388783 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

盆栽教室・櫻苑のブログ

2011.01.14
XML
カテゴリ:なし
福岡県新宮町の旧家、横大路家が天台宗の宗祖・最澄から授かり、1200年余にわたり代々燃やし続けてきたとされる「法理の火」が、熊本県の寺に移された。
1月10日の西日本新聞、11日の毎日新聞、また熊本日々新聞に取り上げられました。

十数年前、比叡山延暦寺で、不滅の火を中まで入りみせて頂いたときから、最澄が中国から持ち帰ったこの火は、福岡の本家と、東北にもあると聞いていました。
思えば2年前、福岡へ引っ越ししたら、この火をしっかりと息子に見せておかなければ、と使命のように感じ、
第44代目当主の奥様(故人、当時86歳)に会いに行きました。
かまどの火をみせてもらい、
いまは枯れてしまった井戸を訪ね、
たくさん並んでいたけど、もう誰も世話ができない盆栽素材をいくつか分けてくださいました。
神棚にもう手が届かないおばあ様にかわり、息子がお水をあげたりしました。
重要文化財のお宅で暮らす大変さを伺って
お掃除を手伝って。

またいつでも伺えると思っていました。

1200年もの間火を消さずに燃やすって並大抵の苦労でなかったと思います。

民間でよくぞここまで、保ってこられたことと奇跡のようにも感じます。
歴史が途切れたのは残念だけれど、今はただ、長い間火を守ってこられた方々に尊敬の念を持って偲んでいます。
火は、今年中には太宰府の妙香庵という最澄像近くに移される予定だそうです。







Last updated  2011.01.14 14:40:00


PR

Calendar

Profile


lacerise

Category

Free Space

てのひら盆栽教室 櫻苑ホームページアドレスはホームページへ戻る

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

●くらしの素敵なエッ… kyoko *さん
ぷちがーでん れんげ^^さん
花の子たまたま 楽… 花の子たまたまさん
ほしがり姫の1年中ガ… ほしがり姫さん
mari`s すけっちのぉと 遊牧民mariさん

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.