2090911 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2019年08月25日
XML
カテゴリ:PC・デジタル関係
​​大阪で「UDブラウザ」の研修講座を受講しました。

慶應義塾大学経済学部の中野泰志先生が、文部科学省の研究助成を受けて、研究・開発されているそうです。

バージョン2.9.7の写真

▼​教科書・教材閲覧アプリ「UDブラウザ」のホームページ

▼​iOSアプリ「UDブラウザ」のダウンロード

最近は特に頻繁にアップデートが繰り返されていたようで・・・
いつのまにか、気がついてみたら、バージョン2.97。(2019/08/23現在)

「UDブラウザ」は、たとえば学校の教科書が弱視等で読みにくい児童・生徒に対して使用すると、
でっかくて重たい拡大教科書を持ち歩かなくてもよい、というスグレモノ。

画面表示は、PDFモードとリフローモードの2種類が使用できます。

PDFモードでは、該当ページそのままを表示させて任意に拡大することができたり、ページにしおりをはさむことができたり、任意に書き込みをすることができたり、ラインマーカーを引くことができたりします。

リフローモードでは、テキストだけの表示になり、文字を読むだけならこちらのほうが断然読みやすいです。横書きを縦書きに変えることもできます。音声読み上げ機能もついています。

なかなかすごい機能の目白押しで、びっくりしました!


教科書のデジタルデータは、許可を得なければ取得できません。
ただ、Wordなどで作る自作教材をPDF化する分には、タダで使えます。


講座の最後に質疑応答があり、「デイジー教科書とのちがい」が話題になりました。

「デイジー」は、目次のリンクに戻らないと、別単元など、違うところに飛ぶことができません。

「UDブラウザ」は、教科書の最初から最後まで、ページめくりでどんどん進められるのが特長です。
教科書のページそのままをPDF表示させることができるので、教科書実物との差が少ないです。
デイジーのようなテキストリフロー画面と、教科書のページ画面と、2種類を備えているというのは、
かなりいいな、と思いました。

「UD」ブラウザについてのレビューを調べてみると、
ネット上では、次のサイト様が詳しく解説しておられました。

▼​UDブラウザのご紹介(「学校でのICT」内 2018/6)​(「学校でのICT」内 2018/6)

PDFモードとリフローモードについて、詳しく知ることができます。​​






最終更新日  2019年08月25日 11時17分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[PC・デジタル関係] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

予測しにくい 2019.… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.