000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

エンジョイ!島ライフ

PR

X

全210件 (210件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >

島の自然

2013年01月13日
XML
カテゴリ:島の自然
ここ数日、都内の寒さは少しやわらいでいるような…それでも十分に寒いんですけどね。父島からのおがさわら丸は定刻に多少の余裕をもって到着。竹芝桟橋には観光客と思われるお客さん達が元気な様子で降りてきました。

竹芝入港(13/01/13)

さて、今日の話題はなんと言ってもコレ!NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」が放送されました。10年にもおよぶ地道な調査と準備を経てようやく撮影に成功した幻のダイオウイカの映像が見られるというのですから、絶対に見逃せない!家族でテレビの前に座り…「おわ~!」「この映像はすごい!」「CGみたい!」と大騒ぎしながらの観賞となりました。

小笠原でダイオウイカは "マッコウクジラの好物" として知られています。大きいものでは体長18mにもなるという世界最大のイカですが、深海での生態は謎に包まれたまま。マッコウクジラの顔に残った大きな吸盤の痕や、食べ残されて波間に浮かんでいた脚(イカゲソ?)さえも貴重な研究のヒントでした。それが今回は…父島沖で有人潜水艇での潜航をおよそ100回、400時間以上もくり返し、餌のソデイカに猛然と襲いかかるダイオウイカの姿をついにハイビジョンカメラで捉えたというのですから、これはもう大感動です!ときに黄金色に、ときに銀色に、メタリックな輝きを放つダイオウイカの身体、夢でうなされそうな大きな瞳、生きたダイオウイカの全貌をはっきりと映し出す素晴らしい映像でした。私達がダイビングやドルフィンスイムで遊ぶ、あの小笠原の海の底にはこんなに恐ろしくも心惹かれる生き物の世界が広がっている…そう考えるとゾクゾクしてくるではありませんか。

NHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」
再放送:1月17日(木)午前0時25分から1時23分(NHK総合)

惜しくも見逃してしまった方は再放送(↑)でどうぞ。なお、ダイオウイカ研究の第一人者・窪寺博士のお話を直接聞けるチャンスもあります。国立科学博物館の「研究者によるディスカバリートーク」というイベントで、2月11日(月)に「小笠原父島沖ダイオウイカ撮影プロジェクト」についての解説や質疑応答などが行われるそうですので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか。私も行ってみたいと思っています。

【送料無料】海に生きるものたちの掟...

【送料無料】海に生きるものたちの掟...
価格:1,000円(税込、送料別)

   今日の一品   
国立科学博物館の窪寺博士はダイオウイカ研究のため頻繁に小笠原を訪れているその道の第一人者です。海の生き物たちの「食べるための工夫と食べられないための工夫」をまとめた本書、とても面白そうです。
by 楽天ブックス

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2013年01月14日 01時03分22秒
コメント(1) | コメントを書く


2012年04月13日
カテゴリ:島の自然
気温がぐっと上がり、半袖Tシャツにパーカーでも暑いほど。やっと本物の春がきた気がする今日の都内でした。それなのに午後からだんだん雲行きが怪しくなり、おが丸が到着する頃にはこんな(↓)曇り空に。島から内地に着いたとき、こういう天気だとテンション下がりまくりなのよね…。

竹芝入港(12/04/13)

今便でダンナ君が小笠原出張から帰ってきました。お昼前に東京湾に入ったとメールがあり、その時に「(島の知人から)パッションとお花を預かっています」と書いてありました。入港後に竹芝で受け取ってみると…わあ~島のアマリリス!!曇り空の下で輝くような鮮やかな色です。すごい!嬉しい!

アマリリス(12/04/13)

長い船旅で少ししんなりとしていたアマリリスですが、家で水に挿すとほどなく元気を取り戻しました。私が島のお花をとても好きだったことを覚えていて、ダンナ君に持たせてくださったのでしょう。気分まで明るくなるようなお花の美しさもですが、島の季節を届けてあげようというお気持ちがとても嬉しくて感激しました。

   今日の一品   
カーネーションとバラをメインに詰め合わせた大人気の生花BOX。レビューを書くとかわいいハートピックも付いてきます。BOXがすっぽり入る専用バッグも一緒に届くのが嬉しい♪
by 878 HANAYA

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年04月15日 01時09分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月03日
カテゴリ:島の自然
おが丸は今日、10分ほど遅れて父島に到着したそうです。例によって島の知人Mさんが桟橋で撮った写真を送ってくれました。各職場ごとに工夫をこらした出迎えの旗、いいですね。観光船「にっぽん丸」も寄港していますが強風に苦労しているらしく、夜は湾内での停泊を断念したとのこと。明日のお天気が気になります。

父島入港(12/04/03)

昨日のニュースですが、また悲しい話題が。3月初旬、母島の乳房山で木の枝が100本以上も折られる被害があり、テレビや新聞でも報じられました。今回、同じ島内の別の場所でさらに21本もの木が傷つけられているのが見つかったそうです。こんなひどいこと…誰が、何のために!?怒りよりも悲しさでいっぱいです(T_T)

4月になり、小笠原海運HPで提供されているオリジナル壁紙が新しくなりました。おが丸の東京出港日・父島出港日がわかるカレンダー付きです。トップページから「壁紙ダウンロードサービス」のバナーをクリックして利用できますので、いつでも小笠原の風景を眺めていたい方はぜひどうぞ。「自然を護る」ってすごく大袈裟みたいだけど、きっと「この景色、好き♪」「海がきれいだなあ」みたいな素朴な気持ちから全てが始まるんじゃないかと思ったりもするのです。

【25%OFF】[DVD] 世界遺産 小笠原諸島 東洋の...

【25%OFF】[DVD] 世界遺産 小笠原諸島 東洋の...
価格:2,993円(税込、送料別)

   今日の一品   
誕生から一度も陸続きになったことがなく、今も独自の進化を遂げた多くの動植物が存在している世界自然遺産・小笠原諸島。手つかずの大自然が残る南の楽園を巡る紀行作品。
by ぐるぐる王国DS 楽天市場店

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年04月03日 22時12分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月21日
カテゴリ:島の自然
昨日(20日)の東京出港はいいお天気でしたね。のどかな日差しの下、たくさんの人々に見送られながらおが丸が出発して行きました。手作りの大きな横断幕を掲げて盛大な見送りを繰り広げていたグループに遭遇。横断幕に「ありがとう」「先生」という文字があったので尋ねてみると、新しく島へ赴任するお医者様だそうです。診療所?保健所?それとも…獣医さん?その辺りは詳しく教えてもらえなかったのですが、何のご専門であれドクターは有難いです。小笠原を気に入ってくださいますように。

竹芝出港風景(3月20日撮影)
竹芝出港(12/03/21)

こちらも同じく、昨日の出港前に撮った一枚です。外来種の島への侵入を防ぐために始まった乗船前の足ふきマット。何百人もがいちいち靴底をこすっていたら時間がかかって大変なのかなぁ…と想像していましたが、ささっと上を通って行くだけなので楽ちんです。

外来種除去マット(12/03/21)

ただ、あんまり簡単で効果が心配に思えたりして。しかもスーツケースのキャスターとかはマットを通らずに行くわけで…。何もしないよりはずっとマシだけど、この外来種除去マットで安心しちゃわないことが大切です。船に乗って小笠原へ渡る一人一人が、靴底や洋服、カバンの隅に泥や虫や植物の種がくっついてないかな?と気にしてくれること、その意識を高めることがこのマットの本当の役割なのかもしれません。






最終更新日  2012年05月01日 02時51分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月17日
カテゴリ:島の自然
サイエンスZERO(Eテレ)「深海に謎の巨大イカを追え!」の 再放送がありました。小笠原諸島の深海で動画におさめられたダイオウイカ、迫力ありますね~!マッコウクジラの好物として知られるこの巨大なイカは近年まで生態がよく知られておらず、生きて動いている姿を動画で見られるって今でもまだまだスゴイことなのです。

車内ポスター(3月10日撮影)
車内ポスター(12/03/17)

写真は先日、電車の中で小笠原諸島のPRポスターを見かけて撮ってきたものです。都内で「小笠原諸島」の文字や島の美しい景色の写真などを不意に見つけると、やっぱり嬉しいものですよね。これからもこういう発見があったらぽつぽつとご紹介していきたいと思います。






最終更新日  2012年05月01日 02時34分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月13日
カテゴリ:島の自然
おが丸が東京・竹芝桟橋を出港して行きました。乗客数は766名。ザトウクジラのトップシーズンとはいえ、相変わらずお客さんが多いですね。写真は向きを変えてレインボーブリッジの下をくぐるおが丸です。昨日は定時より一時間遅れて着いたのに、今朝はまた父島へ向けて出発…内地でみるおが丸はいつも忙しそうです。

竹芝出港(12/03/13)

そういえば先日、ダンナ君が島トマトをいただいてきました。よく熟していたので、冷やして島の塩でぱくり。実が詰まっててとっても美味しかったですよ。今年の初ものでした。ありがたや。嬉しくて撮った写真をアップしておきます。

島トマト(3月10日撮影)
島トマト(12/03/13)

小笠原のトマトは生産量がそう多くないこともあり、出回り始めたらすぐ買わないと手に入りにくくなってしまいます…少なくとも贈答用に使える箱入りは予約が必要。普通に家庭で食べるには袋詰めので十分ですが、おそらく今年は農協の直売所にも観光の方がお土産を求めて集まっているでしょう。そんな事情を思うとなおさら、懐かしい島のトマトを食べさせてあげようと考えてくださった方のお気持ちが嬉しいのです。






最終更新日  2012年05月01日 02時07分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年03月03日
カテゴリ:島の自然
今月1日の深夜、NHKで小笠原のミニ番組が放送されました。ご覧になった方はおられるでしょうか。「小笠原 父島の海」と題し、父島の海で撮影された貴重な海の生き物たちが登場していました。深夜ということもあってかいわゆる "ヒーリングタイム" 的な感じで、ナレーションもテロップも一切なし。お魚の名前など学びたい人には物足りないかもしれませんが、とにかく小笠原の海が好き!という方なら思いっきりシアワセにひたれる映像でした。今後も再放送がありそうな予感がしますので、深夜のNHKは要チェックでございます☆

ビーデビーデの並木('09年3月3日撮影)
扇浦のビーデ(12/03/03)

写真は3年前の今日、父島・扇浦海岸で撮った一枚です。なんで枯れ木を撮ってるの~?と不思議に思わないでくださいね。道沿いに植えられたビーデビーデ(ムニンデイコ)の木に花が咲いているのを見つけて、嬉しくて写真に収めたものです。桜(ソメイヨシノ)がない父島では、春の訪れを感じさせてくれる花といえばこの「ビーデ」。最初お花を見た時は色も形も唐辛子みたいで変テコに思えましたが、独特の咲き方やビロードのような花びらの手ざわりなど、気づいたら大好きなお花になっていました。ここの木は枝が伸びる度にかなりバッサリと刈られていましたが、今はどんな様子になっているでしょうか…。






最終更新日  2012年05月01日 00時53分00秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月25日
カテゴリ:島の自然
昨日の毎日新聞に、今年のカツオ漁船の第一陣が勝浦漁港で初水揚げというニュースがありました。小笠原諸島南方での漁を終えての帰還だそうで、これがちょっと意外でした。カツオってもっと寒い海で獲るものというイメージがあったので☆

調べてみると、カツオ漁は冬場には中部太平洋、夏は日本の東の沖合あたりで操業することが多いようです。方法も一本釣と巻網があるとか。島でよそからの漁船もたくさん見たはずなのに、どんな魚を獲っているのかなど知識がなくて観察しそこねてしまった事も多く、今さらながらもったいなかったと思います。

見送りのレイ('09年1月25日撮影)
見送りレイ(12/01/25)

写真は3年前のもの。この日はおが丸の父島出港日だったのですね。息子がとても懐いていた写真家のお兄さんが乗船される時にこのレイを贈りました。リボンぽく見えているのはドラセナ・コンシンネの葉、長細い房状のものはハカラメのお花です。またレイを作りたいなあ…。

楽天ブログのプロフィール欄がなくなるそうで「楽天プロフィール」と連携することにしました。楽プロは同じ楽天ブログのお友達のなかでも登録している人がまだ少なく、正直どうなのコレ?という印象。盛り上がらないまま消滅した「楽天リンクス」の二の舞にならなければよいのですが。

   今日の一品   
香り高い紅茶の茶葉が入った3種類のクッキー。マンゴー、オレンジ、キャラメル各10枚入りです。世界遺産になりこうした「小笠原土産」の種類もぐんと増えましたね。
by 海外&国内土産・旅行用品 三洋堂

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年02月28日 22時29分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月08日
カテゴリ:島の自然
今日の東京はとってもいいお天気。島のお友達と3家族で葛西臨海水族園へ行ってきました。小笠原の海を再現した水槽があり、また伊豆諸島沖の海水を飼育用に使用していることなどから親しみのある水族園です。

チケットを購入して入り口を入るとすぐ、見慣れた「世界自然遺産 小笠原諸島」の横断幕が目に飛び込んできました。さすが東京都の施設です。サメの水槽をすぎてすぐのレクチャールームで「博物画に観るエビとカニの美」という展示が行なわれていました。杉浦千里さんが描いた超細密な甲殻類の姿は見事!の一言。中にはカノコイセエビ、アカイセエビの絵もありましたよ。2月28日(火)まで公開されています。

葛西臨海水族園(12/01/08)

情報資料室では「小笠原の海」というビデオを見せてもらいました。古い資料映像らしく、東京から28時間~のナレーションにびっくり。見れば先代おが丸の入港風景ではありませんか…でも海はこの頃のほうがきれいだったのかな。世界の海やペンギンの池などを順番に見て、後半でようやく「小笠原の海」のコーナー(↑)にたどり着きました。3つの水槽に小笠原でよく見かけるお魚たちが泳いでいるわけですが…うう~む、あんまりにも普通の顔ぶれで(笑)かえって感動が薄かったかも。ここの上にも「祝・世界自然遺産登録 ~小笠原諸島~」の横断幕がありました。

葛西臨海水族園(12/01/08)

ちなみにこの上の通路を歩くと、小笠原生まれのアオウミガメを見ることができます。小笠原海洋センターで生まれた仔ガメをここで1年間育てながら展示し、2歳になるとセンターへ戻し海へ放流するそうです。子供達、さすがにカメは懐かしそうに長いこと眺めていました。

葛西臨海公園はとても広く、水族園以外にも芝生の広場で遊んだり、日本最大の観覧車に乗ったり、家族連れで一日まるまる楽しめます。明日(1/9)からは「水仙まつり」も始まるとか。同じ沿線の東京ディズニーランドに比べれば混雑もましと思われますので、ぜひお出かけください。

【送料無料】全国水族館&フィー...

【送料無料】全国水族館&フィー...
価格:1,000円(税込、送料別)

   今日の一品   
ひとくちに水族館といっても個性色々。お出かけ前にはよく下調べをして、その水族館ならではの魅力を満喫したいですね。水族館めぐりに心強いガイドブック、一冊あると便利です。
by 楽天ブックス

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2012年01月09日 00時58分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月05日
カテゴリ:島の自然
父島・母島にカラスがいる…という噂を、先月末くらいから耳にするようになりました。都会で見かけるハシブトガラスではなく、越冬にきたミヤマガラスではないかとのこと。20羽~30羽の群れが目撃されています。小笠原にはわりと色々な種類の渡り鳥がやってくるのですが、カラスと聞くと「外来種!居ついたら大変!」と警戒心を抱いてしまうのは偏見でしょうか。

今日はおが丸の父島出港日。協会ツアー(小笠原訪問並びに交流ツアー)のお客さんが多いため見送りも盛大だったのではないかと思います。意外と知られていないのが、このツアーを主催する(財)小笠原協会が本来、旧島民の方々の帰島援助などを主な目的とする会であること。協会のサイトには小笠原諸島を訪れる方に役立つ情報も掲載されていますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

『第12回 謝恩ツアー小笠原 5泊6日』
期 日:平成23年12月4日(日)~9日(金)
参加費:大人 42,500円(3泊素泊まり)~56,000円(3泊6食付)
申込み:小笠原海運 TEL 03-3451-5171(11月18日まで)

協会ツアーと並んで人気の格安ツアーがこちら(↑)主催は小笠原海運です。同社のサイトによれば10月末の段階でAプラン・Bプランは満席、3泊素泊まりのCプランのみ「余裕あり」とのことでした。参加を検討している方は早めにお問い合わせを。現地入港日には小笠原郷土芸能の披露もありますよ~♪

   今日の一品   
東急ハンズ全店で驚異的に売れている、今話題のクッションです。ヒーター付きのもみ玉が4個内蔵されているので、ぬくぬくほっこり気分でマッサージ。どんな体勢にもフィットするピラミッド形状です。
by 東急ハンズ 楽天市場店

楽天トラベルblogram投票ボタン
ランキング参加中!
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 伊豆諸島・小笠原諸島情報へ
にほんブログ村






最終更新日  2011年11月07日 01時05分54秒
コメント(0) | コメントを書く

全210件 (210件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.