091749 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

~Anabatica 風に乗って~

PR

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

音楽

2009年05月25日
XML
テーマ:フルート(399)
カテゴリ:音楽
昨日はフルートオーケストラの練習の日でした。

来年の定演に向けて練習をスタート。
来年はモーツアルトをやるようです、、。♪♪♪

さて、昨日の練習で、オーケストラ所有のアルトフルートを
次回の練習までのお約束で借りて帰ってきました。

右の写真の上が今回借りてきたアルトフルートで
下が私の持っている普通のフルートです。
普通のフルートがやけに小さく見えますね!

写真ではよくわかりませんが、管の直径が少し大きくて
その分音は低くなります。

返却までの2週間、遊ぶ楽しみができましたうっしっし






最終更新日  2009年05月25日 07時53分56秒
コメント(6) | コメントを書く


2009年05月22日
テーマ:フルート(399)
カテゴリ:音楽
変わったタイトルです、、(笑)

ドルドラとはフランティシェク・アロイス・ドルドラさんのことで
チェコの作曲家・ヴァイオリニストです。
Franz Drdla, 1868年11月28日 - 1944年9月3日

私は週1回フルートの個人レッスンを受けているのですが、
今度レッスンに通っている生徒さんたちの発表会があり、
私はこのドルドラさん(笑)のセレナーデという曲を吹きます。

セレナーデは私にしては珍しく長調の曲です。
(わりと暗めの短調の曲が好きです、、、)
なんとなく、舞踏会で流れるダンス曲のようなイメージがあり
男女のカップルがクルクル回っているような映像が思い浮かびます。
今回は明るくパーンっと吹こうと思っています。

約1ヶ月前に楽譜を先生から頂き、
現在完成度は6割りくらいかな。

残りの4割は指が転ぶ所が数箇所と、強弱とフェルマータで止まる所。
そして、高音の響き。
あともう一息。


頑張ります♪♪♪







最終更新日  2009年05月22日 22時59分56秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年05月19日
カテゴリ:音楽
日曜日にフルートオーケストラの
定期演奏会がありました。

雨が降ったり止んだりでしたが
私のブログに来てくださるケイトさん
をはじめ、サッカー部のお母さん達も来てくれて
とっても嬉しかったです。

右のプードル、実はお花でできてるんですよ!
ケイトさんが作って持ってきてくださったんです!
かわいい~でしょ!
頭の上に突き出ているように見えるのは
しっぽです。後ろ足もついてて本当にかわいいんです。

演奏会に出演するのは、今年で3回目。だいぶ慣れてきました。
初回の時は演奏するのに緊張して震える感じがありましたが
今回は指揮の先生が練習中に指示された事などを思い出したり
演奏に集中することができました。

曲と曲の間にMC(司会の方がお話しをする)の時間があり
その間、指揮の先生が客席を背にして次の曲のテンポを指で合図されていて
その指の動きを見ながら曲の出だしのイメージが作れたのもとてもよかったです。
出だしの音をなんのためらいもなく吹けました。

練習の時、フォルテで出る曲はタイミングなどが合ってるかどうか心配になって
出だしの音を思いっきり吹けなかったりしたのですが、
これからはバッチリできそう。本番で自信がつきました。

席は一番後ろでしたが、低音、高音が良く聞こえ、
全体や指揮の先生もよく見えてとても良い席でした。

フルート族によるフルートオーケストラは「みんなで吹くから怖くない」。
本当にその通りで、ソロで吹くのとは全く違う安心感と
ハーモニーを奏でる楽しさがあります。

でも、みんなで吹くからって上手な人の足を引っ張ってはいけないので
私自身もフルートの腕をもっとあげないとな。。。

次回はどこのパートを吹くかわかりませんが、
また来年に向けて頑張って練習しよっと!






最終更新日  2009年05月19日 11時50分09秒
コメント(8) | コメントを書く
2009年04月13日
カテゴリ:音楽
フルートはちゃんと習い始めて3年になるのですが、
月3回のレッスンの他に、月に2回フルートオーケストラの練習にも参加してます。

フルートオーケストラというのは
ピッコロ、フルートをはじめ、アルト、バス、コントラバスなど
低い音が出るフルートもあり、形が様々な「フルート族」で構成されています。
会員は全部で50名ほど。

そのオケの定演が5月に市内のコンサートホールであり
練習も仕上げに入ってきました。

クラシックから映画音楽など様々な音楽を演奏していますが
今回の定演はメンデルスゾーン生誕200年記念として前半
「真夏の夜の夢」や「交響曲第4番イタリア」、「フィンガルの洞窟」など4曲、
後半は良く知られたクラシックでまとめられており
「剣の舞(ハチャトリアン)」、「あし笛の踊り(チャイコフスキー)」
「カルメン(ビゼー)」などで、前半後半合わせて12曲演奏します。

足を引っ張らないように残りのひと月必至で練習頑張ります!







最終更新日  2009年04月13日 10時19分52秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年04月06日
カテゴリ:音楽
昨日地元フルート師匠のコンサートがありました。
私はビデオ担当で緊張しながら師匠の演奏をビデオに収録。
うまく撮れているといいのですが、、。

ピクニックというタイトルの通り
大人も子供も楽しめるというコンセプトで
有名なくるみ割り人形から「花のワルツ」があったり
「崖の上のポニョ」があったり。
ピアノソロではベートーベンの「月光の曲」もありました。

時には生の演奏を聞くチャンスがあるといいですね。
ビリビリと脳が刺激を受けているのを感じました。

パフスリーブのロングドレスをまとった師匠の演奏は美しく
うっとりしてしまいました。
あんな風に吹けたらいいのになぁ。






最終更新日  2009年04月06日 12時12分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年12月25日
カテゴリ:音楽
発表会無事に終わりました。

やはりCDのスピードが自分の吹きたい速度よりちょっと速めで
それが気になりましたが、
とりあえずミスなく、吹く事が出来ました。

ミスなしはひょっとして初めてかも!
途中ピッチが怪しかった所はありましたが、
ビビラートもかからず?頑張りました。

いつか吹いてみたい曲ということで
アメリカで購入した楽譜でしたが、
もう吹いてしまった(笑)

楽譜を買った当時は1小節すら息が持ちませんでしたが、
あれから比べたら、上達したのかな、、、(笑)

まだまだ、、これから!








最終更新日  2008年12月25日 21時54分14秒
コメント(5) | コメントを書く
2008年10月24日
カテゴリ:音楽
新米が美味しい季節になりましたね。
お米がおいしいと、料理も楽しくなります。

最近台所で出る鼻歌が、「思秋期」-岩崎宏美。

昭和52年の歌だそうです。
当時からわりと好きな歌でしたが
この年になってまた聞いてみると、とても味わい深い歌で、
改めて作詞家/作家の阿久悠ってすごいなと思ってしまいます。
というか、、私が当時の阿久悠さんの年に追いついたということか。
当時岩崎宏美はまだ10代?
歌唱力抜群の彼女だが、さすが、、よく歌っていたなと思う。


笑いころげたあれこれ、、思う、、秋の日。

まさにそんな秋の日を送っています、、、、

思秋期-岩崎宏美











最終更新日  2008年10月24日 09時48分42秒
コメント(5) | コメントを書く
2008年10月13日
カテゴリ:音楽
ヤマハの音楽の祭典に出演してきました。

今年で3回目になりますが、
3回目くらいになるとだいぶ慣れてきて、とっても楽しかった!
最初の頃は人の音が気になったり、緊張しまくりでしたが、
今年はもう数曲演奏したいくらいの余裕が生まれてました。
というか、曲の難易度が私にちょうどよかったのかも(笑)

アレンジもヤマハらしく、
バックバンドやクラリネットとのコラボ。
私はちょうどパーカションセクション(プロ)の前だったので
いろいろな音が後ろから聞こえてきて面白かった!

同じコンサートでも色々ありますね。
フルートオケは美しいシャンデリアが輝く大ホールで演奏。
一方、このヤマハのイベントは、
スモーキーなステージと曲調に合わせた素晴らしいライティングワークが施される。

演奏した曲は
・ラコツキーマーチ(クラシカルに)
・ユー レイズド ミー アップ(ポップス風に_バイオリンソロ入り!)
・グリーン スリーブス(ジャズワルツ風に)

他にもサックスやトランペットの管楽器系や
バイオリン科によるモーツァルト交響曲NO25ト短調1楽章など
聴きごたえたっぷり。

音楽の秋!音楽はやっぱり楽しくなくちゃ!スマイル
今日一日、お腹いっぱいになりました。






最終更新日  2008年10月14日 14時42分49秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年10月06日
カテゴリ:音楽
ここの所いろいろ忙しいため今年の笛祭りへの参加は見送った。
でも本番は見に行こうと足を運んだ。

演奏者として参加した事があるためか
練習の風景などが見え、
またステージと客席の響きの違いなどいろいろなことが
頭の中を巡った。

大人の部の後半はモーツァルトのジュピーターを全楽章演奏。
曲にメリハリがあり、素晴らしかった。
30分が短く感じた。
思わず練習中の指揮者の指示を想像してしまった。
きっと指揮者の先生、モーツァルトが好きなんだね、、。
指揮棒を振る背中からそんなメッセージが伝わりました。

それと、ホールど真ん中に座って聞いていたのだが、、、
時々ものすごく良い音が聞こえてきた。
あれだけ沢山の笛の中から何故か一本抜き出て良い音が出ている笛をキャッチ。
ソロのフレーズだったのだろうか?
ちょうど肩こりのつぼを押されたような感覚。あーそこそこ。。というような
とても良い音だった。。。。

出演のみなさま、お疲れ様!

--------------------------------------
◆観客に回ってみて勉強になったこと◆
速いパッセージの箇所が揃っていなくてワヤワヤっと聞こえた箇所があった。
なるほど、、、沢山の人でピタットそろえるのは難しいんですね。。。
メトロノームでの練習が大切なんだなと感じました。






最終更新日  2008年10月06日 08時59分52秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年10月04日
カテゴリ:音楽
今日は天気がすこぶるよかった。スマイル

気分も良く、こんな日はフルートの調子も何故か良い。

3つのロマンスの本番まであと一月となり、
3つの中から2と3楽章を吹くことに決めた。

3楽章は上がったり下がったり、早くなったり遅くなったり、とても面白い曲。
3つの中では滑らかな2楽章が良く知られているのだが、
アマノジャクな私は演歌調な?この3番が気に入っている。

調子が悪い時=力が入っている、、、のは最近よくわかってきた。
わかっていても中々力が抜けないのだが、
今日の青空と陽気のお陰で久しぶりに良い感じで吹けた。

あと一月。ほどよく肉を付けて良い仕上がりに持って行きたい。







最終更新日  2008年10月04日 21時24分45秒
コメント(0) | コメントを書く

全114件 (114件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.