000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

2010ソウル発券でイタリアへ

2011/10/06
XML
記憶が曖昧だが、
乗り継ぎの時間も少なかったはず
ようやくオーストリア航空のラウンジについて
食事にありついたのは、13時
搭乗開始時間を過ぎている。

この日の便はエコノミーなので
なるべく搭乗前に軽くでも何かを食べておきたかった。

時間がなく慌しく食したが、
お味は美味しかった。と記憶している。
IMG_1156.jpg


この日は、手荷物も大きかったので
遅れて搭乗すると荷物入れに入れられない危険性があるので
慌てて搭乗するが、
搭乗口は長蛇の列

優先搭乗の列も長蛇の列



搭乗券を機械へ通すと
ブザーが、


状況が飲み込めなかったが、
ビジネスクラスへのアップグレード



このチケットはアップグレード可能なものなので、
渡航前、マイルにてのアップグレードを試みているのだが、
空席なしとのことで諦めていたのだだが、、、

めでたくビジネスクラス
しかも、インボラアップにて
初の経験
IMG_1165.jpg


機内は結構空席が目立った。

ちなみに
搭乗時、後ろに並んでいたYチケットのホンサークル会員も
C席にいたので、この方もインボラアップだったのだろう。
太っ腹のオーストリア航空



ただ、当然といえば当然
中央列の真ん中の席


でも、、、
空席が多かったので、隣席の人は後ろへ移動
従って、私も通路側へ移動
超快適


さらにさらに
機内食が格別に美味しい。
Yでも美味しかったけど、
Cはさらに美味しい
IMG_1157.jpg

IMG_1158.jpg

IMG_1159.jpg

IMG_1160.jpg




食後のコーヒーも種類豊富なアレンジカフェ
IMG_1161.jpg
デザート代わりにアイスクリーム入りのコーヒーをオーダー
本格的
でも名前は失念


でも、1点
たしかオーダーした料理の変更を申し出られた。
特に食べたかった品ではなかったので、別によかったが。
これも、インボラならすべて許せる。


2食目
IMG_1163.jpg

IMG_1164.jpg





いや~大満足
欧州航空会社でいままで乗ったどの便より美味しかった。
LXやLHのFよりも





次回があれば
是非また乗ってみたい。(購入するには無理だが、、、)


ENDバイバイ








Last updated  2013/04/16 10:21:23 PM
コメント(2) | コメントを書く


ホテルにタクシーをお願いしておいた。
この日の出発は早朝5時
列車に乗り遅れたら、飛行機に乗り遅れるぎりぎりのスケジュール


なかなかタクシーがこないので、
またしてもドォーモへ

だーれもいない。
シーンと静まり返った広場
幻想的
IMG_1150.jpg


IMG_1152.jpg


IMG_1149.jpg



少し遅れて、
寝起きの状態のタクシーが到着

結構なスピードで走って
あっという間に到着

IMG_1154.jpg
早すぎる時間だが、駅は結構人がいた。


普通列車に乗ってローマへ
テルミニ駅での乗換が少々心配だったが、なんなくクリア
ただ、 Leonardo Express(空港への直通列車) の乗り場が結構遠かった。

30分で到着
チェックインも無事済ませ、ラウンジへ
IMG_1155.jpg

う~ん
食べ物はほとんどない。
朝食抜きでウィーンへ


NEXT右矢印


















Last updated  2013/04/16 10:20:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/10/04
あてもなくただひたすら街をぶらぶら


IMG_1127.jpg
肉屋のディスプレイ
ぎょーっとした。
この街は肉食が主流



夕食食事ワイングラス
昨日予約した、ラロンパへ再訪

今日は少し時間が遅めなので、
結構混んでる。
恐らく予約以外ではもう入店できない雰囲気


オーダーは迷ったが
ビスッテカとサラダを注文
IMG_1128.jpg
(さすがに猪肉は無理!)


小さ目をお願いね。
と言ったが、やはり・・・・

イタリアの牛肉は脂身が少なめなので
比較的量が食べれる。
2/3は頑張った。
一人旅だとシェアできないのはつらい。


この日も大満足で店を出た。



今夜も夜のお散歩歩く人歩く人
IMG_1131.jpg


IMG_1132.jpg

明日の早朝には経たなければならない。
なんとなく寂しい。


再びドォーモへ
IMG_1135.jpg

すると、
またしても扉が開け放たれている。

みんな中へ入って行くので私も

???
この日は無料?
IMG_1140.jpg


IMG_1137.jpg

IMG_1138.jpg


IMG_1139.jpg


しかも、
演奏会らしきのが始まった。
IMG_1141.jpg

思いがけないサプライズ

イタリア最後の夜を満喫し
ホテルへ戻った。


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:18:52 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/09/06
再び散歩へ
夕暮れのオレンジ色の街並みもすてきだけど、
やはり朝の散歩は格別に気持ちが良い。
IMG_1105.jpg


IMG_1104.jpg

IMG_1102.jpg





2時間ぐらい歩き廻って
ホテルへ戻る

さーて今日は何処に行こうかなんて考えながらぐだぐだ


そうこうしてる間に昼食の時間
たいしてお腹も空いていないが、
朝食も質素だったし、お店が混雑する前に入店したいので
昼食へ向かう


こちらもこじんまりしていてわかりずらかったが、
裏通りではないので、サインを発見すれば簡単だった。


Mezza Luna
IMG_1109.jpg


IMG_1110.jpg


アンティパストミストとカルボナーラ
IMG_1112.jpg

IMG_1113.jpg

一応半分の量にしてくれないか?と言ってみたが
出てきたのは、大量のカルボナーラ

量が判別しにくいとは思いますが、
通常の2倍以上

残すのは申し訳ないが、
早々にギブアップ

でも、こちらのお店もとても美味しかったです。




午後から、アンダーグラウンドツアーに行こうか?と考えていたのだが、
まったりしすぎ、お昼寝して寝過ごしてしまった。


しかたなくまたしても街をぶらぶら
お土産のワインを買ったりと特に何もせず過ごした。


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:15:47 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/09/03
店を出たのは20:20頃
まだそう暗くはならない街をふらふらお散歩
IMG_1074.jpg


IMG_1075.jpg


IMG_1089.jpg


IMG_1087.jpg


IMG_1077.jpg


この街は治安が良いらしく安全

素敵な街並みが気に入った。

夕暮れのドォーモも美しい。

IMG_1081.jpg


IMG_1086.jpg



この日は少し疲れたので早めに就寝






朝は早く目が覚めた。
朝食前にドォーモへ
IMG_1096.jpg


IMG_1094.jpg


IMG_1098.jpg

扉が開いていたので中をちらっと拝見
IMG_1091.jpg



一旦ホテルに戻り朝食へ

んんん?
IMG_1100.jpg

久しぶりにびっくりするくらい質素な朝食
ビュッフェとは名ばかり?
しかも、ほかに客人なし
寂しい~


とりあえずカプチーノは美味しかったの満足。


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:14:13 PM
コメント(4) | コメントを書く
2011/08/18
すっかり書く気をなくしてしまった旅行記
1年が過ぎてしまった。

さくっと進めよう。。


*******************


朝食を食べた後はボルセーナを観光
旧市街は休日の午後ということもあって
しーーーん
と静まり返っていた
IMG_1042.jpg


IMG_1047.jpg


IMG_1051.jpg

高台から湖を見下ろす。

IMG_1045.jpg

IMG_1057.jpg

大きい湖
火山活動によってできた湖らしい

「ボルセーナ湖はイタリアで5番目に大きく
 ヨーロッパで一番澄んだ湖と言われている。」


あきらかに海のような雰囲気
IMG_1052.jpg
湖岸には街中と違ってたくさんの人で賑わってる。
海水浴場的雰囲気

土産物屋を覗いたり、堤防を歩いたりして
この街を後にする。

途中、オルヴィエートの街が見えるビュースポットに寄ってくれて
ホテルまで送ってくれた。
IMG_1058.jpg


ホテルは「マイターニ」
IMG_1060.jpg

4つ星なのだが、こじんまりして古い
正直これが4つ星か?と言いたくなるくらいのホテルだが、
立地はばつぐん
徒歩0分で、ドォーモ

この街のドォーモも美しい。
IMG_1061.jpg


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:09:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/06/25
オルヴィエート行を決めたのは、

チヴィタ・ディ・ヴァニョレージョ (Civita di Bagnoregio)
に行ってみたいと思った為
「死にゆく町」という表現に魅かれた。

オルヴィエート近郊でバスで行くことができる
だが、今回プライベートツアーを申し込んでみた。
6時間のツアーでワイナリーやボルセーナ湖観光も含まれている。
ドライバーも日本語が少し話せる女の人らしいとのことで、決めた。


8:30にホテルへ迎えに来てくれた
スーツケースを積んでいざ出発

今日はびっくりするくらいいい天気
絶好のドライブ日和だ。


だが、心配していたとおりこの日は休日
よって、、、
残念なことに、ワイナリーがお休み

残念。

ひまわり畑通って、チヴィタを目指す。

色々と英語で話しかけてくれるが、私の英語力ではそう長く話も続かない。
こんな時、一人は少し困った。




到着


映像で見た景色が目の前に


どうも最近こんな崖上の街が気になる


駐車場に車を止めて
坂道を歩く
IMG_0959.jpg

高所恐怖症
若干風が強く、怖い

IMG_0960.jpg

思ったほど距離はなく
あっという間に町へ

途中、日本人の団体さんに遭遇
こんなとこまでくるツアーもあるんだな~



この町には20人ほどしか住んでいない。
彼女(ガイドさん)の実家はこの町らしく
お兄さんがオリーブオイル店を経営
お母さんらしき人が、博物館?みたいな場所を案内してくれたりした。

IMG_0996.jpg

IMG_0993.jpg


IMG_1006.jpg

IMG_1002.jpg


小さな可愛らしい街
だが、住んでる人が少ないこともあってか、
あまり生活感みたいなのが感じられない。
路地裏を歩いてもときめかなかった。

ガイドさんが一緒ということもあって、
自分のペースで歩けないのも理由のひとつかと。


ぐるっと廻って、この街とはお別れ

帰りの橋からみるこの街はなんとも悲しげ


この街もモンサンミシェルなどと同じく遠く離れてみる姿が美しい。

IMG_1020.jpg

途中、チヴィタを見下ろすビュースポットに立ち寄って
昼食へ向かう。


郊外のこちらのお店
IMG_1037.jpg
彼女も初めてだという。

出発前から昼食はどうするのか気になっていたが、ガイドさんと一緒だった。

たくさんのビュッフェ式のアンティパスト
すっごい品数にビックリ!
IMG_1030.jpg

IMG_1031.jpg
当然、全種類制覇なんて無理

IMG_1032.jpg

一応、パスタもオーダーした。
イタリアのパスタは量が多いとのことで、
1人前をシェアすると伝えてくれた


IMG_1033.jpg
だが、シェアしてもこの量
ビュッフェでほぼ満腹
残念ながらギブアップしてしまった。


ガイドさんは自分の分は払うと言ったが、
ワインを飲んだのも私一人だし、パスタを食べたいと言ったのも私だし、
金額的にも覚えていないが、とても安かった記憶が、、、



NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:08:34 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/05/18
朝は6時に目を覚ました。
まだ薄暗い雰囲気だが、今日は晴れそう

周囲をお散歩に出かける。
s-IMG_0901.jpg


s-IMG_0895.jpg

s-IMG_0911.jpg
誰もいない。

静かだ。
s-IMG_0907.jpg
こちらが敷地内の入口になる。
センサー式の門扉


s-IMG_0912.jpg

気分のいい朝


もう一泊したかったな~

s-IMG_0915.jpg



朝食ルームはこちら
オルヴィエートの街をかたどったオブジェ?
s-IMG_0930.jpg


品数は多くはないが美味しくいただきました。
s-IMG_0928.jpg

s-IMG_0929.jpg
ゆっくりと朝食をいただき、
テラス席でネットをしてお迎えの時間を待つ

空の色もだいぶ青くなってきた

s-IMG_0952.jpg



プールにはまだ早い季節だが、
泳いでる人もいた。
寒そう



s-IMG_0948.jpg
こちらが、レセプションとレストラン棟となります。




素敵なホテルでした。


NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 10:06:35 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/04/21
たしかこのホテルはレストランの評判も良い。
この日は市街地に行くのは諦め、ここでゆっくり夕食を頂くことに


日の落ちてきたプールサイドには、食前酒を愉しむ方々が、
どちらかというと年配の方多数

当然ながら、
一人で食事をするのは、私のみ
かなり寂しい。

2階部分の小屋裏っぽい部屋へ案内された。

下階は大人数の集まりのようだった。


今となっては記憶にないが、
結構お高めのお値段設定だった気が、、、
s-IMG_0875.jpg

お料理はアラカルトからセレクト

まずはじめに
アミューズ?
たしか、マリネのようなものだった気が、、、
s-IMG_0877.jpg

アンティパスト
トリフのかかったオムレツ
s-IMG_0879.jpg

プリモ
お魚とトマトのウンブリケッレ
s-IMG_0883.jpg

もちろん ワイン
s-IMG_0882.jpg

食事の終わる頃には大雨
少し止むのを、エスプレッソを飲みながら
s-IMG_0885.jpg


美味しくいただきましたが、
少し上品な味というか、
私の好みのイタリアンとは少し違いました。


外はすっかり真っ暗です。
ライトアップされ青く光るプールサイド

s-IMG_0886.jpg


皆さんまだまだお食事中ですが、
私はひとりお部屋へ

s-IMG_0843.jpg

s-IMG_0844.jpg

s-IMG_0847.jpg

お部屋は広いです。
豪華さはありませんが、色々配慮された居心地のよい部屋です。


たしかこのホテル
ネットは自室のワイヤレスキーボード付液晶テレビ(SHARP)にて接続可能
プールサイドやレストランなど公共スペースにては
無線ランもOKでした。


外は残念の雨
早々に就寝しました。


NEXT右矢印









Last updated  2013/04/16 10:04:29 PM
コメント(2) | コメントを書く
2011/04/05
オルビエートを旅行先に決めたのは、
ローマ~フェレンツェ間の幹線上位置する為
アクセスがよい。
フィレンツェからICで1時間半なので、距離的にもちょうどいい。


たしか18時位のICに乗った。

列車に乗った時はすっかり晴れたフィレンツェの空

オルヴィエートに近づく頃には
またしても雨雲

え~


ちらちらと雨のふりだした
オルヴィエートの小さな駅に着いた。

本来ならここから
フニコラーレに乗って街の中心地へ向かうのだが、

今回は、ホテルのピックアップを頼んでおいた。
中心地ではなく郊外のホテルを選んだ為にだ。

ホテルのピックアップといっても、タクシーが待っているだけだった。

少し走って、建物から離れた場所で降ろされた。

ホテル側のアクシデントもあったようだが、運転手に直接支払いをした。
たしか、12EURO
ホテル側の送迎料は15EUROだったはずなので、タクシーの方がお得

今日の宿泊は
「inn casa」


車から降りて、荷物はそのまま
坂道を登ってレセプションへ


レセプションも2階

客室は離れのような作り
s-IMG_0857.jpg

私の部屋は2階だった。
s-IMG_0849.jpg

本来ならこのホテルに2泊
ゆっくり滞在する予定が、
出発が1日遅れた為、すでに空室は1泊分しかなかった。

しかも、キャンセルポリシーが厳しく
2日前のキャンセルではフルチャージ
残念だった。



ホテル内の
敷地からの眺めは素敵だった。

s-IMG_0845.jpg

s-IMG_0852.jpg

s-IMG_0859.jpg


NEXT右矢印









Last updated  2013/04/16 10:02:53 PM
コメント(2) | コメントを書く

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.