058866 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

LA CAVE DE KOHYO

2017.07.29
XML
テーマ:楽天写真館
カテゴリ:カテゴリ未分類
新商品の紹介

 フランス産(IGPペイドック)ワイン

 商品名:「フランソワ・リュルトン レ・オート・ジャニル・赤、白」

 生産者:フランソワ・リュルトン社
 産地 :フランス・ラングドックルーション
 格付け:IGPペイドック
 ぶどう品種:赤・シラー、グルナッシュ
       白:グルナッシュ・ヴィオニエ
 味わい:赤、典型的なラングドック地区のワインで、スパイシーで香り豊かなワインです。
       後口にぶどう本来の甘みを感じ、鶏料理や赤身肉によく合います。少し冷やしても美味しくお召し上がり頂けます。
     白、桃や花の香りと、ほんのりいぶした香りを持ち、ボリューム感のある飲み口です。
       ソーセージやハム、スモークサーモンなどとの相性が抜群です。

~ 生産者:フランソワ・リュルトン社について ~
フランソワ・リュルトンは、かつては第1級シャトーであるシャトー・マルゴーを所有し、現在でもボルドー全域に多くの有名シャトーを所有するリュルトン一族の一人。フランソワ・リュルトンは父であるアンドレ・リュルトンの元でワインについて学び、1983年にモエ・エ・シャンドン社の地方販売責任者としてキャリアをスタートさせた。1985年に父の会社であるアンドレ・リュルトン社に入社し、マーケティング、企業経営について学び、1988年に兄弟であるジャック・リュルトンと共に、現在の会社の前身にあたるジャック&フランソワ・リュルトン者を設立。1996年に父親の会社であるアンドレ・リュルトンから完全独立して以降、ボルドーだけでなく、ラングドック、スペイン、イタリア、アルゼンチン、チリなど世界中を駆け回り、地球規模で高品質ワインの生産、またそのマーケティングに勢力を注いでいる。現在ジャックは会社を離れ、社名もフランソワ・リュルトン社とし、長年ワインに従事してきたリュルトン一族の知識、技術を最大限に活用し、世界中で高品質なワインを生み出している。

~ フランソワ・リュルトンを魅了するラングドッグ&ルーション地方の魅力 ~
フランソワ・リュルトンがラングドッグ&ルーション地区に魅了されたのは1980年代である。父親のアンドレと共にぶどう畑を探しにこの地区を訪問した際、一族が拠点とするボルドーとは全く異なったスタイルのワイン製造のできる、新たな魅力を持つ土地であると見出した。当時、ラングドッグワインはフランスワインの中でも日の目を見ることが少なかったが、フランソワは、この地区が高品質ワインからデイリーワインまで、全てのレンジをカバーすることのできるポテンシャルを持つと確信し、自身のワインによってその魅力を証明することを決意し設備投資を行った。彼らの功績は瞬く間に世界中にラングドッグ&ルーション地区を知らしめ、現在に至るラングドッグ&ルーション地区の個性豊かなワインの礎を築いた。







Last updated  2017.07.29 11:04:13
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.