000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

LA CAVE DE KOHYO

2021.02.09
XML

㈱交洋の福中です。
弊社取り扱いの商品に関し、掘り下げた情報などを発信して参ります!

今回は脱アルコールワインのカールユングシリーズの新たな取り組みについてご紹介致します。
ドイツ産カールユングと、国産ストレート果汁をブレンドした、「カールユングジャパンプレミアム」のご紹介です。
*輸入品のカールユングシリーズに関してはまた改めてご紹介致します。

 

実際の製品完成は4月中の予定ですが、先行してご案内致します!

 

【商品特徴・味わい紹介】

カールユング史上初!日本企業とのコラボが実現!

カールユングジャパンプレミアムシリーズが今春(4月予定)に登場!!

カールユング ジャパンプレミアム メルローx不知火

カールユング ジャパンプレミアム リースリングx日向夏


日頃ご愛顧頂いております弊社脱アルコールワインシリーズ「カールユング」を、国産柑橘系の※ストレート果汁※とブレンドしました!

 

<参考小売価格>

メルローx不知火:¥1,500/

リースリングx日向夏:¥1,500/

 

<テイスティングコメント>

・メルローx不知火

メルローの丸みのあるやさしい味わいと、不知火の果実感が合わさり、厚みのある味わいに仕上がりました。


・リースリングx日向夏

リースリングの酸味と日向夏のほんのりビターな印象がマッチして、キリっと引き締まるスッキリとした味わいに仕上がりました。

 

ストレート果汁※とは>

搾った果汁そのままの状態の果汁です。よく対比されるのが「濃縮還元」果汁ですが、濃縮還元果汁はその名の通り果汁を濃縮したもので、使用時に希釈し、元の果汁の濃さに戻すものです。
ストレート果汁は濃縮還元果汁に比べ、果汁の香りや味わい、甘みなどをそのまま楽しめるのが魅力です。

 

【その他参考情報】

<ノンアル需要の高まり→飲み方の多様化へ>

弊社カールユングシリーズは約20年前より販売をしており、ノンアル文化が日本マーケットに根付く前から国内でノンアル飲料を展開してまいりました。
カールユングシリーズは累計販売本数(750ml換算)100万本を優に超えております!
販売開始当時より、本物のワインを原料にした本格的な味わいには定評がありましたが、数年前、ノンアルビールの普及等の後押しもあり、より一層注目を集めシリーズ拡大を進めて参りました。

ここ10年近くを振り返っても、仕入れ数量(750ml換算)は右肩上がりに推移しております。

〈仕入れ実績〉

2012年:52,314

2013年:81,887

2014年:106,190

2015年:119,850

2016年:130,050

2017年:142,620

2018年:149,622

2019年:172,368

2020年:137,778

元々業務筋(飲食店・ホテル等)でのシェアが多かったため、2020年はコロナ禍における需要の低迷もあり、弊社の仕入れ実績も初めて昨対を割る結果となりました。
しかしそんな中でも新規のお問い合わせを多数頂く事も出来ました。
テレワークやweb飲み会などの新たなトレンドが生まれる中での“飲み方の多様性”を求める声が高まることで、業務筋顧客に限らず、小売店舗での採用依頼が年々増えてきている実感があります。

 

<カールユングジャパンプレミアム誕生秘話>

注目が集まる中、併せて聞こえてくるのが“ノンアル飲料の本格化”を求める声でした。

販売当初から品質面では評価を頂くことが多いカールユングシリーズでしたが、更なる差別化を求めるお客様の声を聞く機会が増えました。


・より本格的な酔わない商品を!

・ノンアルメニューにバリエーション(他にない/多様化)を!


そんな声を頂く中で、何とか市場が求める商品を開発できないかと思いを巡らせていました。
そんな時にご縁を頂き出会ったのが今回製造を委託する㈱福田農場さんでした。
福田農場さんの持つ柑橘系ストレート果汁と、カールユングをブレンドし、今までありそうで無かった、本格的なノンアルサングリアを製造するというプロジェクトを立ち上げました。

度重なる協議を含め、構想から約2年、紆余曲折を経て今春(4月予定)発売予定です!

 

<不知火←なんて読む?>

皆さん、「不知火」この漢字何と読むかご存じですか?
正解は「しらぬい」です。では、しらぬいってご存じですか?答えはデコポンです。

実はデコポンは熊本県果実農業協同組合連合会が所有する登録商標なんです。

しらぬいはデコポンの品種名なんですよ。

 

〈商品開発のこだわり〉

もともと福田農場さんは果汁シロップ等を多数商品化されていることもあり、今回のプロジェクトの初動として、カールユングメルロー/リースリングとあらゆる果汁とのブレンド相性を比較するところから始まりました。

何度も試作を重ね、果汁の配合比率別を含めると、30パターン以上の候補の中から、何度も試作、試飲を重ね、今回の不知火、日向夏のブレンドを決定しました。

スタッフ一同自信をもってご案内できる商品が出来上がったと思っております!



  

 







最終更新日  2021.02.09 16:49:06
コメント(0) | コメントを書く
[脱アルコールワイン カールユングシリーズ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.