2180476 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2011年01月17日
XML
テーマ:自己成長(397)
カテゴリ:小学校

大雪警報解除
子どもたちは雪合戦ができて大喜び。

そんな非日常な1日のスタートから、
2時間目に突然の「地震です」の訓練放送。
そして追悼集会

メインの時間をもらって、前任校でなくなった8人の児童の話をしました。
ノートパソコンからスライドを映し出しながら話しました。
このスライドは当日の直前まで内容を編集し続けたものです。

話をする前に、「留意点」について
メモしていました。

「目力(めぢから)」
「伝えたい気持ちを大事に」
「最初の5分でつかむ!」
「伝えたい相手=子どもたちを見る」

など。

でも、できたことは少なかったように思います。
話し始めのエネルギーが、
高いところから始められなかった。

役者が、初めてもらった台本を読むときのような、
話す内容がしっくり自分のものになっていない感じがしました。
自分が直接経験していなかったことを話した、ということもありますが。
(僕は震災の時は広島にいました。
 震災の話の多くは、前任校の芦屋の小学校で学ばせていただいたものです。)

直前まであわてていました。
PCのセッティングがうまくいかなくて、あちこちを行ったり来たり。
直前に暗幕を引いて、事前準備は時間ギリギリ。
あわただしくバタバタしてしまい、
「準備万端」で落ち着いて臨めませんでした。
家での準備も足りなかったと思います。

でも、一番決定的なのは、
全校生など、大勢の前に立ってしっかり伝えようとする
経験
が少なかったことかな。
それでも本気で伝えたかったなら伝わっただろうけど、
今回は落ち着かない気持ちのまま、
エネルギーが低空飛行していた気がします。
自分なりに精いっぱい話しましたが。

もちろん、この経験は次に生きます。

1回で完璧にいくわけはない。

プレゼンのテク的には、収穫もありました。
ワイヤレスマウスを使って、立ったままパワーポイントを進めることが
できることがわかりました。

このテクは自分で気がついたものです。
PCから離れて立ってクリックするやり方は、
普通にやろうとすると専用のものを買わないといけない。
これが1万円ぐらいするらしい。
高い。
ところがワイヤレスマウスだと安い。

ホイール付きワイヤレスマウスなら、
ホイールを回すと進みすぎたスライドを元に戻していくことも可能です。
僕も当日やってみて気づきました。
これはけっこう便利。

プレゼンではプレゼン相手の方を見ながら話すのが鉄則です。
(学校の授業ではプレゼンとは言いませんが・・・。)
相手の方を見ながら話すには、余裕をもっておかないといけない。
デジタル機器を活用するなら、その扱いにも慣れないといけない。

今日のような経験を積み上げながら、
余裕を身に着けていきたい、と思いました。

 

放課後、さっそく、あるクラスの今日の感想を読ませてもらいました。
思ったより子どもたちには伝わっていたようで、ほっ。

また次の機会もがんばります。大笑い

 

ありがとうのおじぎ男の子ここまで読んでいただいてありがとうございます。

       応援していただける方は、ぜひクリックをお願いします。↓

     にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ   ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング






最終更新日  2011年01月17日 21時57分43秒
コメント(0) | コメントを書く
[小学校] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

4/11アシュタールの… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.