414821 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全18件 (18件中 11-18件目)

< 1 2

2010特典旅行

2010/12/06
XML
カテゴリ:2010特典旅行
個人的にはサンセットより
サンライズが好み

6時半に目覚め

7時にお散歩へ
F12006.JPG


F12004.JPG


日の出はとっくにすぎてしまった。

が、静かな朝の空気は好きだ。

F12003.JPG



F12002.JPG



ほとんど人は歩いていない
F12007.JPG


F12001.JPG



早めに開店のお店が準備をはじめている

ワンチャンや猫ちゃんは沢山闊歩している。


この日は快晴
だが、風が強く寒い。

F12005.JPG


早々にホテルへ



朝食は遅めの8時半

先客は1名


オフシーズン一歩手前のこの時期
宿泊客はかなり少なかったのだろう



ビュフェも寂しい


外は寒いし、

カプチーノはなかなかこないし、

帰ろうかと思った頃、卵料理のオーダーを取りに来た。

F12000.JPG


寒い。


NEXT右矢印







Last updated  2013/04/16 09:35:44 PM
コメント(2) | コメントを書く


2010/12/04
カテゴリ:2010特典旅行
天気も回復してきていたので、
ホテルの夕食の予約をお願いしときました。

このホテルはサンセットを眺めるのによいレストランのようです。

時間もわからず、19時半頃の予約をお願いしようとしたら、
サンセット後の予約か?と聞かれた。
サンセットはもう少し早い時間だという。
ので、
18時半に予約をお願いした。


少しお部屋で休息


若干サンセットの気配
F12008.JPG

雲は多いがなんとかいけるか???




早めの夕食

同じ時刻に他に2組




一応日本語メニューもある。

前菜、プリモ、メインから1種類づつ選んで
シェアすることに
F12011.JPG



タコのグリルとレンズ豆のなんとか?
F12001.JPG



イカとキャビア?のパスタ
F12000.JPG




豚肉の???
F12005.JPG


おそらく血とワインのソースだった。と思う
二人して食べられず。


もう一品オーダーとも思ったが、
残念ながら、このお店の料理は気取りすぎた感じ

残念ながらあまり好みではなかった。



だんだん夕日が沈んでく


F12010.JPG

F12003.JPG

F12007.JPG





あっという間に真っ暗

F12006.JPG

前にも書いたかと思うが、
夕日が沈んで、暗闇になる前の
濃青紺の空が好きだ。


何げない海の景色だが、
ここはエーゲ海



ってことで、気分を盛り上げてみた。






残念ながら、地平線の近くに雲があって
完全なるサンセットを見ることはできなかった。
だが、遠くから拍手が響いたり、
やはり、沈み行く太陽は美しかった。
写真では写せない沢山の美しい色彩




お部屋に戻って

F12004.JPG
サービスのワインワイングラス
私はほとんど飲めず
家人か完飲

かなり飲みすぎ。



NEXT右矢印











Last updated  2013/04/16 09:34:14 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/11/25
カテゴリ:2010特典旅行
お昼を食べてる間に雨が止んできた。
このまま晴れてくれればいいんだが。。


あてもなく街を歩き回る。

ちょっと裏道に逸れたら
猫ちゃんに遭遇

さらに進むと

。。。。

足跡さて何匹いるでしょう
F12001.JPG


F12000.JPG

ちなみに1枚目と2枚目は同じお家のお庭です。

まさしくニャンニャンパラダイス



そして
さらに歩き進むと

行き止まりNG




歩いてきた坂道を戻ります。
ですが、来た道を間違ってしまったりと
非常に疲れました。


ようやくメインストリートに戻れた。

裏道歩きには注意しましょう。




どこを歩っても絶景のイア

これで天気が良かったら

F12008.JPG


F12007.JPG





少し歩きつかれて
お茶しに

またしても海沿いのお店
F12009.JPG


F12003.JPG


もうすぐ夕刻
天気が回復しつつある

がんばれ、イアの夕日


わずかなる期待


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 09:32:42 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/11/22
カテゴリ:2010特典旅行
だんだん雨が強く降ってきた。

しかし、部屋でまったりってのもなんなので、
傘を借りて、街散策へ
でも貸してくれた傘は1本・・・・

あまり人が歩いていない。
と思いながら、歩き進
人より犬に遭遇する。
F12003.JPG

F12006.JPG




お土産屋さんを見ながら、歩き進む。
けっこう素敵なお店が多い
天気が良くテンション高かったら買ってしまったかも?的、
アクセサリーや
ストール系もあちこちに

実は、この後トランジットでトルコに行くため、
アヤソフィア入館の為のストールを忘れてきた。
さすがに貸し出されたストールを髪に巻くのは抵抗があったので
こちらにて購入


朝ごはんが軽めだったので、お腹が空いた。
看板犬に誘われて、こちらのお店へ
けっこう賑わってる。
F12002.JPG


F12001.JPG


オーダーした品は
ムール貝のガーリックソース
みたいな表示だった気が、
パリやクロアチアで食べたワイン蒸しみたいなものを想像したが、
まるで違った
F12002.JPG
11.5euro

そして、パスタ
たしかトマトクリームソースみたいな
濃厚、茹ですぎ
だが、日本のナポリタンに近い印象
美味しい
F12005.JPG
11.5euro

サラダは、
隣の席のおば様達が、皿一杯のサラダに悪戦苦闘している姿に
オーダするのを止めた。

物価は高め
さらには、ほとんどの店でクレジットカード不可



NEXT














Last updated  2013/04/16 07:03:55 PM
コメント(4) | コメントを書く
2010/11/18
カテゴリ:2010特典旅行
先日の飛行機エージアン空港の機体写真おわかりのとおり、この日は雨雨

正直、サントリーニ島で雨雨
なんて想像すらしていなかった。

どんより薄暗い空港に降り立ち
タクシーを拾う。

ここサントリーニ島のタクシーは相乗りが当然らしい。

途中、別の客が乗ってきて、降りていった。

なので、メーターの表示はない。
たしかイアまで45ユーロだった。(結構高い!)


イメージとはだいぶ違った、茶色い街を眺めながら
15分程度でフィラの街
さらに20分位乗って、イアに着いた。

風車が見えるパーキングエリアにて下車
ホテルは向こうだという方向へ歩き出す。

強い風
雨が横殴りにさしこむ。
F12001.JPG

ん~ん
最悪の天気
雨台風雨


ちょっと迷ったが、隣のホテルの人が教えてくれて
無事到着
歩いてる人はほとんどいない。


チャックインだいぶ早いがお部屋に案内してくれた。
階段だらけのホテル

"FANARI VILLAS"
a junior suite is 380 euro

お部屋は
F12002.JPG

F12003.JPG


ちょっぴり奮発していたので、若干期待外れ感はあるが、
眺めは抜群
F12000.JPG


でも、外は雨空

サントリーニー島が雨なんて

実は、私は超雨女

やられた。




どんよりグレーのエーゲ海を眺める。

あ~ぁ



NEXT



















Last updated  2013/04/16 07:03:22 PM
コメント(4) | コメントを書く
2010/11/14
カテゴリ:2010特典旅行
結局30分以上遅れての出発

この時刻でも機内食
一応もらってみたが、あまり好みではなかった。
F12002.JPG

2時間40分のフライト
うとうとしている間に到着


しーんとした空港

「いったい今何時?」との問いに
「たしか2時間半位の飛行時間の予定で、遅れたから12時位じゃないの?」
なんてあいまいに答えていたら
空港の時計は1時20分過ぎ
???
まさか空港の時計が狂ってる訳もなく・・・

フランクフルトとアテネには時差があったんだ。

って,
この時気付いた。

なんて計画不足の2人


真っ先に荷物を引き取り、
外へ
この日はエアポートホテルに宿泊の予定

明朝、サントリーニ島へのフライトもあるので、
市街まで行かず、ゆっくりエアポートホテルへの滞在を決めた。

SOFITEL ATHENS AIRPORT HOTEL
 190ユーロ

空港を出てすぐ目の前
ちょっと迷ったが、あやしい紫色のネオンが光ってるのですぐわかった。

深夜1時40分のチャックイン

深夜到着の連絡を入れておかなかったが、大丈夫だった。

とても綺麗なホテル
F12000.JPG

F12003.JPG

設備も申し分ない。

バスルームも、バスタブとシャワーブースが別れている。
F12004.JPG



設備も申し分ない。
スリッパも、ポットもあった。


とはいっても、深夜なので、お風呂に入って寝るだけ。




長い1日だったな。







翌日
この日の出発は少し遅い。

ホテルでゆっくり朝食ってのも良いが、
朝食は別料金
それに、ちょっぴり寝過ごしたのでラウンジで済ませよう。
なんて思って出たのだが、、、



1泊のサントリーニ島なので、荷物は少量にして
スーツケースは預ける予定
だが、直前になってこのホテルは日付を跨いでの預かりはできない
ということがわかった。
だめもとで聞いてみたが、やはり不可
空港内の荷物預かり所を教えていただき、そちらへ

特に見るところもない空港なので、
早々にチェックイン
セキュリティーを通過
ラウンジを目指す。
が、、、
ラウンジはセキュリティーの手前にあったようだ。

駄目もとで、逆行をお願いし、
ルフトハンザのセネターラウンジへ向かう。

この時は、別購入のエコノミーチケット
SFCの特権を使うべく、クレジットカードを見せる。
が、、、
入室不可能

何故か、スタアラゴールドの有効期限が前月迄との表示が出てしまうらしいのだ。
え~!!!
たしかに、ANAから渡されていた青いプラチナカードは持って行かなかった。
いままで、この青いカードを使用することはなかったので、
あまく見ていた。

どうしても入室は認められず、
近くのカフェスペースで、コーヒーとクロワッサンを頂いた。
美味しかったから満足だが、結構高額(2人で16ユーロ位)



F12001.JPG
初のエイジアン航空
最近スタアラに加盟したばかり
わずかだが、マイルが加算されてよかった。

サントリーニ行きの便
リゾート行きとは思えぬ客層
比較的年配者多し
ほぼ満席の機内


NEXT
















Last updated  2013/04/16 07:02:24 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/11/06
カテゴリ:2010特典旅行
ここフランクフルト空港には何度か訪れているが、
トランジットのみ飛行機


今回もトランジットだが、
時間がたっぷりあるので、

初フランクフルト観光へ

ビジネスの街ということでこれといった観光地はないようだが、

やはり1度は訪ねてみなくては


空港から中央駅までは列車ですぐ

乗車券が3.4ユーロってのはかなりお高い気もするが、、、
F12007.JPG

中央駅からレーマー広場へタクシーで

F12000.JPG

F12001.JPG

んん~ん
綺麗すぎて、趣が少ない

活気も少なく微妙


少しお腹が空いたと、
近くのお店へ


平日の午後

こんな感じなのか?

ひっそりとしてる。


よくわからないメニューから
チキンをセレクト
F12000.JPG

飲み物は、
シードルが飲んでみたいと言う家人は、シードル
私は、もちろんビール

以前、モンサンミシェルで飲んで、あまり好みじゃなかったのだが
シードル

ここドイツのものもイマイチ

ビールを奪われてしまった。


食べものは、

脂身の少ない、鶏の胸肉だが、
味付けは美味しかったです。

その後、あてもなくふらふら

お店がある方面へ向かっってショッピング

早々にお土産購入


さらにふらふら

なにやら賑わってる広場が、

露天のようなお店が多数

ソーセージやビールのお店もある。

やはり
フランクフルト

これを食べておかねば、、、
F12001.JPG


記憶によると3ユーロ程度だったと思う

粗びきで硬め、サラミに近い食感だった。

ビールは黒色系が人気らしい

夕方になって
街は賑わいだした。

広場が朝市のような雰囲気で、
みんな飲んだり食べたり


空腹だったら色々食してみたかったが、
残念

こんな食事も楽しい。
F12002.JPG

F12004.JPG




ショッピングを続けるも、
円高とはいっても、やはりお高め
ブーツなど欲しかったが、当然足にも合わずに断念

まだ時間も早いが、空港へ戻る。

帰路は、
中央駅に戻らず、ダイレクトにSバーンにて
路線図を見てみると、空港まで1本で行ける。


料金は同じ

タクシー代分得した。

もし、フランクフルトでトランジット観光なさる方は、

空港からSバーンにてHauptwache
下車される方がいいかも
です。


早く空港に着きすぎた。

お土産に買った物達をを預けることに。

初めてのことで不安だったが、すんなりOK
F12003.JPG
チャックインカウンターの面白いオブジェ




さっそくラウンジを目指す。

今回ビジネスクラスだが、スタアラゴールドにて、セネターラウンジへ入室
当然OKだった。
(しかし、この後アテネでは入室拒否されてしまった。)

広くはないが、そう混雑もしていない。


ソーセージも
オーダー製のサンドイッチもあった
スープもあった

だが、満腹

家人は色々と試みていたようだ。

そうこうしてるうちに

眠気が、

念の為、家人にアラーム携帯電話の設定をお願いしたが、
無視された。

ま~こんなところで熟睡もないし
なんて思って
うとうとしていたが、

知らぬ間に熟睡眠い..


ぱっと目覚めて

んんん

時計を見る。
すると

なんと
なんと

出発10分前

げ~っ

すぐさま隣の家人をたたき起こし

ダッシュで走る。
ダッシュダッシュダッシュ

いや~
かなり焦った。

搭乗口に着くと
まだ、搭乗中の人々が

よかった。
間に合ったようだ。

フライトディレイ

幸いにも乗り遅れずに済んだ。


しかし、

慌ててラウンジを退出した為、
家人は眼鏡を忘れてきたらしい。

かなりの損出


NEXT












Last updated  2013/04/16 07:01:22 PM
コメント(2) | コメントを書く
2010/10/26
カテゴリ:2010特典旅行
オルヴィエートを抜かして
ギリシャ旅行記へ
覚書も少ないし、事前準備もしていないので、
後になっては思い出せないだろうから。。

***************



ルフトハンザ便なので、ANAのHP上で事前座席指定ができなかったこともあって
座席指定をし忘れていた。

ビジネスだし、2人だし

まぁ、どこでもいいかな?なんてタカをくくっていた。
のだが




2時間半前位にチェックイン

すると、本日満席ですので、お座席がバラバラになります。
と、、、、

しかも

かな~り離れてる。

え~っ


せっかく2人旅なのに



ラウンジ滞在時もどうしようかと考え

ダメモトで隣席の人へアタックしてみようと
(LH便なので、外国人も多いのが心配だったが)

幸いにも日本人だった。

私たちどちらの席も窓側だった。

後方座席の方にお願いしてみたところ
やはり一人旅なので、通路側が希望らしかった。

すると
近隣席の方が、その方に通路席を譲り、私たちは並んで座れることになった。

皆さん感謝感謝

かなり恥ずかしかったが、
言ってみるもんだと思った。


新しいA380
新機材にしてはモニターも小さいし、特記すべき点もないが、
やはり新しいのは気分がいい

機内も広くって2階席にいるとは思えない。

C席の数も多いので、ビジネス席だったことも忘れてしまいそうだった。

F12000.JPG


F12002.JPG


機内食は和食をチョイス

前菜は比較的美味しくいただけたが、
F12001.JPG

主菜はビックリするほど美味しくないお肉
F12003.JPG

しかし、付け合せのお野菜とお漬物が意外に美味しく
白飯完食


4時間ほど寝て
映画を2本見て
あっという間にフランクフルトへ到着

私的には10時間を越えるロングフライトの方が好み
8時間未満だと睡眠時間が取れず、逆に疲れる。
特に西回りの欧州ば私にとってはベストなのだ。


家人は、、、
ほとんど眠れなかったらしい。

この日はこれからまだまだ寝れない。
大丈夫?


NEXT










Last updated  2013/04/16 06:59:58 PM
コメント(2) | コメントを書く

全18件 (18件中 11-18件目)

< 1 2


© Rakuten Group, Inc.