に行動しているとはいえない。
 なぜか。
 実際には、私たちは欲望や衝動の奴隷として行動しているからだ。

・カントはこう言っている。
 行動を道徳的に価値のあるものにするのは、
 そこから生じる帰結でも結果でもない。
 動機、意志の質、そして行為がなされる意図である。

 重要なのは動機だ。

 重要なのは、その人が正しい行いを正しい理由ですることだ。

・自分の利益や要求、特別な状況が 
 ほかの人のそれよりも重要であるという理由で、
 自分の行動を正当化するべきではない。

・私たちは、自分たちのプロジェクトや目的、利益のために他人を使うとき、
 彼らの尊厳を尊重するやり方で接すれば何も問題はないのだ。

==============================

いろいろな哲学者の考えが紹介され、
興味深い事例や仮定が出てきます。
僕としては本の後ろのほうで出てくるカントの考え方が一番勉強になりました。

速報!
今度の日曜日、NHKで 本書にも載っている東京大学での著者の講義が
再放送されます!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
12月19日(日)教育 午後6時~6時58分

「イチローの年俸は高すぎる?」(再)

  ハーバード白熱教室@東京大学 「イチローの年俸は高すぎる?」

イチロー、オバマ大統領、日本人の教師、
3者の年俸を比較しながら、富の分配の公正について議論をしていく。
果たして、イチローはオバマ大統領の42倍もの年俸に値するのだろうか。
さらには東大への入学資格をお金で買うことの是非についても考える。

 (情報元:NHK
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

本の下巻はこちら。


【送料無料】ハーバード白熱教室講義録+東大特別授業(下)

 

世間では、DVDのほうが人気らしいです。 

【27%OFF】[DVD] NHK DVD ハーバード白熱教室 1
(販売価格 2,146円)

 

(^0^)いつも読んでくださって、感謝します!
 ブログを応援してくださる方はクリックしてください!(^^;)
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング    







最終更新日  2010年12月17日 22時22分27秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.