423308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Jun , 2021
May , 2021
Apr , 2021
Mar , 2021
Feb , 2021
Jan , 2021

Headline News

Category

Aug 22, 2009
XML
カテゴリ:映画の感想

お台場でガンダムを見てきた・・・とは関係ないですが、ドキュメンタリー映画『宇宙へ。』を観てきました。
公開初日、2日目の8/21,22は特別料金500円です。

20090822p_宇宙へ。.jpg

1958年に設立されたNASAの50年の軌跡。
有人宇宙飛行の「マーキュリー計画」。
複数の人間を宇宙に送り、ランデブー飛行を行った「ジェミニ計画」。
月に到達した「アポロ計画」。
そして、スペース・シャトル。
記録された映像によるドキュメンタリー。

20090822p_宇宙へ。_pa02.jpg 20090822t_宇宙へ。.jpg

映画の雰囲気は、科学館や博物館で上映される映画という感じです。
余計な演出はなく、淡々と記録映像が展開されます。

NASAの歴史なので、スプートニクやガガーリンは出てきません。
テーマは「人類の宇宙への挑戦」ではなく、「NASAの宇宙への挑戦」です。
50年の歴史を紹介するために、一つ一つの事柄はあまり掘り下げられません。
月着陸のくだりは、わりと大きめに取り上げられていますが。

とにかく、映像は本物だけあって、なかなか良いです。
うまくいった飛行だけでなく、ロケット打ち上げ失敗の映像などもあります。
「ラップトップコンピュータにも劣る・・・」といったナレーションが流れますが、当時のコンピュータは今のものよりはるかに低いと聞いたことがあります。(ロケットに積まれたコンピュータは初代ファミコン以下だったとか・・・8bitだし)
まさに冒険ですね。
研究室でも十分なシミュレーションができないだろうから、飛ばしてみないと・・・というのもあるだろうし。

アポロ1号の地上での事故を越えて、月着陸へ。
この辺も淡々と紹介されます。
アポロ11号の着陸時に出ていたエラーなど詳細な部分は、月着陸にテーマを絞った「ザ・ムーン」でやっていましたので、そちらも観てみるのがオススメ。

そして、スペースシャトルの時代へ。
2回の事故が紹介され、「それでもわれわれは宇宙を目指す。」といった感じで終わります。

詳しく知っている人が観ると、ひとつひとつの事柄が軽く触れられている程度なので、ちょっと物足りない感じがするかもしれません。
でも、本物の映像はなかなかすごいです。
一見の価値はあると思います。







Last updated  Aug 24, 2009 01:04:10 AM
コメント(2) | コメントを書く
[映画の感想] カテゴリの最新記事


Calendar

Comments

きーさく@ Re:再開~(05/13) cyazさん、コメントありがとうございます…
cyaz@ 再開~ TB&ありがとうございますm(__)m この…
きーさく@ Re:すごいアニメでしたね。(04/24) mkd5569さん、コメントありがとうございま…
mkd5569@ すごいアニメでしたね。 1話からの展開のまとめ方がお見事です。 …
きーさく@ Re[1]:静岡ガンダム(03/20) 一緒に行ったうらたさん、コメントどうも…

© Rakuten Group, Inc.