000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2011年02月12日
XML
カテゴリ:いのち

1.17近辺の「阪神淡路大震災」に関連する学習について
資料を調べていた時に、ひとつの児童書に行き当たりました。

震災関係の児童書を紹介していたWebページがあって、
そこで知りました。
 (▼将君のホームページ 阪神淡路大震災 図書 より)

感動ドキュメント あしたは元気!!-ぼくらの阪神大震災

震災の起こった年、1995年の発刊です。 

さっそく『あしたは元気!!』という書名で、図書館で検索。
近所の図書館ではなく、市内の他の図書館にあったのでWeb予約。

そして取り寄せて読んでみたのですが、
これがとてもよかったです。

神戸市、芦屋市を中心として、震災当時の子どもたちの
ドキュメントが、当時の様子がとてもよくわかるように収録されています。

読みだすと止まらなくて、
涙ながらに読み終わりました。

全部で7つのドキュメントが収録されており、
最後の話は、僕の前の勤務校、
芦屋市立精道小学校で亡くなった4年生の子の話でした。
でも、精道小学校勤務当時に、この子の話はほとんど知りませんでした。
こういった児童書にまとめられていたとは驚きです。

震災当時のことを知るうえで、またとない児童書です。

現在、絶版のようですが、地域の図書館や、古本で出回っている分で
お読みいただけると思います。

登場人物の名前は、一部仮名に差し替わっているようですが、
実名のままの記載も多く、また、実際の写真が白黒ですが収録されていて、
「本当にあったこと」ということが実感できます。

基本的には、悲しいお話、ということもあるのですが、
「悲しいけれどがんばっている話」といったものが多く、
どの話も、希望が持てる終わり方になっています。

こういう本は、ぜひ今の子どもたちにも読ませてあげたいです。
僕が読み終わった本は、これから図書館に返すのですが、
amazonで中古でネット注文しました。
現在の勤務校の図書室に寄贈したいと思っています。

 

(^0^)いつも読んでくださって、感謝します!
 ブログを応援してくださる方はクリックしてください!(^^;)
にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング 







最終更新日  2011年02月12日 09時47分35秒
コメント(2) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.