Jan 1, 2011

日本インターネット映画大賞:2010年度日本映画投票

カテゴリ:映画の感想

今年も日本インターネット映画大賞投票のお誘いを受けましたので、投票させていただきます。
まず、日本映画です。

-----------------------------------------------------------------

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「告白」           8点
  「十三人の刺客」       5点
  「カラフル」         3点
  「トイレット」        3点
  「涼宮ハルヒの消失」     2点
  「おとうと」         2点
  「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」    2点
  「必死剣 鳥刺し」      2点
  「最後の忠臣蔵」       2点
  「宇宙ショーへようこそ」   1点
【コメント】
やはり、2010年一番のインパクトは「告白」です。
あと、アニメも良作が多かったです。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [中島哲也] (「告白」)
【コメント】
ああいう話を「見せる」技量はすごいの一言です。

【主演男優賞】
   [役所広司] (「十三人の刺客」「最後の忠臣蔵」)
【コメント】
「武士」です。

【主演女優賞】
   [仲里衣沙] (「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」)
【コメント】
あそこまでやってくれるとは・・・

【助演男優賞】
   [稲垣吾郎] (「十三人の刺客」)
【コメント】
アイドルのイメージからは程遠い、残忍でキチ・・・な殿様がよかった。

【助演女優賞】
なし

【ニューフェイスブレイク賞】
なし

【音楽賞】
なし

【ブラックラズベリー賞】
  「SPACE BATTLESHIP ヤマト」
【コメント】
なにもいうまい
-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [一畑電車] (「RAILWAYS 49歳で電車の運転手になった男の物語」)
  「とてもいい作品の舞台賞」
【コメント】
車輌デハ50系のほか、一畑口駅のスイッチバックや沿線風景がとてもよかったです。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
---------------------------------------------------------
-------- 






TWITTER

Last updated  Jan 1, 2011 09:09:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
[映画の感想] カテゴリの最新記事