2175498 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2012年06月10日
XML

兵庫県立教育研修所で防災の話をするという話が来たので、
あわてて「プレゼン」の本を読みました。

これが、期待以上にいい本でした。 

『最高のプレゼンテーション』という本です。

少し古いので、古本でしか手に入らないようですが・・・。

 ↓楽天にはなかったのでamazonのリンクを貼っておきます。 

 最高のプレゼンテーション-心をつかむ見せ方、話し方 (PHPビジネス選書)
『最高のプレゼンテーション-心をつかむ見せ方、話し方』
(ダグ・マルーフ:著、吉田新一郎:訳、PHP研究所、2003、1500円)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569627609/

以下、自分のために、忘れないように
メモっておきます。(^^)

===============================
『最高のプレゼンテーション』
読書メモ ロゴ
(最初~p12:「まえがき」と「目次」の部分より。)

・プレゼンテーションとは
 ひとつのショーである。

★舞台で最高のパフォーマンスをする

〇慣れが大切

 ・「練習こそが身につける最短距離」

 ・絶え間なく練習し続けること

〇あなた自身が参加者にどのように見えているかをチェックする

 ・あなたがプロとしてどう見えるかは、
  あなたが話す内容と同じレベルで大切。

 

・最初の3分間が勝負

 ・参加者は何を期待しているか?

 ・参加者がリラックスしたか?

・タイトルは魅力的に

5つのキーワードを考える

ゲームパズルに参加してもらう

★参加者に活動してもらう

・参加者を使う

 

(p12まで:「まえがき」と「目次」より)
===============================

次回より、章の中身に入っていきます。

第1章のタイトルは、
「勝負は壇に上がる前にすでにはじまっている」

さすが、プレゼンのタイトルを魅力的にすることを説いている本だけに、
章のタイトルも表現がきいています。

次回も読んでいただけるとうれしいです。

それでは、また!

ありがとうのおじぎ男の子↓よろしければ応援のクリックをお願いします。

    にほんブログ村 本ブログへ  ビジネスブログランキング   ブログ王ランキング

    ▼にかとまの読書メモリスト     ▼にかとま日記全件リスト







最終更新日  2012年06月10日 17時13分49秒
コメント(0) | コメントを書く
[話し合い・話す・聞く] カテゴリの最新記事


PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

自粛ライフから導き… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.