000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >

RTW2009 第3弾

2009/11/09
XML
カテゴリ:RTW2009 第3弾
ようやくこんどこそ帰路
成田へ
飛行機NH005

2度目のANAファーストクラス



空港内の停電のため
搭乗が遅れた
しかも、
タラップを上ることに・・・
荷物が重い
外が暑い


搭乗すると、CAさんが丁寧に謝っていた。

乗客は他に2人


F12004.JPG


席に着いて落ち着くと眠気眠い..が、

「お疲れのようなので、お食事の前にお休みになりますか?」
と聞かれ、お言葉に甘えて寝ることに

希望の食事はおとりおきしてくれるらしいので、キャビアをお願いして


5時間位熟睡

目覚めると、すぐにサービスに

他の2人はお食事が済んで寝る時刻


一人だけ食事の開始
F12000.JPG

他の乗客の為、照明を消してもらったので、若干暗め

お待ちかねのキャビア
F12001.JPG

日本発欧州便とは違って、トラディショナルタイプ
この方が好み

あまり味がわからないが、ルフトハンザの方が美味しかった気がする。。

続いて、

う~
悩んで、何故かこちらをチョイス
F12002.JPG


自分でも良くわからない。

他には?
との問いに
F12003.JPG

またしても何故かこちら


どうも、なんでかいつもオーダーで、食べたいものではないものを選んでしまう。
???

映画を見て、くつろぎ
皆さんお目覚め後の朝食時間


離陸まで1時間?位の時刻になって
意地汚くも、オーダー
で、
またしても何故か
F12005.JPG

分厚いカツだが、野菜が挟んでない
残念だ。

赤ワインと共の美味しく頂いた。


で、最後に

CAさん薦められた、オリジナルのスイカポンチ
F12006.JPG

さっぱりして美味しかったです。



また乗りたいな~
ANAのF


NEXT







Last updated  2009/11/15 09:37:34 PM
コメント(8) | コメントを書く


2009/11/07
カテゴリ:RTW2009 第3弾
LAX空港には3時間前には着いたほうが良いというので、
とくにやることもないので、早めにホテルを出た。
8:30
バスの到着まで5分
多少道は渋滞していたが、10分程度で空港へ着いた。
早々にチェックインと思ったら・・・
チェックイン開始は9:45(出発は11:25)
1時間近く待つことに


ここ国際線ターミナルはshopも少なくつまらない


時間までまってチャックイン
そしてようやくラウンジへ

新しくオープンしたスターアライアンスラウンジ

先客は日本人2人

そう広くはないが窓が大きく、航空機が良く見える。
F12001.JPG

F12005.JPG

F12007.JPG

ミールは・・・

F12004.JPG


これといったものはないので、
何故か「辛ラーメン」を頂く。

美味しい。
温かく、ほっとした。

このラウンジ内
エアコン効きすぎ
とても寒かった。

少し時間が過ぎたら、ホットミールも加わった
エキゾチックな焼きそばのようなもの
けっこう美味しかった。

機内食があるので、控えめに


F12002.JPG



NEXT






Last updated  2009/11/09 09:09:34 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/11/05
カテゴリ:RTW2009 第3弾
21時過ぎロサンゼルス空港へ無事到着
外はすっかり暗くなってるが、この空港は非常に賑わってる。
本日のお宿は
MARRIOTT LOS ANGELES AIRPORT

朝食はついていないが、10000円/泊
それにたしかポイント10倍だった気が、
そしていつも制覇できないポンカンの「カン達成」できる。

空港からは無料のシャトルバス
シャトルバス乗場はすぐわかったが、バスはなかなか来なかった
と思ったら2台続けて・・・

途中1箇所別のホテルに寄るが、所要時間は5分位
歩けるのでは?という距離

いや~
久々のアメリカンなホテル
(ってここはロスだ。)

F12000.JPG

F12000.JPG

ちょっと古臭い感じだがリフォーム済で綺麗。

一人で計10個の枕
どう使う???眠い..



スイスとNYが-6時間の時差時計
NYとロスが-3時間
ロスと日本が+16時間
????


で、スイスを経ってから17時間半
ただ今ロスの時刻は22時過ぎだが、
日本は、14時

立て続けに飛行機飛行機中長距離便を2本飛んだので、
頭の中がグルグル

寝続けていたので、眠くもないのでネットして夜更かし



お腹を空いたので、何か食べようかと思っていたら、
スポーツバー?らしき店以外閉まってしまった。

スポーツバーは、
なんか一人では入りにくい雰囲気なので、
売店にて調達

食指が沸かぬものばかり、
しかたなく
この旅最後の晩餐
F12006.JPG


NEXT






Last updated  2009/11/07 09:26:53 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/11/02
カテゴリ:RTW2009 第3弾
p.s
ユナイテッド航空は、JFK-LAX JFK-SFOのみ
国内線での3クラスで、
プレミアム・サービスを実施してる。

とうことで、

若干期待して搭乗したのだが・・・


うっ狭い!
F12009.JPG

F12002.JPG

当然先ほどまで乗ってきたLX便とは似ても似つかぬ、
しかも満席
ラウンジには誰もいなかったのだが??
お子様も数人

当然隣席もいました。


C席とまるで変わらぬ座席
しかも、結構な経年変化がみられる。


何故か枕とブランケットにはこだわってるらしく
狭い座席にも関わらず、大きな枕が2個も配布された。


12人の乗客に対して専属のCAさんは1人
そして、
当然のごとくギャレイを通過してトイレへ行かなくてはならない。


このUA便ドリンクはシャンパンやワインではなくカクテルが売りらしい
次から次へとドリンクオーダーが飛び交っていた。
F12008.JPG
私はビールを頂きました。

アミューズは温められたナッツ
UAにしては温めて持ってくるなんて上出来
しかし、量が多すぎ

前菜
F12004.JPG


メイン
F12011.JPG

アメリカンサイズのデザートは見るのも嫌
ご辞退いたしました。

隣席のビジネスマンはすべて完食
しかも、6時間ず~っと飲み続けてました。(すごい)


見た目以上、予想以上に美味しかったですが、
こんなに食べれるはずもありません。


またしてもLXと比較しますが、
なんでしょうね、この大雑把

同じFクラスとは思えません。
(料金の比較はしてませんが、)


しかも、しかも
渡航前に知ってはいたのですが、
このシートにモニターはありません。
貸出された、HDDプレーヤにて映画は鑑賞することになります。
事前情報によるとDVDだったのですが、HDDに変わったようです。
しかし、おそらく日本語対応物はほとんどありませんでした。


ま~
寝てれば着きます。
これも良い経験でした。


NEXT









Last updated  2009/11/05 09:40:50 PM
コメント(2) | コメントを書く
2009/11/01
カテゴリ:RTW2009 第3弾
10年ぶりのJFK
とはいってもトランジットだけ
しかし、超緊張

出発前にWebにて情報収集するも、よい評判はないし
イミグレにて時間がかかるらしいので、乗継大丈夫か?
さらに、最近頻繁に行われる、セキュリーティでのボディチェックも心配



降機時、たしかLXはFクラス優先ではなかった。
Cクラスを掻き分け出て行った記憶

早足でイミグレーションを目指すと

・・・・・

やはり長蛇の列
アトラクション乗場のように並んでる。
(当然だがこの辺りで何分との表示はない。)

約45分程度かかった。

10本すべての指の指紋とをとられ超緊張
質問はあっさりだった。

「どこからきましたか?」
「ずーりっく」

「UAでの滞在日数は?」
「1日」

「???ベリーショート」
「トランジットです。」

「おお そうですか。」

「どちらへ向かうのですか?」
「日本です。」

「OK!」

ありきたりの質問であっさり通過できてよかった。


私の場合、手荷物しかないので良かったが、
ここJFKではトランジットでの荷物を一旦受け取る。
当然1時間近くかかるので、ターンテーブルから降ろされた荷物たちが、
転がっていた。

さ~て
あまり時間はないがラウンジを目指す

ターミナル7へ移動
F12003.JPG

セキュリティーもあっけなく通過

情報はあまりないが、楽しみにしていた
「United First International Lounge」
F12001.JPG
受付でボーディングパスを見せて入室

し~~ん


誰もいない

スタッフもいない

音楽もない

なんか少しぶきみ
静か過ぎて逆に落ち着かない。

F12005.JPG


F12000.JPG


F12010.JPG


奥の方のこちらの席に
F12000.JPG

壁に挟まれ、狭いのでなんか落ち着く


ミールのチェック

品数はかなり多いほうだと思うが、食指がわかない
F12007.JPG

ディスプレーや保管方法がよくない。

ラップでおおざっぱに覆われた、冷蔵庫の中のサンドイッチや冷菜
F12006.JPG

氷が溶けて薄まってしまったフレッシュジュース

?????


オレンジジュースとシャンパンでミモザを作り
軽~く頂く。
F12001.JPG

ラップロールサンドみたいなものは、皮がイマイチ

だが、サーモンとクリームチーズの海苔巻きと海老
見た目に反してとても美味しかったです。


退出時、レッドカーペットラウンジを覗いてみたら、
混んではいましたが、
広~くて、明るかったです。
(こっちにすればよかった。)


NEXT











Last updated  2009/11/02 08:43:46 PM
コメント(4) | コメントを書く
2009/10/27
カテゴリ:RTW2009 第3弾
飛行機Newキャビン搭乗の為、わざわざ手数料も払ってルート変更した。
LXのA330-300
LXは、デザインが好きだが、
前回Cクラスのシートがずりおちだったのが残念だったが今回はFだ。

搭乗率は半分
4名
しかし、恥ずかしさもあり、他の乗客への気遣いもあり
なかなか写真がとりづらい

シートはやはりすばらしい
しかも当然 新しい
デザイン的には、今まで乗った航空会社で一番の好みなタイプ
F12008.JPG

F12001.JPG


向かい合っての食事が可能な配置なので、当然前後の間隔がとっても広い

よって、
このモニター
とても大きいのだが、遠~い
なにげに、Cクラスとかの座席の脇から出てくるタイプの方が角度調節ができて好みかも
(贅沢発言ですいません)

スリッパも大きめのポーチもいただいた。(いまだに開けてないが・・)

当然ウェルカムドリンクもあるが、ラウンジでも飲んだのでお水をセレクト
まったく記憶にないアミューズ
F12007.JPG
なんとなくそんなに美味しくはなかったような気が、


F12014.JPG

なので、前菜も期待はしていなくて
ワゴンで運ばれ、
好きなものを好きなだけ?チョイスできるのだが、、、
控えめにサーモンとホタテ貝を1ケづつ
F12004.JPG

F12012.JPG

それが、とっても美味しい
特にサーモンと緑色のソースがうまい

お替りが欲しかったのだが小心者
言い出せなかった。

サラダも、トッピングなどをワゴンからセレクト
瑞々しいサラダだ。
F12011.JPG

スープらしきものの記憶もない。
F12009.JPG

そしてメインなのだが、、、

何を血迷ったかグリーンカレーをセレクトしてしまった。
(ココナツも香草も苦手なのに、自分でもわからない。)
F12013.JPG

味は悪くない。
が、このお米がやはりいただけないな~

スイス航空のお食事は、どちらかというと高級イタリアンに近い感じの
食材重視のシンプルで洗練された印象だった。



ちなみに4人の乗客に対して、専属担当者は2人だった。
感じのよくフレンドリーな感じ

このあたりで、眠気のピーク
チーズもデザートも好みじゃないんで、早々に就寝
F12003.JPG


3時間ほど熟睡

目覚め後、アイスクリームとコーヒをいただき、
映画を見てあっという間

さあーて
緊張のJFK空港に到着です。



追記
この航空機の最大の欠点(生意気に私的感想)
Fクラスの前方にギャレーがあり、その前方がF用トイレ
航空機のことに詳しくないので良くわからないが、
機体の構造上しかたないのかもしれませんが
ギャレーがSQやANAとは違ってオープンなので、
F客がトイレに行く度にギャレーを横切ることに
これってスマートじゃない。
私的にはかなりのマイナス要素だと思うのだが・・・
A330-300.jpg

その他、
シート、サービス、お食事
とても素晴らしかったです。



NEXT










Last updated  2009/11/01 10:49:32 AM
コメント(2) | コメントを書く
2009/10/26
カテゴリ:RTW2009 第3弾
RTW第3弾のメイン
チューリッヒのLXファーストクラスラウンジ
フランクフルトとの選択で、こちらをチョイスしたのだが、
結果は・・・


チェックインカウンターを探すと、
LX便は別ゾーン
さらにFクラスは、専用の別室?
F12006.JPG

外部への出口があり、その出口にはポーターっぽい男の人が立っていたので
てっきりここでのチェックイン後、
ラウンジまで送迎してくれるのかと思ったら
案内図を渡され、道順を説明された。

・・・・

空港内を見学しながら歩く。
歩く人歩く人歩く人
が、遠~い


F12007.JPG
ようやく着いた。


しかし、前回利用したラウンジとは違うような気が、

後で気づいたのだが、コチラはFクラス専用の入口
入口だけが違っていて、場所は前回同様AドックのCラウンジと同じ場所だった。



意外に人が多く、4人掛けのソファーに2人づつという程度の混み具合
そんなに広くはない。

F12003.JPG

F12013.JPG


中央付近ののソファーに落ち着いて、
ひとまずロゼのシャンパンワイングラス
グラスに半分ほど
F12010.JPG

ミールもドリンクもそんなに品数は多くない。

F12004.JPG

F12001.JPG


こちらもFRAのLHラウンジと同様にレストランコーナがあるということで、
誰もいないが、テーブルへ着席
F12012.JPG

メニューをお願いすると・・・
フードはビュッフェのみ?らしい
え~
結局、白ワインのみをオーダーし、
自分でビュッフェコーナーへ
F12009.JPG

うん~
Fっぽくない

お味は見た目以上に美味しかったが、
何故か満足感少ない


適当にラウンジ内を散策し、
再びソファーにてくつろぐ  つもりだったが、






最近、むかついた内容の記事(愚痴)が多いが、
ここLXファーストクラスラウンジにては、、、


ソファーとセンターテーブルとの間隔が広めになってるが、
まさか、
座ってる人とテーブルの間を通行するなんて考えられない行為
しかも2往復
4回、
ご主人の後、夫人も1往復2回
食べ物を取りに行く度、彼らは私の前を通っていった。

おそらく、絶対 ここは通路ではない。
ここは、ファーストクラスラウンジなのに
考えられない行為

そして彼らは間違いなく日本人
恥ずかしいというか、悲しいというか、、



そんなこんなであまり良い印象のラウンジではなかった。

しかも、再訪したいと思ってたロングカウンターラウンジは、
ここではないと思ってたら、
出発時、カウンターの向かい側にあったのだ。
非常に残念だった。


受付カウンターで集合
4人の乗客で、搭乗口を目指す。
セキュリティーを通り、
ベンツのステーションワゴン?に乗り、
そしてさらに歩く 遠いな~
で、、、、
またしてもセキュリティーチェック
なんで2回も?

全然フランクフルトのルフトハンザとは違う。
子会社なので、急遽同じようにしてみただけって感じで、
システムが追いついていたいようだ。


搭乗口まで、連れてってくれたが、
さらに搭乗口にはパスポートコントロール
長蛇の列
F12005.JPG


NEXT










Last updated  2009/10/30 09:33:05 PM
コメント(4) | コメントを書く
2009/10/22
カテゴリ:RTW2009 第3弾
朝食へ向かう

エスコートの人がいるので、窓際席をお願いするも
NO!

ほんとムカつくホテルだ。


F12005.JPG

しかし、朝食は種類も豊富で美味しい。
F12003.JPG


フレッシュオレンジジュースがとても美味しかった。
これだけでも満足

しかし、ガチャガチャうるさい。
サービスの人が食器を片付ける音がうるさい
スマートじゃないな


まったく落ち着かない。



さらに
おそらく中国人ツアー客

一人が、紅茶コーナーのお湯を自分の水筒に
まもなく
ゾロゾロゾロゾロ・・・・

みんなで水筒らしきものをもって

不思議民族

後日談
HKG-SINで乗ったスイートクラスの乗客
おそらく中国人
機内にてCAさんに水筒を差し出しお湯?を要求してた



不思議民族



お決まりの朝食後のお散歩へ
このホテルはジョギングコースがあるらしい

(もちろんジョギングはしないが。。)
F12001.JPG
階段を登って、お家の脇を通って抜けると

草原?
IMG_0013.JPG

F12002.JPG

わふぁ~
気持ちいい

道らしき道を歩く

ちょっぴり糞が落ちてはいるが・・


緩やかな坂を上ると、左側にとうもろこし畑
とっても背が高い。
3m近いかも

遠くまで見渡せる。
スイスっぽい

とても気に入った。


30分くらいはいたが、誰も来なかった。

F12000.JPG
ゲストは彼ひとり


NEXT








Last updated  2009/10/26 10:31:05 PM
コメント(2) | コメントを書く
カテゴリ:RTW2009 第3弾
一旦ホテルへ戻り、荷物のピックアップ
ホテルのお引越し

空港へ向かう 
バーンにて6.8CHF
ちょっと面倒だった。

そして
空港から無料シャトルバスにて「ヒルトン・チューリッヒ・エアポート」へ

一番前の座席に座っていたので、到着したと思って降りてしまった。
なにやら、簡素なホテルだなぁなんて思っていたら

「ヒルトン・アパート・ホテル」???
超紛らわしい。

聞くと、バスは30分後、歩いて5分位だというので、、、
荷物を引きずりながら歩く人歩く人歩く人

ようやく到着
F12004.JPG

先ほどのエントランスよりは立派だが
中に入ると薄暗い
???
裏口から入ってしまったかなぁ
なんて思って進むと
レセプションが、

バウチャーを見せてチェックイン

キーを受け取りEVへ向かうも???
ここも裏口か?
とういう雰囲気の経路

あまり気分のいいホテルではない。

普通の値段は、昨日までのホテルの倍
納得いかない気分

お部屋はそれなりに綺麗
F12002.JPG

F12001.JPG

到着後、もってきた水、ビールを冷やす為に冷蔵庫へ



DVDをみたり、ネットをしたりして過ごす。
無線Lanは有料
4時間(利用時間)15CHF


お水を取り出そうと、冷蔵庫を開けると
開かない。

何故だ?


無理やり入れたので、どこかに引っかかったのかと思い
色々試みるが、開かない。

家具調扉と、冷蔵庫の扉を合わせている金具を壊しちゃった。

しかたなくレセプションへ

「冷蔵庫の扉が壊れて開かないよ」と言うと
「君は、ツアー客か?」
「違うよ」
「????」
「????」
しばらく拉致があかない話が・・・
担当者が変わって
ようやく部屋番号を聞かれて予約情報を調べる。

すると、「カードをデポジットとして出したか?」と
出せって言われないものなんで出すんだ。
なんかムカつく
「だったらカードをもってくればいいんでしょう?」と伝えるも通じない。


少々日本語が話せる人が現われ、
その人の話だと
バウチャーでの予約客もツアーと同様で、
冷蔵庫の利用ができないらしい
(私が入室後、冷蔵庫をロックしたらしいのだ)

「どうしても開けたいのなら、クレジットカードをもってこい」

う~


理由はわかったが、対応が超気に入らない。
(言葉がよくわかわらないだけの問題ではない。きっと)

むかつくので、扉を壊したことは告げなかった。

所要時間約30分



雰囲気といい、対応といい、気分の良いホテルではない。

ホテルのレストランで夕食をと思ったが、
高い こともあって止めた。

食材を調達すべく空港へ向かう
夕刻は20分おきの発車


空港の新しいショッピングセンターのフードコートへ向かう。

マック、ソーセージ系、メキシカン、コリアン、洋食系などあったが
これといって食指が沸くものもない。

コリアン系の物にしようかと思って列に並んでみたら、
エビ八宝菜系+炒飯 みたいな弁当で、2000円以上
高っい!
そんなに美味しそうでもないので、
無難にマックへ

おそらく海外初マック
バリューセットみたいなものでも1000円以上とやはり高っい!

ラップサンド3.9CHFとポテト3.6CHFを購入し、(700円位)
テイクアウト


バスに乗って帰る。
5分で着くので便利


またしてもわびしい食事
F12000.JPG
ジャンクフードばっかり

NEXT







Last updated  2009/10/23 09:00:58 PM
コメント(4) | コメントを書く
2009/10/19
カテゴリ:RTW2009 第3弾
その他見かけたいろんなもの


旧市街には、壁画の描かれた建物もたくさんありました。
どれもとっても個性的
軒天まで細密に描かれてるものもありました。


F12000.JPG

F12007.JPG

F12003.JPG

F12002.JPG

F12006.JPG




チュリッヒもですが、所々に凝ったデザインの水飲み場がありました。
F12004.JPG

F12005.JPG

F12000.JPG

人間用か、犬用かわかりませんが、
ペットボトルに汲んでる人も見かけたので
飲めるんですね~




時計国家?なのに
駅前モニュメントの時計に針がない?
こんなのあり??
F12000.JPG



そして帰りの列車
ベビーカーと一緒のおじさん
その中には、マルチーズ様でした。
犬と一緒にベビーカーで出かける???
ちょっと不思議。

そういえばだいぶ以前
外国で、リードに繋がれたお子様を見た時もびっくりしたな。


NEXT







Last updated  2009/10/22 09:57:55 PM
コメント(2) | コメントを書く

全23件 (23件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.