2090021 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょういく ユースフル! ~ 私は触媒になりたい ~

2019年10月27日
XML
​​​最近、またアドラー心理学の本をよく読んでいます。

アドラーは、自己啓発の源流と言われているそうで、、、

自己啓発の有名どころと言えば、『人を動かす』や『7つの習慣』でしょうか。

僕が大事にしているのは、「成長」なので、自己啓発は大好きで、よく読んでいます。

アドラーを学んでから自己啓発書をもう一度読むと、同じことが書いてあったりして、「やっぱり重なってるなあ」と思います。

アドラー心理学は「すべては、対人関係」と言っている、かどうかは本によって少し差がありますが、対人関係を重視していることは間違いありません。

悩みの多くは対人関係によるもの、というのは疑いないところでしょうか。

多くの自己啓発書が、「人は変えられない。変えられるのは、自分だけ」と言っています。

まあ、そうなんですが、そうすると、「教育」とは、「人を変えようとする」ものじゃないのか、と矛盾にぶち当たります。

上司が部下を育成することも、人を変えようとすることではないのか。

アドラーは、学校教育や、職場での教育を否定するのか?


この答えは、アドラー心理学の本よりも、むしろ僕は、斎藤一人さんの本に見いだしました。

一人さんはこんな風に言っています。

========================
・人はこうなってほしい、じゃないの。
 こういう人だと思って対してると、そういう人になるの。

 (斎藤一人『変な人の書いた世の中のしくみ』p162より)
========================

これは、アドラー心理学で言うところの、相手に対する「尊敬」、
「7つの習慣」で言うところの、「信頼」を表しているのではないか、と思います。

全ての人の中に、その人の理想を見る。

教育とは、その営みなのかもしれませんね。



変な人の書いた世の中のしくみ (サンマーク文庫) [ 斎藤一人 ]​​​​






最終更新日  2019年10月27日 11時12分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[共に生き、共に育つ] カテゴリの最新記事

PR

プロフィール


にかとま

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

カレンダー

バックナンバー

お気に入りブログ

予測しにくい 2019.… New! 森3087さん

コメント新着

 日本海ファクトリー@ Re[2]:学習内容を好きなことに関連付けて、本人にとって意味ある学習に(11/29) にかとまさんへ 迅速に、また適切に対処…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.