000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

盆栽教室・櫻苑のブログ

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

2012.12.17
XML
カテゴリ:
すぇんぱいから、かりた漫画です。
映画化もされてましたね。キョンキョンで。
今更ながら、読んで、笑い、時にホロリとくる西原マジックの世界に浸ってしまいました。
いかんいかん、仕事せないかん!
と思いながら、
次々手が伸びてしまうのでした。
かあさん、あとしばらく出来るけど、もう少しで終わる、かあさんの日々。
終わったら、犬飼おう。






Last updated  2013.01.11 07:03:17

2011.08.27
カテゴリ:
少し前に読んだ文庫本です。
『美女いくさ』(諸田玲子著/中公文庫)
2007年に読売新聞に連載されたものです。
主人公は、織田信長の妹、市の三女、小督(おごう)です。

いまの大河ドラマは「江」。同じ人物です。
美女いくさの方が先に世に出たので、当時、所々読んでいました。
この本の督と、テレビの江とは、共通点もあれば
違うとこもあります。
織田信長の姪で、幼い頃に父をなくし
織田信長という大きな伯父を失い
柴田勝家と再婚した母、市を失い
夫と離縁され、二度目の夫を亡くし
徳川に嫁いでたくさんの子供と世継ぎを産むのですが、
まさに戦国時代のヒロインです。
その人生はあまりにドラマチック。
姉である淀君と、豊臣対徳川の敵と味方に別れてしまった事も。
女のいくさは、日々起こる不幸や運命のいたずらに泣いたり悩んだりしながら、
運命を受け入れること。
それに負けず自分の持ち場でベストを尽くすこと。
女は強いですね…。

『海辺のカフカ』(村上春樹/新潮文庫)
これは息子が15歳になったときに
主人公が15歳の少年だから、読みかもと思い買いましたが、

うーん、読み応えはあるけど、漫画みたいな内容でした。
劇画的というかね。
何故、家出した少年が会いたい人に会えたのかが解せませぬが。
複雑な人間のキャラクターが印象的。
平成17年の発行です。
村上春樹さんの小説は解説がないから
解説になれてる私には少し、消化不良気味です。
もう一度細かく読み直すには長すぎます。






Last updated  2011.08.31 20:50:34
2011.02.10
カテゴリ:
さて昨年末から公開してた映画『ノルウェイの森』は観た方いるでしょうか

私は、まさか菊池凛子さんが、直子役だとは思ってなくて(出るのは知っていたけど、レイコ役かしらなどと思っていた)
悪いけど、日本人監督ならそういうキャスト選びはしないと思う。原作読んだら、違うよね。

観てなくてアレコレいうのはどうかと思うが。
ワタナベ=松山ケンイチさんは、なんとなく近いのわかる
でも最近出過ぎてる。
直子役は?目が澄んでいて、美少女で、壊れそうな…少女と女を両方できるタイプ。
市川由衣ちゃんなんかどうかな

緑役はすごく頭よくユニークでしっかり者でないと。昔の竹内結子とか堀北真希ちゃんとか
良かったかも。

レイコ役はとにかく、魅力的な人でないと。ボーイッシュなんだけど、可愛くて温かい人。
大竹しのぶさんだとちょっと年齢行き過ぎかな?ギターが旨いんだから、ミュージシャンの中から中村あゆみさんとか?無理か。

いまの俳優がさっぱり浮かばない。悲しい。
勝手なこといってますが、
ワタナベは顔が平凡であまり印象がないのが特徴ですが、哀しいほど優しいのです。だから誰かを当てはめやすい。

だれでも自分だけのイメージがあるから、映画化されても
誰が演じても
ちょっと違うんだよね。

草原や風や、空や鳥の鳴き声、空気の匂い
そういうのは想像力を発揮して創り出すもの。
だから映像はいらない。音楽だけ欲しい。

『ノルウェイの森』には、たあくさん当時の音楽がでてくるから、オリジナルでCD作って聴きながら読みたい。YOUtubeてほんと便利よね。
ビートルズのCDやサイモンアンドガーファンクルを引っ張り出してウォークマンに入れてみようかな。







Last updated  2011.02.11 19:52:43
2011.02.08
カテゴリ:
この本が出たときちょうど二十歳になるかならないか位だったように思う。
私の部屋にもこの上下巻が並んでいて
クリスマスカラーの赤と緑だったから購入したようだった。

あの頃、ちゃんと読んだのかもうろ覚え。

あの頃の私にもっと奥を読みなさいといいたい。

表面の性描写にとらわれて、潔癖だった私は「男って獣!」
と吐き捨てたように思う。
登場人物の半数が自殺するかしてる話だから「なんで死にたがるのかね?」
ワタナベには同情した。

いま読んでみたら、緑やレイコがすごく魅力的だし
ワタナベは獣じゃなくて、守ってあげるべきかわいい男の子だし

自殺する人たちの物語でなくて
それでも生きていく人たちの物語だった。

20歳の自分の底の浅さや感覚の鈍さを思い知るね。
だからまともな恋愛ひとつできずにその頃を過ごしてしまったんだと思う。

若いときの苦労は買ってでもしろというけど、若いときの恋は勘違いでもしろ!といいたい。
息子にも言っとこう。







Last updated  2011.02.11 19:52:11
2011.01.20
カテゴリ:
「風が雪をふきはらいました。(中略)
まず谷向こうの雪をかぶった山のてっぺんが、ほのかなバラ色にそまり、(中略)
空も、岩も、木々も、うすべに色をおび、はるか目の下を流れる川にその色は映って、あたりいちめんの雪を一色にそめあげました。」
たくさんの色がでてくるファンタジーです。
ファンタジーの形をとりながらも
生とは、存在とはという深くて永遠の謎がテーマの考えてしまうお話です。

ポール・ギャリコさんは1897年生まれ、1976年没。
このファンタジー、SNOW FLAKE は1975年に矢川澄子さんの素晴らしい美しい日本語訳で初版が出されました。

矢川さんのあとがきがまたすごくいい。2008に新装版がでているので、
やはり珠玉の作というのは年月を経てもいつも読まれるのだなと思います。

英語版も読みたいです。
中学生の姪にプレゼントしよう。彼女の柔らかい感性で感じて欲しい。
私は、とにかく、日々の濁りのようなものがサーっと流されてく心地になりました。

おすすめです。
新潮文庫より、438円。







Last updated  2011.01.25 18:02:50
2010.09.17
カテゴリ:
川上的、ガールズトーク小説…
ガールズといっても60歳近いメンバーもいるんだけど
ガールズトークって本当に心惹かれる言葉。
いってみれば井戸端会議。

この川上弘美さんてすごくおしゃべりな女性だと思う。あるいは、
いつも独り言や考え事してるタイプ。

女は語る、語られ、語りかけ、語り倒す日々を過ごせば精神を病むことはないと日頃から思っていたんだけど

なかなか語る相手が見つからないとき
読むとどうだろう、これ。なぐさみに。

私もすごくおしゃべりだけど
私のまわりもすごくおしゃべりな友達ばかり。
集まれば、何杯も何杯もお茶を入れ替えながら
尽きることなくしゃべり倒す。

でもなかなかそんな時間がない。
多忙な40代なんです。
この本の登場人物たちは、世間的な常識みたいなものに捕らわれてなくて
気持ちが自由化してる。
だから読んでて爽快になる。

読み終わるときまるで、友人と別れるみたいに寂しかった。

なかなかこういう本はないな。

ガールズトーク…いつもできるようでなかなかできない
そして、いつもできないからとっても楽しい。
きっとこの本、私の友人の間でグルグルまわりそうだ。

そいでまた、あーでこーでもない話をメールで語り合おう。







Last updated  2010.09.23 21:17:00
2010.05.03
カテゴリ:
これは、読みやすくて一気読みしました。

博多が舞台です。

去年、博多に帰ってきてから、

昔は志賀島が遠かったのに、

香椎に 広大な埋め立て地のような、
港のような
砂漠のような、
殺風景な空間ができて、志賀島までつながっている道を知りました。
一体何を作りたいのか?

私の住む町からだと縁がないから、興味なかったけど、

これを読んだら、香椎あたりに行って見たくなりました。

それにしても。

私は男って何かを知らないなあと改めて感じました次第です。

可愛らしいなあ、男って、幾つになっても繊細で

主人公と親友は、
今でいえば受験のエリートたちだけど、
挫折して博多に帰ってきます。

傷が癒えて行くんだけど…
自然だとか
人とのつながりだとかに、触れて行く事で、少しづつ、強くなっていく。50歳目前くらいで。

今、日本の中高生は、世界的レベルでもっとも、自分に自信ない民族になってしまっているけど、

その根っこがこの年代からあるんだなあ。
私たちアラフォー世代もそうなのかなあ。

なんで受験エリートがそんなに自信ないのかな?

「なんで東京にいったんやろうか?」
って、過去の自分にきいてみて、
福岡にいれば、幸せになれたかもしれないのに。

と考えてみる男たち。
そうなのかなあ?

お勉強できる男子は、九州大学なんかに行かない場合は、みんな東京に行く時代が長く続いてるこの福岡で。

これからの子供たちは、どんな選択をするんだろう。

福岡はいい所。
私は大好き。
でも、福岡をでた事がある男が、福岡を本当にいいっていったほうが、説得力がある。

私も福岡を出たから、成長したように思う。
福岡に住み続けていたら、
多分幸せに気付かなかったかもしれないと思う。

親になったから成長したとも言える。

でもまだまだ、目指す所は遠い。

「わしは最近、大事なんは生きとるちゅうことだけで、
幸せなんてグリコのおまけみたいなもんと思うとる。

…人間はさ、自分というこの小さな世界と折り合いをつけて生きていくしかないんよ。…」

あれもこれも手に入れたいと、
欲張り過ぎて、悩んでるのは私もここ数年で感じてました。
いまこの言葉にあったのは、よいタイミングだと思います。

博多の可愛らしい男性たちをもっと暖かい目でみつめられそうです。







Last updated  2010.05.04 19:31:39
2009.12.12
カテゴリ:
うつ病になったら、本も読めなくなるって
本当だろうか。

この本の前書きには、つらい人は、読むと危険かも、みたいなことが 書いてあった。


うつ病になったら料理や家事など、日常の作業が辛くなるって本当かな?

なら私は毎日やっているから、普通なのか。

でもなんにもやりたくない日だってあるな。

人間だから、体調が悪い時もある。


でもこの本を読んでみたら、

わかりにくくて、
すぐ治るもんじゃなくて、
結構苦しくて、
案外誰でもなるような病気なんじゃないか?
うつ病。


とおもいました。


うつ病になる前に こういう本よんでおくと、いいかもね。
なってから読むと、辛いかもね。


私みたく、面倒なことは余りやらず、
家事はそこそこに済ませ

自分に優しいタイプは、なるのかな、うつ病。


更年期がうつ病のきっかけになったりするらしい。


だんだんそんな年齢になってきた。


横浜の友達の多くは、
韓国のアイドルにはまっていて、すごく楽しんでる。
そういうのって、ホルモンバランスがうまく回るんじゃないかな?
経済効果もあるけど、私たちアラフォー世代
しっかり働いて、
子供にかかるお金を補填し、
自分にもちょっぴり、いや、しっかり使って、
みんな偉い!
健康が一番!

山本文緒さんは、最初は読んでいて、

幼い人だなー。
贅沢病の一種なんじゃないか?
と思ったけど、

本人にしたら、そんな簡単な問題じゃないんだ。って分かった。

苦しみがわかりにくいだけに回りも巻き込むし、
本当に回りの理解が必要な病気だ。

そして早くよい医師に出会えるかどうかだなあ。大事だなー。


私が横浜で土日もなく、激務に暮らしていた頃 緊張が数年も続いてた。
時間がなくて、朝5時に起きて家事をしていて
あれがもし 続いてたら、私も危なかったかもしれない。

いまは 来年できる家 来年始まる カルチャーセンターの盆栽教室 それから自宅教室 やりたい事だけやりながら
子供のご飯をひたすら作ってる。

でも夫は 私以上の激務を 今までも これからも 続けて行くんだから、大変。

本当に強いなあ。正直 すごいなあ。
でもしんぱいです。
強い人ほど、無理するし…。

本を読ませるにも多忙だしなあ。

好きな釣竿をたくさんにぎってくれたら
時間ができたら
いいんだけど。

大人になるって、自分を自分で慰め
褒めて、ケアして
楽しませてやる方法覚えること。

でも、忙しすぎたらどうしてもダメね。

休もう!無理して休むことだ。








Last updated  2010.01.23 12:00:00
2009.06.18
カテゴリ:
自閉症、てんかん、ダウン症、脳障害、盗癖、非行、ヒステリー症…
と聞くと、難しそうな題材だな…。と思います。


でも私は、子育てしながら思ってきたことは、
健常児と言われる子供だからといって、
いわゆる障害児と一線を画したように違うわけでない、

成長が早い子もいればゆっくりの子もいる、
どの子にもいろんな傾向や共通点があると思う。

特に子どもが、言葉をしゃべりはじめ、読み書き計算という、
知能的な発達を始めたときや、
集団で暮らし始めたとき。

親なら、子供の成長を一喜一憂し、心配もし、つい周りと比べたりしてしまう。

私はこのような題材に以前から興味がありました。


著者の川手さんは、もとラボっ子の、今は
治療教育者=テラポイトとして、活躍されています。


宮沢賢治さんの詩や小説をテーマに活動もされているらしくて、
文章のタッチがすごく、優しく詩的で叙情的、かつ情熱的。
著者に惚れてしまうような本です。


「子どもたちにかける言葉は美しくなければならない。
しかしそれはまた真実でなければならない。
「真実」は受け入れ難きものでもある。
耳に痛く厳しく響くときさえある。
しかしその「痛み」その「厳しさ」の背後に
「真実」の光と炎が潜んでいれば、
それらの熱は必ずや子どもたちの心のなかに伝導されるだろう。
そしてこの「熱」を「愛」と呼ぶ。」
(本文より抜粋『隠された子どもの叡智』)

治療教育者=テラポイトとは聞き慣れない言葉ですが、
簡単にいうと、こどもたちの心を守り導く教育者というのか。
学校カウンセラーの先生をイメージしそうですが、
川手さんがかつて活動の拠点としていた、
ハウス・アーリルド(北ドイツ)では、
こどもたちと寝食を共にし、
家族として暮らし、芸術に触れさせることで、障害をもつ子供の成長を長い時間をかけて
促すような、厳しくプロとしての大人の人間性を問われるようなお仕事のようです。

子供を育ててる人や、
教育に携わる人は、
是非読んで欲しいと思います。

あまりにも真摯な、愛情に満ちた教育がそこにはあります。

帰国された川手さんは、今は東京で活動されているようです。
きっと日本では、行政の援助もなく、

周りの理解度も低いでしょうが、
日本にも、心の保護を必要としている子どもは、
たくさんいるに違いありません。

頑張ってくださいという気持ちを込めて、
川手さんの著書を、
たくさん買うことにしました。

皆さんも是非読んでみてください。








Last updated  2009.06.19 15:01:13
2009.05.21
カテゴリ:
これはBOOK・OFFでみつけました。
とにかく懐かしくて、この漫画の劇場版を見に行った時の衝撃を思い出しましたね…。

私はアニメとか漫画には全く詳しくないです。
でも昔はよく 読みました、くらもちふさこ とか 岩館真理子とか 好きでした。
でもこの『地球へ…』は
男の子の雑誌に連載されたそうです。私が10歳の時に始まっています。
何故そんなにハマッたのかな?

多分、生まれて初めての「人間vsコンピューター(人工頭脳)」
というテーマが、壮大すぎたから?

考えてみたら、映画ターミネーターとかもだし、そのテーマには成長してから何度も触れたけど、

すべて『地球へ…』が知識の根底にあったんだなーとよく分かりました。

ちなみに、映画のテーマ曲は、ダ・カーポが歌ったそうです。
覚えてないけど?

久しぶりに読むと、その辺の かるーい 小説にくらべると、
長編大作を 読んだような 読後感ですわ。
1行でも見落としたら、意味わかんなくなるぞっ。みたいな。

中学一年の息子も読みましたが、
難しいらしいです。

竹宮恵子さんすごい漫画家さんですね、あたらめて、感動です。

私なんか描けないけど、もし こんな作品描いた日にゃ、
一夜にして 白髪あたまのばあさんに なりそうです。

この漫画は、2007年に株式会社スクウェア・エニックスから、全部で3巻出ています。
懐かしいと思う方は、是非、読んでみてください!
テレビアニメにもなってます。







Last updated  2009.06.17 18:18:00
このブログでよく読まれている記事

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

Calendar

Profile


lacerise

Category

Free Space

てのひら盆栽教室 櫻苑ホームページアドレスはホームページへ戻る

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

新作*コースター(丸… New! kyoko *さん

これもちょっと怖い・… そうこ3555さん

ぷちがーでん れんげ^^さん
花の子たまたま 楽… 花の子たまたまさん
ほしがり姫の1年中ガ… ほしがり姫さん

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.