366230 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Jun , 2019
May , 2019
Apr , 2019
Mar , 2019
Feb , 2019
Jan , 2019

Headline News

Category

Apr 23, 2011
XML
カテゴリ:映画の感想

以前にチラシをもらってきて気になっていたので、TOHOシネマズ六本木ヒルズまで行って観てきました。
ハートフルなフランスのアニメ映画です。

イリュージョニスト.jpg

1950年代のパリで昔ながらのマジックを披露していた、初老の手品師タチシエフはパリの劇場を解雇されてイギリスに渡り、スコットランドの離島にやってくる。
島の小さなバーで手品を披露したタチシエフは貧しい少女・アリスと出会う。
タチシエフのことを魔法使いと信じだアリスは島を離れる彼の後を追う。

2人は言葉が通じないながらもエジンバラで暮らし始める。

20110423t_イリュージョニス.jpg

独特の雰囲気がある、とてもいい映画でした。
セリフもほとんどなく、ビジュアル中心でストーリーが進みます。

時代に取り残され、落ちぶれて各地をまわるタチシエフ。
パリ~ロンドン~スコットランドの離島とまわる風景がきれいです。
そして、ところどころにユーモアもあふれています。

離島のバーで働く少女・アリス。
はじめてマジックを見、壊れた靴のかわりをもらったことからタチシエフを慕い、追いかけます。

都会・エジンバラの芸人たちが集まる安宿で暮らし始める2人。
タチシエフは英語ができないので会話もないですが、父娘のように暮らします。
他の住人たちもユーモラスです。

タチシエフを魔法使いと信じるアリスはいろいろなものを望み、タチシエフもそれに答えようとしますが・・・
貧しいけれどアリスの夢を壊さないように仕事を選ぶタチシエフがけっこう良いです。

そして最後は・・・
なぜタチシエフがアリスの世話を焼いたかについて、ヒントが示されます。
説明しすぎず、観ている人に任せているところががけっこう好きです。

アニメで描かれるエジンバラの風景もとてもきれいでした。
雰囲気もよく、観に行って良かったです。

 

トラックバックはこちらへ。







Last updated  May 21, 2011 11:58:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画の感想] カテゴリの最新記事

Calendar

Comments

きーさく@ Re:再開~(05/13) cyazさん、コメントありがとうございます…
cyaz@ 再開~ TB&ありがとうございますm(__)m この…
きーさく@ Re:すごいアニメでしたね。(04/24) mkd5569さん、コメントありがとうございま…
mkd5569@ すごいアニメでしたね。 1話からの展開のまとめ方がお見事です。 …
きーさく@ Re[1]:静岡ガンダム(03/20) 一緒に行ったうらたさん、コメントどうも…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.