000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

盆栽教室・櫻苑のブログ

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

ハンギングバスケット

2008.12.09
XML
教室で、毎年恒例の
葉ボタンのハンギング作りをやりました。

ハボタンはやっぱり、ハンギングが一番綺麗。

華やかにまとまりがある作品です。

迎春~な感じですね!

寒い中、お疲れ様でした。








Last updated  2009.01.30 20:07:50
2008.03.30
三月も末になると、初夏の花がたくさん出て来ます。
まだ寒い日もあるので、すぐに夏の花に 手を出すのは、危ない場合もあります。
少なくとも、養生期間を十分に取り、四月から飾り、寒い日は夜間、取り込むようにしましょう。

今月は、マスター試験のコースの方には、私が 花材を揃えるのは最後です。
次回からは実習には、自分で花あつめをやってもらいます。

性質、季節、生長ぶり、色や大きさなど、考えることはたくさんあります。
ゴールデンウィークのコンテストへ向けて、頑張ってみましょう!まずはチャレンジです。






Last updated  2008.03.30 12:12:55
2008.03.20
久しぶりの雨です。

一足早く、初夏の花でハンギングバスケットを作りました。
まだまだ寒い日もあるので、しばらくは軒下で養生します。

春が来たと思ったらすぐに暑くなって、短い春だけど、
気持ちよい気候を満喫したいですね!

ペチュニア、バーべナ、ラミウム、ジプソフィラ・セラチオイデス(カーペットかすみ草)、ツルニチニチソウ

この季節は、アブラムシ対策が欠かせません。オルトラン、ベストガード、ブルースカイなどの粒剤は一度まいておくと、一か月ほど効果があるので、毎月忘れずに散布しておけば、安心です。








Last updated  2008.03.30 12:13:22
2008.02.28
青と黄色をテーマに花材料を集めました。

パンジーは存在感のある、フリンジ咲きの「オルキ`ブルーシェイド」を使いました。

ムルチコーレ、ディモルフォセカが黄色です。リーフ類には優しいシルバーリーフ(ユーカリやミントブッシュ)を合わせて印象を和らげています。
脇役に、ネメシアとハーデンベルギアの小花を持ってきましたよ。春らしさをプラスです。
マスターの勉強する人は、花選びの時に、何となく選ぶのではなくて、理由をひとつずつ考えるように、
少しづつなれて行きましょう~!







Last updated  2008.03.30 12:13:45
2008.02.20
今月と来月にかけて、マスターの試験へ向けた、カラー(色彩)概論の勉強をしました。

色の三原則、色相、明度、彩度について。
また、トーンを揃えて調和させる方法。
グラデーションでみせる方法。
反対色である、補色関係の組合わせ方。
色彩の与える印象や季節感の違いについて。
いままで何となくの好みでやっていた色合わせも、改めて概論を知ると、色合わせの原則がわかり面白いものです。

植物は、たくさんの色が混ざり、花の色をひき立たせる知恵を咲きながらにして心得ています。自然から学ぶことは、私たちが思っている以上にたくさん、深く、存在します。

花びらの色、葉っぱの色、みつめてみてね。
実習では、黄色と補色関係にある、紫の色や面積の分量を調整する花合わせの勉強をしました。
ビオラ、ディモルフォセカ、プリムラ ジュリアン、オーブリエタ、ヘデラ、カルーナ・ブルガリス、オレアリアです。







Last updated  2008.03.30 12:14:45
2008.01.24
今月は、プリムラ ポリアンサ、マーガレットのハンギングを、教室で作りました。

アクセントは、赤と、グリーンの
カルーナ・ブルガリスです。
この植物は、ヨーロッパ~シベリアの、乾燥した地域に自生しているので、寒さには強いです。
暖かみのある色で、冬の寄せ植えに重宝します。

左右の端っこと、てっぺんのレースラベンダーの前に、入っています!









Last updated  2008.03.30 12:16:27
2007.12.13
お正月にも、玄関や門柱に飾るのに
ハボタンが定着してきました。

教室で生徒さんが作成したハンギングバスケットです。

初めて作られた作品は、
きっとずっと、記憶に残ることでしょう。

水引きなどプラスすると、さらにお正月風になります。






Last updated  2008.03.30 12:19:07
2007.11.28

20071120_0674.jpg

 今年も、ハボタンでハンギングバスケットを作りました。

20071120_0675.jpg

 寒さに強い植物だけをあわせて。このまま、2,3月までいけちゃいます。

 ハボタンは今年は、どのように色が変わっていくでしょうか。

 カルチャーセンターのハンギングバスケット教室、くらしのグリーンでも

 この季節にハボタンで作ります。

 

 20071120_0676.jpg もうひとつ、赤い小さい実が可愛いのは

 両手でちょうど持てるくらいの小さいサイズの寄せ植え。

 寒さに強いですが、お家の中に飾ることもできます。

  お家の中に飾るときは、よく日に当たる場所がいいでしょう。

  赤い実は、ゴーテリアといって、チェッカーベリーとも呼ばれます。

 日本では、ヒメコウジとも言います。

 植えつけるときは、赤い根を切らないように、将来の芽となる部分です。

 2月には、実を切り、茎も切り戻すと株が疲れません。

  初夏に可愛い小さい花を咲かせ、夏は半日陰で越させると、可愛い実が

 秋になります。

  春と秋には、肥料をしっかりと与えるといいです。







Last updated  2007.11.28 21:07:48
2007.11.15

今年、私のクラスでハンギングバスケットマスターの試験を受けられた方々

めでたく、全員合格しました!

これからは、同じマスター仲間として、色々な場面で交流できると思います。

ひとまずは、努力が報われて本当に良かったです。

一息ついたら、ここからがスタートと思って、次のことを考えましょうね~

 で、いまさらながらですが、今年日比谷公園のガーデニングショーの

 ハンギングバスケット展へ出した作品の写真はこれです。

 20071019_0495.jpg どうしても、花色に目が行ってしまいますが

 銅葉、ライム葉、シルバーリーフ、紅葉した葉など、葉色を色々にぎやかに

 いれてみました。

 秋になっても、やはり、コリウス、イポメアといった面積の大きな葉は、

 ハンギングバスケットのおたすけ材料ですね~

 遠くから見ることが多いハンギングバスケットですので、

 花はもちろん、ぱっと目を引く形や色の葉を準主役にあてるのが

 華やかなハンギングバスケットを作るときの秘訣です。

  来年の方たちもがんばりましょう~

 







Last updated  2007.11.15 22:29:51
2007.10.15

20071003_0447.jpg あと、二日でようやくイベントが終わります。最終日は、17日ですが、午後16:30から搬出が始まるので、

本当にあと少しです。

 このバスケットは、ワイヤー式の器材で、壁ぎりぎりの切り込みにも花を植え込んで

いるので、一見、ラウンドみたいにまん丸にできてます。

 流れ星をイメージして黄色い花を銅葉と植えてみました。

 見た人の感想は、一様に「でかい!」です。

  20071003_0464.jpg

 これは、ラウンド型の吊り下げ式の一番おおきな器材に植えてます。

 重いの重くないのって、、、、それは、腰に来ます。

  アカネというベゴニアを使って、赤とんぼをイメージして作ったのですが

 葉が細かすぎて、たくさんの反省点を残した作品となりました。

 ラウンド型は、普通、家用には作らないので いつも忘れてしまいますが

 大きなフォルムのしっかりした葉や花を選ばないと、このように

 背景に埋没した作品になってしまいます。

 

  ほかにたくさん、素敵な作品が70基以上も飾られご紹介できず残念です。

 今週末から、いよいよ、日比谷公園でのハンギングバスケットコンテストも

 始まります。







Last updated  2007.10.15 20:44:52

全29件 (29件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Calendar

Rakuten Profile


laceriseさん

福岡市のてのひら盆栽教室 櫻苑(BONSAIOUEN)

フォローする

Category

Free Space

てのひら盆栽教室 櫻苑ホームページアドレスはホームページへ戻る

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

なんだかな~ New! れんげ^^さん

ディプロマ証&修了証 kyoko *さん

いちばん熱 そうこ3555さん

ザダル 遊牧民mariさん

花の子たまたま 楽… 花の子たまたまさん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.