000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2011年05月14日
XML
テーマ:自己成長(397)

昨晩は、職場に新しくこられた方の歓迎会でした。

「この人はだれでしょう?」ゲームの司会をしました。

モノを用意したり、モノマネをしたり・・・
事前に「どうやっておもしろくしようか」と考えたことのうち、
おおかたは実行できたので、よかったです。
成功したかどうかは、微妙ですが。(^。^;)

それはさておき、本の紹介の続きです。

平野秀典さんの本、『共感力』。
いい本です。


共感力
(平野秀典、大和書房、2006、1400円)

本日は第3回。

=============================
共感力読書メモ ロゴ
(p172~188)

・自分だけが輝くと
 影ができる。

 まわりを輝かせて、
 その明かりで輝けば、
 影ができない。

大笑いけだし、名言です。

   自分ばかりが輝くことを考えていては、いけませんね。

   人が先、自分が後。

   僕は自分のやりたいことばかりを優先してしまうことがよくあります。

   でも、自分のやりたいことを優先したときの
   しっぺがえしは、けっこう後が怖かったりします。(>。<;)   

・「同情」は相手が「可哀想」と思える感情ですから、
 どうしても縦の関係性を創り出します。

・「共感」は相手の感情を相手の立場で共に感じる

時を重ねた夫婦のように、
 ただ横に寄り添うことで、
 喜びを2倍に、悲しみを半分にするという好ましい関係性

スマイルこの比喩が、けっこうわかりやすかったです。

   僕ら夫婦はまだそんなに時を重ねていないですけど。

   50年ぐらい経つと、だいぶ関係がこなれていそうですね。

   通じ合う、というか。

・垂直ではなく水平の関係性で人を動かす時代

・「目前心後」:「目は前に向けて、心は後ろに持ちなさい」

目を前に向け、理想や志を掲げ、
 ひたすらに歩く姿に
 人は共感します。

・「この指止まれ」の遊びのように、
 指を高く掲げて理想や夢を発信する人のところに
 共鳴する人は集まります。

・夢を語りながらも、心を後ろに置いて常に自分を見つめること。

・「言行一致」、言葉と行動が一致しているかいないかは、
 その人の後ろ姿に表れる

ぽっ僕はかなりの「言行不一致」人間でした。

   今は少しでもそのパーセンテージを落とそうとしているところです。

   今までの休日、「今日の晩御飯は僕が作る」と言っていたときも
   結局作っていませんでした(>。<)
   でも、今日は作りました。
   約束を守るのは当たり前ですが・・・。
   ちなみに、カレーです。。。

(p188までの気に入った言葉より)
===========================

一度読み終わった本ですが、
非常にいいことが書いてあります。
ブログに書くために本を読み返すのが楽しみです。

まだあと30ページほど残しています。

それはまた次回に。

 

ありがとうのおじぎ男の子ここまで読んでいただいてありがとうございます。
     応援していただける方は、ぜひクリックをお願いします。↓
    にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ   ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング

    にかとまの読書メモリスト







最終更新日  2011年05月14日 18時52分24秒
コメント(0) | コメントを書く
[共に生き、共に育つ] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

エシカルファッショ… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.