012848 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Disfruto el futsal:フットサルを楽しもう!

5人制のサッカー競技として、フットサルは日本においても徐々にではありますが普及してきました。人気アイドルグループで構成されるチームなどがテレビや雑誌に登場して知名度を上げたことも一因かと思いますが、厳しいフィジカルコンタクトが認められているサッカーとは違い、安全面において厳格なルールが設けられているフットサルでは、大人から子供、男女のわけ隔てがないため、「気軽に楽しめるスポーツ」として広く認知されてきたのが大きな要因でしょう。

プレイヤー一人一人が攻守の両面における役割が求められるため、常に全力でプレーすることが基本となります。そのため、どんなに上手い人でも必ず途中で交代し、体力を回復させ、次の出番まで待つというサイクルが続きます。このことはつまり、多くのプレイヤーがゲームに出場できるということになります。また、サッカーに比べてピッチの広さが限られているためポジションチェンジも激しく、誰にでも得点チャンスがあることも大きな魅力でしょう。

勝敗も大切ですが、競技を楽しむということを念頭に置いた場合、全員がピッチに立って、汗を流すことのできるフットサルは他のスポーツに勝るとも劣らない素晴らしいものだと思います。

フットサルは1994年に国際サッカー連盟(FIFA)が「FUTSAL」として、世界中のみにサッカーの統一を図ってから、Jリーグ なども会って日本でも競技人口が着実に増えています。1チーム5人で、コートもサッカーよりコンパクトな手軽さが人気の秘訣ですが、サッカーと異なる独特のルールも多いので注意が必要です。まずはコートの説明から…

コートの長さ(タッチライン)は25~42メートル(国際試合では38~42メートル)、幅(ゴールライン)は15~25メートル(国際試合では18~25メートル)となっています。

センターサークルはコートの中央に半径3メートルの円を描き、中央にセンターマークを描きます。ゴールラインと平行にセンターマークをとおるラインがハーフウェイラインとなります。

ペナルティーエリアはゴールラインから6メートルの位置に平行した3.16メートルのラインを描き、中心にペナルティーマークを置きます。左右はゴールのサイドポストから半径6メートルの円を描いて直線につなぎ、その中をペナルティーエリアとします。

フットサルの基本のフォーメーションといえるのが、1-2-1(ダイヤモンド)型で、トップに一人、両サイドに一人ずつ、後方に一人でダイヤモンドの形になります。攻守両面のバランスがよく、コート全体をカバーすることが出来る江、攻撃のバリエーションも豊富です。

また、2-2(ボックス型)も基本的なフォーメーションで、全方と後方に二人ずつ配置して、四角形になります。攻撃と守備の役割分担がハッキリしており、縦パスと横パスで敵陣に攻め込むが、後方二人は機を見て攻撃にも参加します。

一方、前線に一人残し、後方に三人を並べた守備的なフォーメーションが3-1(逆T字型)です。安定した守備が可能ですが、攻撃に転じるときはピヴォ(フォワード)がポストになってボールをキープし、後方の3人が上がってくるのを待つ展開になります。逆に前線に三人、後方に一人を配置する1-3(T字型)は最も攻撃的なフォーメーションとなります。

2011年01月10日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

試合は2チームで行われ、各チーム5人以下のプレーヤーから構成され(試合開始時は5人揃う必要あり)、1人はゴールキーパーとなります。交代要員は最大7人で、プレー中何度でも交代が可能です。交代で退いたプレーヤーも交代要員となり、再びプレーすることができるのは、サッカーにはないフットサル独特のルールです。

アウトオブプレーでもインプレー中でも交代ができます。コートを出るプレーヤーは交代ゾーンから出ますが、完全にタッチラインを超えてから、交代するプレーヤーは交代ゾーンに入ります。もしコートに出るプレーヤーがタッチラインを越える前に中に入ったら、イエローカードとなり、ボールがあった場所から相手チームに間接フリーキックを与えしまうので気をつけましょう。

タッチラインを割ったとき、サッカーではスローイングでリスタートしますが、フットサルではボールが出た地点からキックでプレーを再開します。このとき、ボールはライン上に静止させ、キッカーはいずれかの足をライン上からインの外のコート面につけて蹴る必要があります。

またボールを保持してから4秒以内に蹴らないといけません。これらを守れない場合は相手チームのキックインになります。またキックインから直接ゴールを狙うのは認められません。

攻撃側が最後にボールに触れてゴールラインを割った場合、ゴールキーパーはペナルティーエリア内の任意の地点からボールを投げてプレーを再開します。直接ゴールを狙えず、キックをしてもいけません。味方から戻されたボールをキーパーが受けてしまったときや、キックイン同様にボールを保持してから4秒以内に投げなかったときには、相手側にペナルティーライン上での関節フリーキックを与えることになります。







最終更新日  2011年01月10日 18時58分40秒

PR


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.