1988368 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2019年06月18日
XML
テーマ:読書(2908)
カテゴリ:本の紹介
​​ミヒャエル・エンデの『モモ』と言えば、大変名高い児童文学。


『モモ』 [ ミヒャエル・エンデ ]


『モモ 愛蔵版』 [ ミヒャエル・エンデ ]


これまで何度か読もうとしましたが、なにしろ辞典よりも分厚い。

少しだけ読んで断念していました。

ところが、今年になって、オーディオブックの『モモ』を発見。

しかも文章量が多い割に、お安いのです。(^^)

購入して、通勤の車の中や、夜寝る前などに、少しずつ聴いていました。

これは、すばらしい内容でした!
大切なことを教えてくれるという点では、サン=テグジュペリの『星の王子さま』にも似ています。

『モモ』は、「時間」​をテーマにした作品。
時間に追われる現代人こそ、ぜひ読むべき作品だと思いました。

素晴らしい作品はどれもそうですが、登場人物の個性がとても輝いていて、生き生きとしています。

主人公のモモだけでなく、お話をアドリブで作って聞かせるのがとてもうまいジジや、コツコツと生きる道路掃除夫のベッポなど、それぞれの登場人物の個々のエピソードだけで、十分面白く、引き込まれます。そして、それぞれの生き方から自分自身の生き方を思い返し、とても、刺激を受けました。

面白くて、ためになる。

今まで読書をしてこなかった人にも、ぜひ、オーディオブックで聴いてほしいと思います。
僕が聴いたオーディオブックは、1人の方が読まれているのですが、登場人物それぞれがしゃべっているように、見事な声優ぶりを発揮されています。プロの朗読のすさまじさを感じました。モモの声は本当にかわいらしく、時間泥棒の声はほんとうに平坦で冷徹です。

▼​audiobook.jp『モモ』
(朗読:佐久間レイ、 音楽監修、作曲、演奏:佐田詠夢 )

ただ、物語の中盤は、重く苦しい状況が続き、続けて聴くのが少々苦痛になるときも、ありました。
それでも、序盤はほんとうに明るく楽しくためになり、また、終盤にはそれまでの苦境を覆す感動があります。大きな不安が勇気に変わる。そのターニングポイントは、強烈に印象に残りました。
物語全体の完成度は、ほんとうに素晴らしいと感じます。
これぞまさに、ファンタジー文学の傑作です。


名作だけにネット上にも情報がいっぱいあります。
主だったものに、リンクを貼っておきます。
『モモ』をすでに読んだことがあり、懐かしく思われた方は、リンク先を読んで本書を思い返されてみるのも、いいのではないでしょうか。

▼​ミヒャエルエンデ『モモ』*登場人物の生き方と「時間」の哲学
 (ユキコさんのブログ「ユキコユキ」様)

▼​絵本ナビ『モモ』

▼​ミヒャエル・エンデ『モモ』のあらすじ(ネタバレあり)時間どろぼうとの対決にハラハラドキドキ
 (ブログ「エンタメ娯楽街道 五十三次」様)​​

オーディオブックでは、特徴的な素晴らしい挿絵を見ることができなかったので、本の形でもまた読んでみたいと思います。​

素晴らしい作品を、ありがとう!






最終更新日  2019年06月18日 21時03分14秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

河口湖畔散策と冨士… New! 矢尾こと葉♪さん

コメント新着

 にかとま@ 2回目に読み終えて 一度読んでいたことを忘れて、もう1回買…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.