2079180 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2011年02月13日
XML
テーマ:自己成長(397)
カテゴリ:本の紹介

『本のソムリエが教える悩んだときに読んでほしい53冊
 しあわせ読書のすすめ
(清水克衛、辰巳出版、2010、1200円)

この本で紹介されている「おすすめ本」のうち、
僕が今後読んでみたい本の記録。

今日は、後半の
「4恋愛/5結婚/6家族・育児」
の各章の中から。

=============================
清水克衛『しあわせ読書のすすめ』
紹介されていた本のメモ2

 
『サラとソロモン 少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣』
(エスター・ヒックス/ジェリー・ヒックス、1800円)

 自分自身に起こるすべての出来事は自分が引き寄せた結果であるという
 「引き寄せの法則」を物語にしたもの

 毎日を感動いっぱいに過ごすために

 
『下世話の作法
(ビートたけし、1400円)

 「かっこいい大人とは?」
 「粋で品のいい生き方とは?」
 そんな疑問に対する持論をギャグ満載で展開!

 
『アミューズレシピ
(アミューズ、840円)

 サザンオールスターズや福山雅治さんが在籍しているアミューズ。
 社長がおいしい料理をアーティストやスタッフに振る舞ったりしている。
 まずは身近なアーティストや同僚を喜ばせようと、
 スタッフの一人一人が一生懸命。
 そんな会社の社員の家庭料理を集めたレシピ本。
 見ているだけで心がほっこり温かくなるような愛情があふれている。


 『あなたの夢を実現する 人生飛行術』
(立花大敬、1200円)※一般書店には流通していません

 立花大敬さんの記念すべき第1回目と2回目の講演を収録。
 「心のゴムひも理論」は目からウロコ。
 例えば東大に入りたいなら実際に東大に行って、
 構内にゴムひもを結ぶイメージをする。
 そして地元に戻ったら、東大と自分がゴムひもで結ばれていて
 ピョンと飛び跳ねると東大に飛んで行けるイメージをする。

 
「やさしい」って、どういうこと?
(アルボムッレ・スマナサーラ、900円)

 お釈迦様の教えを守る初期仏教のスマナサーラ長老が、
 幸せに生きる方法を伝授。
 本当のやさしさっていうのは、
 花とミツバチみたいに、ごく自然に相手の役に立つこと。
 「くれない星人」は卒業。
 真のやさしさを身につけて、
 互いを生かしあう関係を築こう!

 
『彼女がニューヨークで一番の花屋さんになれた理由
(佐藤富雄、1200円)

 この本はアメリカの大富豪の間で語り継がれている
 「ガーベラの魔法」という物語を紹介している。
 医学博士である著者がレイチェルが成功できた訳を科学的に説明してくれている。

 
捨てちゃえ、捨てちゃえ
(ひろさちや、1000円)

 仏教学者である著者が、
 自分らしくありのままに生きるための知恵を伝授。
 自分を縛っている「世間体」や「常識」を捨てちゃえば幸せになれる
 ってことを教えてくれる。

 
株式会社家族
(山田かおり(著)、山田まき(絵)、1300円)

 子どもの頃から現在まで、家族の中で起きた出来事を
 とってもシュールにとらえている。
 何でもないようなエピソードを本当に面白おかしく表現していて、
 自分しだいで日常はいくらでも楽しくなるということを教えてくれる。

 
マンガ『玄米せんせいの弁当箱』(1)
(魚戸おさむ/北原雅紀、各約540円)

 玄米先生は無理強いしたり、お説教したりはしない。
 ただ淡々と心から楽しそうに畑を肥やして、
 採れた野菜で美味しそうな料理やお弁当を作って食べる。

 
『少女パレアナ
 (ポーター、500円)

 彼女はどんなことにも喜びを見つける「喜びのゲーム」が得意だった。

 
『子どもたちに...いにしへのいろはことば-島津日新公いろは歌』
(川畑 耕二、1400円)

 薩摩藩の郷中(ごじゅう)教育の中で教科書として使われていた。
 子どもたちが日常守るべき心得が歌にしてまとめられている。
 例えば「敵となる人こそはわが師匠ぞとおもひかへして身をもたしなめ」など。

 
『ちいさなあなたへ
(アリスン・マギー/ピーター・H.レイノルズ、1000円)

 NYタイムズやAMAZONの児童書分野で、
 ハリー・ポッターをおしのけて1位の座を獲得した話題作。
 これを読めば子どもが誕生した日の感動や、
 成長する喜びを改めて実感できる。
 本当に子どものためになることは何だろうって考えるようになる。
 たった5分で親を変えちゃうくらいパワーがある本。

=============================

いやあ、読書って、本当に面白いものですね。

これから読みたい本がこんなにあって、幸せです。

 

   大笑いここまで読んでいただいてありがとうございます。
       応援していただける方は、ぜひクリックをお願いします。↓

       にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ







最終更新日  2011年02月13日 21時13分17秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.