2091164 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2010年12月23日
XML
カテゴリ:特別支援教育


教師とスクールカウンセラーのためのやさしい精神医学(1)
 (LD・広汎性発達障害・ADHD

(森俊夫、ほんの森出版、2006、2100円)

上の本の読書メモの第7回。

本日は、「ADHD」についてです。

ADHDの定義や診断、どういった障害なのか、ということについて。

================================
『教師とスクールカウンセラーのためのやさしい精神医学(1)』読書メモ7
(p120~134:「第5章」の全部を部分的に抜き出しながら参照します。)

「第5章 注意欠陥/多動性障害(ADHD)

1.2.略

3.ADHDは小さい頃からその兆候が認められ、
  また複数の状況において問題が存在する

・先天的な脳機能の障害

・診断には、成育歴に関する情報が必要

・場面限定性のものではない

・保護者からの情報が必須

 

4.PDDとの関連

・PDDとの重複があれば、ADHDの診断は付されない
 (DSM-IVにおいて)

・実際はPDDのある人たちのうち、
 かなりの人たちがADHD症状を併発

 

5.ADHDの疫学 

・ADHDの診断は、ICD-10だと
 <不注意><多動性><衝動性>の3つ全部が揃わないと
 診断がつかない

・DSM-IVの場合、<不注意>か<多動性-衝動性>の
 どちらか1つあれば、ADHDの診断がつく

6.7. 略

8.ADHDの予後

・<多動性-衝動性>は、なくなるとは言わないまでも、
 年齢が上がるにしたがって基本的には落ち着いてくる。
 そのコントロール・スキルも向上していく。

・<不注意>のほうは結構しつこく続く

 ただこれも、自分の傾向を自覚して、
 それなりの対処法を開発していけば、
 社会生活上それほど支障が出ない程度には
 コントロールしていけるようにはなる。

・<多動>は、活動性が高いということでもあるので、
 障害というよりもむしろ「リソース」だとさえ言える。

(p134まで)
===============================

最後の、「障害」と見ずに「リソース」と見る、という考え方、
かなり大事だと思います。

世の中の大仕事は、積極的に活動するエネルギーなしでは
まわっていきません。

ADHDで大きな功績を残しておられる有名人の方はかなりおられます。
あるブログ記事によれば、
エジソン、レオナルド・ダビンチ、アインシュタイン、トム・クルーズ、
マイケル・ジョーダン、黒柳徹子・・・。
そうそうたるメンバーです。大笑い

(情報元:▼ADHDと診断された子どもへの教師としての対応の仕方

 

次回は、「第6章 注意欠陥/多動性障害(ADHD)への対応」
を参照します。

 

(^0^)いつも読んでくださって、感謝します!
 ブログを応援してくださる方はクリックしてください!(^^;)
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング







最終更新日  2010年12月23日 18時46分29秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.