1661665 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

きょう聖(ねこミミ)

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

日記/記事の投稿

カテゴリ

フリーページ

おすすめ書籍:デマの正体


許されざる悪徳元弁護士 山崎正友の正体


謀略の裏にいる者たち


「被害者の会」の正体


日顕、大豪邸の大ウソ


謀略集団・妙観講


山崎正友とオウム真理教


竜年光らの難癖、全面敗訴


山崎正友の政治家騙し


矢野絢也の疑惑・暗躍


ニセ法主・阿部日顕


「政教一致」って、なあに?


ガセネタ屋、乙骨正生


菅直人の悪辣発言など


日顕宗は大敗北


竹入義勝の学歴詐称


元祖デマ男・藤原弘達


宗教弾圧の政治家は滅亡


矢野穂積による情報操作


永田偽メール事件の先例


山崎正友一派の大ウソ


元祖デマ雑誌・月刊ペン


竹入義勝を糾弾する


信平醇浩・信子の狂言訴訟


矛盾だらけ日顕の血脈相承


盗聴報道裁判で妙観講敗訴


選挙といえば共産党のデマ


乙骨正生、6件目の敗訴


政教一体ってなあに?


思想・哲学・指導


人間のための宗教


忘れ得ぬ恩師の指導


創価の父・牧口先生の指導


7・3、創価の師弟の日


いじめた側が100%悪い


政治について


「水俣病」の50年を考える


「靖国問題」ってなあに?


公明党の教育提言


【小説】ガンダムAGE


ガンダムAGEの2話、3話を作り直す 上


ガンダムAGEの2話、3話を作り直す 下


ガンダムAGEの4話を作り直す


ガンダムAGEの5話、6話を作り直す 上


ガンダムAGEの5話、6話を作り直す 下


ガンダムAGEの7話、8話を作り直す 上


ガンダムAGEの7話、8話を作り直す 下


【小説】ウェア・ウルフ


【小説】ウェア・ウルフ その1


【小説】ウェア・ウルフ その2


【小説】ウェア・ウルフ その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム


【小説】ねこミミ☆ガンダム 1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第2話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その?


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第3話 その4


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第4話 その他


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第5話 その3


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その1


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その2


【小説】ねこミミ☆ガンダム 第6話 その3


副腎疲労と低血圧に勝つ!


副腎疲労と低血圧に勝つ! 間食について


低血圧に勝つ!コレステロール+ホルモン


ロカボ食で低血圧がよくなった


日本人の歯の健康を守れ!


2008年02月01日
XML
カテゴリ:創価学会ニュース
2008年2月1日 21:34:16

 池田SGI会長にロシアから、「顕彰メダル」(1998年)、「感謝状」(2004年)に続き、「友好勲章」が贈られた。

 世界は変わってきているのです。

 日本は知らんけどw

聖教新聞2008年2月1日

ロシア国家が叙勲を決定
池田SGI会長に友好勲章


プーチン大統領令を発布
露日友好に多大な貢献
「人類を結ぶ活動に」第一級の有識者が推薦


 ロシア連邦政府が、池田SGI(創価学会インタナショナル)会長に、「友好勲章」を叙勲することを決定した。

 同勲章は、ロシア連邦政府が外国人に対して授与する国家勲章。

 プーチン大統領が1月9日に署名し、発布された叙勲の大統領令には「ロシア連邦と日本の関係発展、交流の深化に対する多大な貢献を讃え、池田大作・創価学会名誉会長に友好勲章を授与する」と記されている。

 若き日より、両国の友好の未来を展望してきたSGI会長。いまだ冷戦下であった1974年9月には、「平和を願う、同じ人間がいるからです」との信念で、ソ連に第一歩をしるした。

 以来、ソ連・ロシア訪問は6度を数え、コスイギン首相をはじめ歴代の国家指導者と会見。

 90年には、ゴルバチョフ・ソ連大統領がSGI会長との会見で、国家元首として初めて日本訪問の時期を明言するなど、両国交流の歴史に、大きな足跡を刻んできた。

 また創価大学、民音、東京富士美術館などを通しての教育・文化交流も、両国友好に広く貢献している。

 今回の叙勲の決定については、推薦人に、ゴルバチョフ元ソ連大統領、連邦議会のバブーリン国家院(下院)副議長、ドラグンキナ連邦院(上院)議員、モスクワ大学のサドーヴニチィ総長、宇宙飛行士のセレブロフ博士、キルギス出身の作家アイトマートフ氏という第一級の有識者が名を連ねている。

 このほどベールィ駐日ロシア大使から寄せられた決定通知書には、「貴殿の雄大な思想、地球規模及び地域の最重要課題に対する真剣な取り組み、人類を文化で結ぶ活動、世界の諸民族の哲学思想に対する造詣の深さは、大変に有名であり、深く尊敬されています」

 「貴殿はロシアの善き友人であります」「貴殿のような方こそが、自らの楽観主義とエネルギーで、露日関係の可能性を最大限に開花させることができるのです。その証が、このたびの貴殿への褒章に関する大統領令であります」と綴られている。

 日露交流に尽くしてきた偉業を讃える、ロシア国家の最高栄誉である。









最終更新日  2008年02月01日 21時36分23秒
[創価学会ニュース] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.