000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

すずめさんの気まぐれ日記

PR

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

カテゴリ未分類

2013年09月19日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
お久しぶりです。

怠けている間に秋の気配が漂う季節になってまいりました。
朝夕は寒いくらいですが、風邪など引いている方はいらっしゃいませんでしょうか?
気を付けて下さいね。

先日の台風18号で被害に遭われた皆様には心からのお見舞いを申し上げます。


16日の10時20分頃、このブログでも皆様に可愛がって頂いたセキセイインコのメロンが他界致しました。
私が部屋に戻ると、待っていたようにバサバサと翼の音。
ハッとして鳥かごを見ると、メロンが下に落ちて翼を広げたままもがいています。
慌てて鳥かごから出して抱き上げ、両親に「メロンが・・・メロンが・・・!」と叫びながら連れていきました。
そのほんの10歩ほどの間にメロンの命がすうーっと消えていくのがわかりました。
父と母に代わるがわる抱かれて、
「お前はほんまにええ鳥やったなあ。賢こうて・・・」
「まあメロンちゃん、呼んだら誰のとこへも来たのに…」
とまだ温かいメロンの頭や翼をなでられるのを見ながら、私は言葉もなくただ涙があふれるばかりでした。

メロンが具合悪くなったのは6月の中頃の事でした。
鳴かなくなり、ふくれてじっとしている事が多くなりました。
水浴びもしなくなり、餌も食べる量が減りました。
義妹の猫がかかっている獣医を紹介してもらって行きました。
院長先生が小鳥類を診て下さるのです。
メロンは注射されました。
これで良くなったらいいなあと思っていましたが、あまり変わりません。

この間、ミントの介護ぶりは特筆に値します。
母鳥がヒナ鳥にするように、食べ物を吐き戻してメロンに与え、ひとまわり程体の大きいメロンの頭や頬の周りなどの毛繕いを丹念にしてやっているのです。
メロンは実に気持ちよさそうにじっとしていました。
オス同士でしたが、まるで夫婦のように仲の良い2羽でした。

病院にはあと2回行きました。
3回目には飲み薬をもらいました。
飲み薬を小鳥に飲ませるのはたいへんです。
とても嫌がるので私か父が捕まえて母が無理に口へ入れるのです。
それを朝晩。
メロンは止まり木に止まる力もだんだん衰えてきて、新聞紙を敷いた鳥かごの床に暖房器の下に頭を入れてじっとしていることが多かったのですが、私が覗くと慌てて「元気ですよ」と言っているように止まり木に嘴で登っていくのです。
だんだん体力がなくなっていくメロンにとってどんなに嫌な事だったでしょう、どんなに辛い事だったでしょう。
ある日、私は母に言いました。
もう薬はやめようと思う、あんなに嫌がるのにかわいそうだから。自然に任せようと思う、と。
母はすぐに賛成してくれました。
メロンは迷い鳥です。
途中からうちの子になった鳥です。
うちに来る前に何年たっているかわかりません。
病気ではなくて老衰かもしれないのです。

それから少し元気になったように見えました。
でも寒いのか昼間は父の襟の中に、夕方西日の入る私の部屋のガラス戸のそばで日向ぼっこをしていることが多くなりました。
私は暑い部屋でガラス戸を閉め切ったまま、汗まみれで厳しい残暑を過ごしました。

台風の朝、メロンは息を引き取りました。
掴むとあんなに逞しかった体はまるで体重がなくなってしまったかのように軽く、骨が鋭く突き出ていました。

風がやむのを待っている間、メロンの骸を私がいつも座っている椅子にハンカチを敷いて置きました。
するとミントがそばに飛んできて、じっと寄り添うように長い事離れませんでした。

私の部屋のすぐそばのキンモクセイの下に大好きだった鏡とともに埋めて、線香をたき両親と共に弔いました。
涙が止まりませんでした。

うちに来てちょうど6年。
もっともっと一緒にいたかった・・・



亡くなる2週間前に撮ったメロンの姿です。



DSCN2570.JPG


DSCN2572.JPG


長い間、可愛がって下さった皆様、メロンに代わってお礼申し上げます。
今まで本当に有り難うございました。

サヨナラ







最終更新日  2013年10月03日 16時38分00秒
コメント(5) | コメントを書く


2013年01月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
明けましておめでとうございます。
ほぼ2年ぶりの気まぐれ日記再開です。
少しずつでもいいからキーを打つことでリハビリになるかと思い、再開しました。
今年もよろしくお願い致します。

みぎさん、遅くなりましたがご就職おめでとうございます。
あなたならきっとすばらしい仕事をされると思います。






最終更新日  2013年01月01日 20時43分59秒
コメント(11) | コメントを書く
2011年03月21日
カテゴリ:カテゴリ未分類
この度、東北関東大震災が起きてしまいました。
被災者の皆様には心よりのお見舞いを申上げます。
また、亡くなられた方々に哀悼の意を捧げたく思います。
毎日テレビで放送される想像もつかない大惨事の映像を見て胸が潰れる思いでした。
どうか一刻も早く、被災された方々全員に救援物資が届きますように。
私、3月19日に退院致しました。
ご心配をおかけした皆様に心からお礼申上げます。
まだマウスを自由自在に扱うには時間がかかりますが、ひとまず区切りのついた思いでおります。
本当にありがとうございました。






最終更新日  2011年03月21日 12時44分05秒
コメント(16) | コメントを書く
2011年02月27日
カテゴリ:カテゴリ未分類
当ブログ管理人が病気入院したため、休止させていただきます。






最終更新日  2011年02月27日 08時49分36秒
コメント(24) | コメントを書く
2011年01月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
         deji1 003b.jpg


あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年はマル回目の年女です。
ついに私も…雫

大晦日は吹雪で大荒れ。
元旦の朝は雪が積もって雨戸が開きませんでした。
ここへ来て16年になりますが、こんなことは始めてです。


  DSCN1937.JPGA.jpg



  DSCN1939.JPGA.jpg

私の部屋からの眺め。
手前の台はスズメのための餌台です。
これでは餌台までも行けず、スズメ食堂は開店休業状態。



  HABOTAN

葉牡丹も冷たそう雪



   RSCN1959.JPG


メロンは大好きなおじいちゃんの手の上でぬくぬくとご機嫌です。

こんなふうに我が家の2011年は始まりました。

良い年になるといいですね。






最終更新日  2011年01月01日 17時01分51秒
コメント(12) | コメントを書く
2010年12月31日
カテゴリ:カテゴリ未分類
2010年。
いろんなことのあった年でしたが、もう10分くらいで暮れようとしています。upされた頃には年が改まっているでしょう。
拙いブログ、更新しないブログを応援してくださった皆様有難うございました。
どうぞ良いお年をお迎えになりますようお祈りいたします。

   DSCN0450.JPG

   DSCN0890.JPG


   deji1 028a.jpg


   tyery



来年も、いえ今年かな、もどうぞよろしくお願いいたします。







最終更新日  2011年01月01日 00時15分40秒
コメント(8) | コメントを書く
2010年02月01日
カテゴリ:カテゴリ未分類
コメントをくださった皆様、お返事が遅くなり申し訳ございません。
皆様の所へご訪問もせず、「なんて奴」と思われたことと思います。
思ったように食べられず、喋れず、何をする気力もなくしていました。

でも皆様からの暖かい励ましのコメントはいつも携帯で読ませていただいていました。
私はうさぎのように臆病で、精神的にも弱い人間です。
でも皆様からのコメントを何度も読むうちに、良い方に考えようと思い始めていました。

インプラント埋入は5箇所。
普通の骨なら問題なかったのですが、私の骨が薄いため補強の土台を入れる作業があり、おまけに一度の手術に耐えられなかったので、何回かに分けてすることになりました。
明日2度目の土台を入れる手術を受けることになっています。

最初の手術の時は不安ばかりでしたが、今は不安と恐怖におののいていますしょんぼり
全身麻酔ならどんなに楽だったでしょう。
でも選んだのは自分ですから、頑張らなければと思います。

かかりつけのその歯科医はこの辺りでは得がたい、ハンディを持つ人やお年寄りを積極的に受け入れてくださっている先生です。
先生にお任せするしかありません。
明日、頑張ってきます。


2


遠い日の天使さん、お豆腐料理のレシピ有難うございました。
おいしそうです。
プリントアウトしました。
母にお願いしてもう少し食べられるようになったら作ってもらおうと思います。



deji1 006.jpg

暖かい部屋に入れてある蘭がいつの間にか咲いていました。



DSCN0783.JPG

ちょこりんさん、メロンも元気です。
相変らず自分が映っているものが好きです。








最終更新日  2010年02月01日 16時11分48秒
コメント(14) | コメントを書く
2009年02月19日
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日から大阪のドーンセンターで展示会が始まりました。
大阪の友人が行ってくれて、写メールをたくさん送ってくれました。
個人の作品をアップでというのは、差し障りがあるかもしれませんので、その中から数点ご紹介します。

          
          6
          会場のドーンセンター

          
          5

        
       .[1]
         展示場内の様子です。 

        
       2009-02-19 16:33:20

          
          3

        
        syo
           書道や手芸作品もあります。


友人は係りの人に、三重県の京うさぎさんの作品はどこにありますか?ときいてくれたようです。
途中で電話がかかってきました。

なかったよ、今年は展示されるように頑張りやぐー

その一部始終を聞いていらしたのが、ブログのお友達、遠い日の天使さん。

お体、辛かったのに2時間もかけて行ってくださったそうです。
感想を書くノートにも書いてくださって・・・。
真っ先に行ってくださった天使さん、本当に有難うございました。
お疲れになりませんでしたでしょうか?

そして同じく最初の日に仕事も休んで駆けつけてくれたFURUちゃん、有難うm(_ _)m

感謝で一杯です。







最終更新日  2009年02月19日 17時28分47秒
コメント(12) | コメントを書く
2009年02月04日
カテゴリ:カテゴリ未分類
           SD-spring01t.gif


今日はお天気も良く、暖かでした。
皆様の所ではいかがだったでしょうか?

今日、嬉しいお便りがありました。
遠い日の天使さんからおはがきをいただいたのです。
天使さんがカツオさんのブログのきり番を踏まれた時のプレゼントのおはがきでしたよ。
これです。

DSCN0939.JPG


写真が下手でボケてしまってますショック
ごめんなさい。

満開の桜の下、柔らかな草を踏んで仲良く踊る子供達です。
とても優しい色使いで描かれています。

春の日差し
草の匂い
花の香り
子供達のはしゃぎ声
軽やかなリズム 手拍子
メジロやヒヨドリが飛んできて
桜の花びらが舞って
ちょっと霞んだ空
もしかしたらこの子達は春の妖精?

と、いろんな想像をしてしまいます。
これを描かれた画家さんは夭逝されたそうですが、優しい方だったろうなと思います。
こんなふうに想像をかきたてられるような、自由な絵が描けたらいいですね。
天使さん、この絵を選んでくださって有難うございました。


       1

絵と言えば、肢体不自由児・者の美術展の巡回展示についてお知らせです。

福岡県が1月22日から26日の開催で、終わってしまっていました。
福岡に住んでいらっしゃる方が、お忙しいのにわざわざ見に行ってくださったのです。
でもスペースの関係で、私の作品は展示されていなかったそうです。
残念です、本当に。

大阪府開催
2月18日(水)~21日(土)
ドーンセンター(大阪府立女性総合センター) 1階パフォーマンススペース
大阪市中央区大手前1―3―49

      ここです

大阪では展示されればいいなと思います。
もしお暇がある方、興味のある方はいらしてください。
皆さん、力作揃いです。









最終更新日  2009年02月04日 21時36分06秒
コメント(11) | コメントを書く
2009年01月22日
カテゴリ:カテゴリ未分類
お正月からこんな日記や写真もどんなものかと思い、見合わせていましたが、大晦日の夜、我が家の前で自動車事故がありました。

夜、7時前頃だったと思います。
パソコンに向っていると、ド~ン!というすさまじい音と地響き。
ビックリして、部屋から飛び出しました。
「何?今の何?誰かー」
と大騒ぎしたのですが、父は入浴中。弟は留守。母は耳が遠くて「そう言えば何か音がしたな」という状態。
2階から義妹が下りてきました。
ギャアギャア騒いでいる私に「誰か転んだのかと思った」と義妹。
「あれは普通じゃないよ。何か事故やで!」と私。
義妹が外へ出てみました。
私も玄関のドアを開けてみると、門の前に白い乗用車が止まっています。
「お姉さん、ビンゴ」と義妹。
我が家の門の前には電柱が立っているのですが、そこに車が激突したのです。
救急車を呼ばなければならないだろうかと思い「運転手は?」と訊くと、しばらくして「大丈夫」と義妹。
それと同時に「最悪~~!」という若い男性の声。

父がお風呂から上がるまで義妹が一人で交渉していました。
私は少し前に家に車が飛び込んできて、庭にいた親子3人が亡くなったというニュースを思い出し、足が震えて動けずショック

警察が来る、電力会社は来る、の大騒ぎになりました。

私も母も役立たずで、父と義妹にまかせました。

でも絶対写真が欲しかったので、父に一部始終を撮ってもらいました。
ブログ根性というか、野次馬根性というか・・・雫


DSCN0796.JPG

電柱に激突!


DSCN0798.JPG

車は大破 



DSCN0800.JPG

我が家のフェンスと電柱の間にはさまったようです。


DSCN0802.JPG

車を移動させると電柱が倒れる恐れがあるので、電力会社が電柱を支えている間に、クレーン2台で引っ張り出しました。


DSCN0803.JPG

電柱も大破

門の横に置いてある弟のバイクやフェンスと平行に駐車している弟の車にも接触していたようですが、たいした被害はありませんでした。

車に乗っていたのは21歳の大学生で、アルバイト明けに実家へ帰る途中で、一瞬居眠りしたようです。
エアバッグが膨らんだのと衝撃で目覚めたようです。
腕や足に擦り傷と打撲はあったものの、命に別条なく、迎えに来たお父さんが病院へ連れて行かれました。
また通行の人が巻き添えになる事もなく、いつもならたくさん遊びに来ていてこの時間帯に帰る甥の友達もこの日は来ていなかったことが不幸中の幸いでした。

電柱は修理が必要です。
今は応急処置中。
痛々しいです。

DSCN0873.JPG


フェンスも取替えなければなりません。

DSCN0876.JPG

運転される皆様、車は一瞬の油断が命取りになります。
どうぞ気を付けて運転されますように。







最終更新日  2009年01月22日 22時22分39秒
コメント(16) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.