5096847 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

仮面ライダー●・Lady Eve・●

2007.02.20
XML

仮面ライダーカブトDVD封入特典:特製ライナーカードに書かれている、
番組メインライター・米村正二氏書下ろし。
『仮面ライダーカブト』最終回の後を描くオリジナルストーリー。
全12巻に封入されているカードをコンプリートするとオリジナルストーリーが完結!


というものですが、DVDを見たら書いていたのに
ずっと忘れていたようで、すみませんです m(__)m


明日、Vol.7が届くので、焦ってVol.6までまとめましたw
・・・どこまで書いたか??忘れているので、最初から書きます(--;)




------------------------------------


世界の果てで君と出会う


[ 1巻 ]
あいつは、「パリへ行く」と涼しい顔で言って旅たった。
俺は、バンコク(タイ)のカオサン通りの端っこの1晩約200円の宿に。
蹴られた肋骨が痛み、熱がある・・・。とにかく眠る。
「俺はこれからどうすればいい?」

[ 2巻 ]
東京6畳一間のアパート。あのワームとの戦いの達成感と喪失感・・・。
寝たり起きたりを繰り返す。ふいに携帯電話が鳴り「助けて!」と・・・。
着信日付は、あのワームとの戦いから1ヵ月も経っていて、空白の記憶に気付く。
ZECTにも繋がらず、サルは店を閉じ、ひよりは姿を消し、
天道は「パリへ行く」といって姿を消した。天道の家へ行くと表札はない。
「どなた?」と、おばあさんから声をかけられる・・・。

[ 3巻 ]
上品なおばあさんは「天道がいつも言っていたおばあさんなのかもしれない。」と思った。
おばあさんは、俺を家に招き入れてくれた。
樹花はアメリカへ留学中。天道はいなかった。
帰り際、おばあさんが、バンコクのリンから天道へ宛てた絵ハガキを持ってきた。
ひよりが、高熱が何日も続いていると書かれていた。
あの「助けて!」はリンだったのかも?・・・。
バンコクへ行くと言うと、おばあさんはお守りをくれた。
預金を全ておろし、成田へ向かう。荷物の底にはガタックのベルトを入れて・・・。

[ 4巻 ]
バンコクへ深夜到着。親切そうなタイ人が話しかけてきた。
ハガキの住所を見せると、車で連れて行ってくれると言う。
車の中で缶ジュースとパンまでくれた。
・・・・・目が覚めると、路上で寝転んでいた。
もらったお守りをはさんだパスポート以外、全て盗まれていた。
ガタックベルトまで・・・。

[ 5巻 ]
リンからのハガキも消えていたので行き先がわからなくなってしまった。
仕方なく寺へ入り眠る・・・。目が覚め、おばあさんからもらったお守りを思い出し、
開けてみると、1万円札が入っていた。「よっしゃぁ!」と寺で叫んでしまった。
1万円を換金し、その金で水を飲み、ひたすら食った。
安宿を拠点に、ひよりとりんを探し始めた。
遂に俺をだましたタイ人を見つけ、気が付いた時は殴りかかっていた・・・。

[ 6巻 ]
・・・・気が付くと星空だった。
男は仲間を呼び、俺は袋叩きにされ、持ち金は全部奪われた。
1週間分の宿代は前払いしていたので、あと3日は宿泊できた。
ベッドに寝転び、泥のように眠った。ボロボロの体で、買い置きの水だけで耐え忍ぶ・・・。
その時!「私のことを探していたのって君?」とリンが訪ねてきた。
リンに飯をおごってもらい、ひよりがリンにも内緒で消えてしまったことを知る。
ひよりは不思議な事を言っていた。「世界の果てで生まれ変わりたい・・・」と・・・。


------------------------------------


もう、本当にあらすじだけですが、少しは伝わっているでしょうか?
自分は全部読んでるから意味わかるんだけど・・。



また忘れてしまうかもしれませんが、遠慮なく言ってくださいね。
(って、人を頼るな!って感じですよね・・)




仮面ライダーカブト:DVD情報
にも、まとめています。

劇場版DVDの特製ライナーカードにも、
天道編が掲載されていたので、↑ページに書いていますv











Last updated  2007.02.20 21:07:33
コメント(0) | コメントを書く


PR

X

Profile


onemu。

Category

Comments

ヒーロータロス@ Re:獣拳戦隊ゲキレンジャー修業その23☆感想(08/07) 僕は恐竜戦隊ジュウレンジャーの26話の『…

© Rakuten Group, Inc.