098376 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LA CAVE DE KOHYO

全7件 (7件中 1-7件目)

1

2021.04.20
XML
カテゴリ:チリワイン

㈱交洋の東野です。

少し間が空きましたが、再びペアリングコンテスト受賞ワインの紹介です!

※ 食とのペアリングを切り口にしたコンテストで、オイスター、ビーフ、ラムの3部門が開催されました。

 

クレマスキ シングルヴィンヤード カベルネ・ソーヴィニヨン

きらきらきらきらグランドビーフ賞受賞きらきらきらきら

 

 

 

参考小売価格:¥1,350/本(税別)

 

★ペアリングコンテストの評価

味わい、タンニン、酸がハッキリした明解な印象。軽やかでチャーミングだが、開いた後の変化も楽しめる。

牛カルパッチョ、味の濃いソースをかけた牛肉料理にもおうし座

 

 

クレマスキワイナリーはカベルネ・ソーヴィニヨン、シャルドネをはじめ、カルメネーレやジンファンデルなど、
様々な品種の栽培をしており、お手頃価格のものからちょっといいワインまで造っています。
ブドウは全て手摘みで収穫され、お手頃価格のワインでも手抜き感のないしっかりした味わいがあります。
彼らのワインは様々なコンクールで受賞した実績があり、評論家のヒュー・ジョンソン氏の注目も得ているそう。

これまでは安さ・コスパの良さを売りに広まってきたチリワインでしたが、
ヨーロッパのワインも2019年の関税撤廃によって同じ土俵に上がってきました。
安さだけでは生き残れない中、品質が国際的な評価を得ているのは大きな強みですよね。

 

 

【クレマスキのワインはこんな商品もあります】

・クレマスキ シングルヴィヤード シャルドネ     参考小売価格:¥1,350(税別)

・クレマスキ レゼルバ カベルネ・ソーヴィニヨン   参考小売価格:¥1,000(税別)

・クレマスキ レゼルバ シャルドネ            参考小売価格:¥1,000(税別)

 

【ワインペアリングコンテスト グランドオイスター賞受賞ワインはこちら】

https://plaza.rakuten.co.jp/lacavedekohyo/diary/202103160000/







最終更新日  2021.04.20 15:45:54
コメント(0) | コメントを書く


2021.04.07

こんにちは。㈱交洋の福中です。

先日同ブログにて先行案内しました「カールユング ジャパンプレミアム」が遂に完成しました!
3月末の初回製造の際、福田農場さんへ訪問してきました!

 





くまモンもお出迎え。
訪問した日、九州は桜が満開に近づいていました!
福田農場さんは不知火海に面した高台にあり、桜の色が良く映える!少し雲がかかっていたのが残念・・


 

訪問日は朝一から製造準備をして下さっており、午前中に仕込み、午後にボトリング、ラベル貼りなどの作業をして頂きました!

2年前の打ち合わせから製造に至るまで多大なるご協力の末、無事新しい製品が完成しました。

福田農場の社長はじめ、スタッフの方々、本当にありがとうございました!

 


充填作業中


↑出来立てホヤホヤ!
加熱殺菌行程もあるため、まだほのかに温かい!

 

後日弊社スタッフで試飲しました。



 

【福中コメント】

・メルロー不知火サングリア

カールユングメルローの魅力の一つでもある本格的な味わいそのままに、不知火(デコポン)の甘さが加わってカジュアルな印象。果実感もあり、味に厚みが感じられました!

 

・リースリング日向夏サングリア

カールユングリースリングの酸味と、日向夏の爽やかな酸味のマッチングがいい感じ。少しビターなニュアンスが高級感を与えています。甘さを感じながらも、すっきりと飲める仕上がりになっています。

 

【東野コメント】

・メルロー不知火サングリア

果汁の味が濃厚だけど、よく知ったカールユングの味もちゃんとする!ジュースでもワインでもなく「サングリア」の味。厚みがあって飲みごたえたっぷり。

 

・リースリング日向夏サングリア

日向夏の甘酸っぱさと渋みが堪能できます。これからの季節、しっかり冷やして飲みたいスッキリした味。濃厚な果汁のインパクトもあって、夏の暑さも吹き飛ばせそう!

 



試飲した日は雲一つない晴天でした。青い空と贅沢に使用したストレート果汁由来の濁りが良く映える!

温かくなってきたこれからの季節、テラスでのランチなどでサンドイッチ片手にも楽しみたい!!

 

 是非、皆様にも試していただきたい商品です!

 

 







最終更新日  2021.04.07 18:00:23
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.16
カテゴリ:ドイツワイン
​​こんにちは。㈱交洋の東野です。

この度、「2021年ワインペアリングコンテスト」で弊社のワインが受賞しましたきらきらきらきら

食とのペアリングを切り口にしたコンテストで、オイスター、ビーフ、ラムの3部門が開催されました。複数アイテムが受賞しましたので、順次ご紹介していきたいと思います!


今回は【グランドオイスターワイン賞】を取りました、ドイツワイン、クロスター・エーバーバッハ リースリング(辛口)をご紹介いたします音符

 

生産者のクロスター・エーバーバッハは、1136年にシトー派修道僧によって建設され、現在に至るまで約900年のワイン造りの歴史を持っています。 現在はドイツ・ヘッセン州の州立醸造所として、評価の高い畑を複数所有し、その規模はドイツ最大級です。 2008年に建てられた最新の醸造施設は、ヨーロッパ内でも現代の醸造所のお手本として注目されています。 伝統と革新の調和の中で生み出されるワインは、高品質で洗練された味わいを持ちます。


 エーバーバッハはエントリーレベルのワインから超高級品まで生産しており、そのワインはドイツのスーパーの棚で見かけることもあれば、どこかのガラスケースの中で名だたるワインたちと一緒に並んでいることもあります。今回ご紹介するワインは手に取りやすい価格の1本です。


​​





中世の面影が残る修道院の建物やモダンな醸造施設は、年間約300,000人が訪れる観光地になっており、併設の直営ショップではお土産にワインを買ったり、敷地内にあるレストランで食事を楽しんだりできます。権威あるワイナリーですが、誰にでも親しみやすく開かれています。

オススメの飲み方


● 適温

スッキリ~フルーティまで、温度によってお好みの味を楽しんでいただけます。キリッとした味わいがお好みの場合は冷蔵庫や氷水でしっかり冷やしてお召し上がりください。また、冷蔵庫から出して室温で少し時間を置くと果実味が強く出、ほのかな甘さが楽しめます。


● 合う料理

お刺身、天ぷら、ジャーマンポテト、カルパッチョ、

…そしてオイスター!

 

参考小売価格:¥2,000/(税別)

 

私も改めてオイスターとのペアリングを試してみたいと思います食事







最終更新日  2021.04.02 17:02:25
コメント(0) | コメントを書く
2021.03.01

㈱交洋の東野です。
今回はこれからの季節に向けたオーストラリアワインのご紹介です!




昨年秋の新入荷商品!
あたたかくなってくる時期に飲みたい、さわやかで軽やかなワインですさくら
赤も白もカジュアルなタイプで、深みや重厚感に欠ける部分はありますが、その分料理の味の邪魔にならない優秀な普段飲みワイン。飲み疲れしないのはありがたいですきらきら
いつものお家ご飯にも、ピクニックに持っていくサンドイッチにも。

 

ブドウ品種は、白はセミヨン&シャルドネ、赤はシラーズ&カベルネ・ソーヴィニヨン、オーストラリアを代表する4種です。軽めの味わいながら品種の特徴も感じられ、ニューワールドらしい豊かな果実味があります。

 

●クロコダイル・クリーク 白 (セミヨン&シャルドネ)


グラスに注ぐと柑橘の爽やかな香りが広がり、グレープフルーツの酸味やビターがしっかりと感じられます。オススメ料理はナスとパプリカのマリネ。酸味と野菜の甘さがワインの甘酸っぱさにマッチします。カルパッチョなどの前菜はレモンを効かせると柑橘系の風味に調和します。

また、ちょっと濃いめの味のソースがかかった料理でも、ワインが口をさっぱりさせてくれて食が進みますよ。


 

●クロコダイル・クリーク 赤 (シラーズ&カベルネ・ソーヴィニヨン)


ほんのりスパイシーで、ラズベリーやブラックチェリーの味わい。トマトソース系の料理やグリルチキン、バーベキューにも。シンプルにお肉の味が活きた料理に。ワインのスパイスの風味に合わせて、黒コショウやハーブを効かせるとGood!ピクニックならパストラミサンドがオススメです。

 

参考小売価格:¥900/


 

ラベルはワニ革みたいにごつごつしています🐊






 







最終更新日  2021.03.01 18:10:09
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.16


㈱交洋の福中です。
先日は脱アルコールワイン「カールユング」シリーズ初の国内加工新商品についてご紹介して参りましたが、今回は4月頃入荷予定のカールユング社の新商品(輸入品)のご案内です。

実は最近、テレビや新聞など様々な媒体でカールユングシリーズを取り上げてくださる機会が増えており、より一層ノンアル飲料に注目が集まっていることを実感しています!
そんなカールユングシリーズに季節を感じさせる新商品が登場します!


【商品特徴・味わい紹介】

ちょっと大人な?!カールユング!

カールユング ハービー4(予定)に新登場!!


テレワークの仕事の合間のリフレッシュに!ランチのお供に!ちょっとオシャレで大人な雰囲気を演出できるカールユングが新登場です!

*ヴィーガン対応商品です!


<参考小売価格>

カールユング ハービー:¥1,00/

 

<テイスティングコメント>

アイレン種のワインから作った脱アルコールワインにハーブの香り付けをしました。

口の含んだ瞬間から広がるハーブのアロマで食卓を華やかに!

夏場にきりっと冷やして飲むと爽快感抜群です。



【その他参考情報】

<ノンアル需要の高まり→飲み方の多様化へ>

*重複する内容となるため、先週の記事をご覧ください。


 


<改めまして、カールユングの紹介>

20世紀初め、ドイツのワイン醸造家の息子であったカール・ユングは、アルコールを含まないワインを製造しました。
特許技術である低温真空蒸留法は、1907年に発明されましたが、これは高所で水の沸点が下がることを伝えたヒマラヤ探検に着想を得てのことでした。
低温でワインからアルコールを取り除く技術によって、ワイン本来の味わいを残すことに成功しました。
彼はさらなる研究を重ね、脱アルコールワインの品質の安定化と洗練された味わいを実現することに成功しました。
ユング家はその技術を受け継ぎ、1世紀以上に渡って積み上げられた知識と経験はボトル11本に込め、世界30か国以上の国に届けています。


低温真空蒸留法とは>

原料ワインの入った専用の装置を真空状態にすることで、沸点を30℃台まで下げて煮沸を行います。
この技術はカールユングが特許を取得している技術であり、専用の装置は世界に数台しかありません。


<
ヴィーガンとは>

卵や乳製品を含む動物性食品を一切口にしない「完全菜食主義者」の事です。
近年世界中でトレンドとなっており、日本でもヴィーガン専門店やヴィーガン料理のレストランも増えてきております。


皆様4月の入荷を今しばらくお待ちください!












最終更新日  2021.02.16 15:53:33
コメント(0) | コメントを書く
2021.02.09

㈱交洋の福中です。
弊社取り扱いの商品に関し、掘り下げた情報などを発信して参ります!

今回は脱アルコールワインのカールユングシリーズの新たな取り組みについてご紹介致します。
ドイツ産カールユングと、国産ストレート果汁をブレンドした、「カールユングジャパンプレミアム」のご紹介です。
*輸入品のカールユングシリーズに関してはまた改めてご紹介致します。

 

実際の製品完成は4月中の予定ですが、先行してご案内致します!

 

【商品特徴・味わい紹介】

カールユング史上初!日本企業とのコラボが実現!

カールユングジャパンプレミアムシリーズが今春(4月予定)に登場!!

カールユング ジャパンプレミアム メルローx不知火

カールユング ジャパンプレミアム リースリングx日向夏


日頃ご愛顧頂いております弊社脱アルコールワインシリーズ「カールユング」を、国産柑橘系の※ストレート果汁※とブレンドしました!

 

<参考小売価格>

メルローx不知火:¥1,500/

リースリングx日向夏:¥1,500/

 

<テイスティングコメント>

・メルローx不知火

メルローの丸みのあるやさしい味わいと、不知火の果実感が合わさり、厚みのある味わいに仕上がりました。


・リースリングx日向夏

リースリングの酸味と日向夏のほんのりビターな印象がマッチして、キリっと引き締まるスッキリとした味わいに仕上がりました。

 

ストレート果汁※とは>

搾った果汁そのままの状態の果汁です。よく対比されるのが「濃縮還元」果汁ですが、濃縮還元果汁はその名の通り果汁を濃縮したもので、使用時に希釈し、元の果汁の濃さに戻すものです。
ストレート果汁は濃縮還元果汁に比べ、果汁の香りや味わい、甘みなどをそのまま楽しめるのが魅力です。

 

【その他参考情報】

<ノンアル需要の高まり→飲み方の多様化へ>

弊社カールユングシリーズは約20年前より販売をしており、ノンアル文化が日本マーケットに根付く前から国内でノンアル飲料を展開してまいりました。
カールユングシリーズは累計販売本数(750ml換算)100万本を優に超えております!
販売開始当時より、本物のワインを原料にした本格的な味わいには定評がありましたが、数年前、ノンアルビールの普及等の後押しもあり、より一層注目を集めシリーズ拡大を進めて参りました。

ここ10年近くを振り返っても、仕入れ数量(750ml換算)は右肩上がりに推移しております。

〈仕入れ実績〉

2012年:52,314

2013年:81,887

2014年:106,190

2015年:119,850

2016年:130,050

2017年:142,620

2018年:149,622

2019年:172,368

2020年:137,778

元々業務筋(飲食店・ホテル等)でのシェアが多かったため、2020年はコロナ禍における需要の低迷もあり、弊社の仕入れ実績も初めて昨対を割る結果となりました。
しかしそんな中でも新規のお問い合わせを多数頂く事も出来ました。
テレワークやweb飲み会などの新たなトレンドが生まれる中での“飲み方の多様性”を求める声が高まることで、業務筋顧客に限らず、小売店舗での採用依頼が年々増えてきている実感があります。

 

<カールユングジャパンプレミアム誕生秘話>

注目が集まる中、併せて聞こえてくるのが“ノンアル飲料の本格化”を求める声でした。

販売当初から品質面では評価を頂くことが多いカールユングシリーズでしたが、更なる差別化を求めるお客様の声を聞く機会が増えました。


・より本格的な酔わない商品を!

・ノンアルメニューにバリエーション(他にない/多様化)を!


そんな声を頂く中で、何とか市場が求める商品を開発できないかと思いを巡らせていました。
そんな時にご縁を頂き出会ったのが今回製造を委託する㈱福田農場さんでした。
福田農場さんの持つ柑橘系ストレート果汁と、カールユングをブレンドし、今までありそうで無かった、本格的なノンアルサングリアを製造するというプロジェクトを立ち上げました。

度重なる協議を含め、構想から約2年、紆余曲折を経て今春(4月予定)発売予定です!

 

<不知火←なんて読む?>

皆さん、「不知火」この漢字何と読むかご存じですか?
正解は「しらぬい」です。では、しらぬいってご存じですか?答えはデコポンです。

実はデコポンは熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標なんです。

しらぬいはデコポンの品種名なんですよ。

 

〈商品開発のこだわり〉

もともと福田農場さんは果汁シロップ等を多数商品化されていることもあり、今回のプロジェクトの初動として、カールユングメルロー/リースリングとあらゆる果汁とのブレンド相性を比較するところから始まりました。

何度も試作を重ね、果汁の配合比率別を含めると、30パターン以上の候補の中から、何度も試作、試飲を重ね、今回の不知火、日向夏のブレンドを決定しました。

スタッフ一同自信をもってご案内できる商品が出来上がったと思っております!



  

 







最終更新日  2021.02.09 16:49:06
コメント(0) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.