413650 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

RTW2011 第1弾

2012/07/23
XML
カテゴリ:RTW2011 第1弾
翌朝、


こちらのホテルの朝食はかなりのレベル
デジカメを部屋に忘れて写真はなかったようだ。

ビュフェの他にもオーダーできる。
卵料理やワッフル
白ソーセージが食べてみたかったが、
ソーセージは好みではないし、量も多いようなので断念

しかし大満足の朝食だった。




朝食後、まだ早い朝の街へ

昨晩とはうってかわって静かな街

昨日の賑わいの痕跡も残るが、
すがすがしい朝

人もほとんど歩いていない。
たしかこの日は日曜日


ふらふらと街を散策
F12000.JPG


F12006.JPG

F12001.JPG

F12002.JPG

街の飾りつけも個性的
F12005.JPG

F12000.JPG

F12007.JPG





帰路も列車で空港へ


F12003.JPG
空港と駅を結ぶ敷地にもクリスマーケットが、
当然朝は営業していないが、オブジェも可愛い。


とても短い滞在だったが、それなりに楽しめた。








Last updated  2012/07/23 11:02:26 PM
コメント(2) | コメントを書く


2012/06/19
カテゴリ:RTW2011 第1弾
超高額にもかかわらず、朝食別のこのホテル
最終日はゆっくりホテルで朝食でも
と思ったのだが、、、
1人30ユーロ位だった記憶
当然却下

近くのバールへ向かう。

このあたりのバールは、朝が遅いらしく
皆開店前
ひっそりと開店しているバールへ

サンドイッチが美味しかった。
フレッシュオレンジジュースもあって大満足の朝食

F12004.JPG

F12005.JPG

ネットにて10時に予約を入れていたヴァチカン美術館へ向かう。
敷地の周囲には沢山の人の行列
タクシーには行列の最後尾に降ろされてしまい、入り口まで歩くのさえ一苦労
無事入館しても、館内も大混雑
しかも非常に蒸し暑い
人を掻き分けながら進む


F12001.JPG

F12002.JPG

F12003.JPG


F12006.JPG

人に流されて歩いているうちに何故だか外に出てしまった。
庭園を見る事ができなかったので、再入場を聞いてみようかとも思ったのだが、
母が却下

F12007.JPG
約2時間で鑑賞を終え、目の前のレストランへ
超超観光客相手の店

まるで期待しなかったが、美味しかった。
F12010.JPG

F12008.JPG


F12009.JPG

F12000.JPG


これで、イタリアの最終日も終わり
早めに空港へ向かった。

FCO-MUC-NRTと乗り継いで帰国

帰路は、母と家人は特典Fクラス
私はアップグレードにてCクラス
F席は満席だったらしい。
その為か、
C席には不似合いなD婦人が、搭乗なさっておりました。


急遽決まった、母と同行のイタリア旅行
無事帰国
これでもう終わりかと思ったのですが、
翌年(2012年)また渡欧することになりました。


END
第2弾へ右矢印 ミュンヘン






Last updated  2013/04/16 06:46:09 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/06/13
カテゴリ:RTW2011 第1弾
完全にやる気のない旅行記
とりあえずなんとか終わらせます。




またしても食べたものの記録

以前、チビタでガイドをお願いした方のHPを参考にレストランをチョイス

Ristorante Pizzeria Calabascio

バチカンの近くらしいが、
タクシーで行ったので、位置関係はまったく不明

通りに面したテラス?席に案内された。

一人旅の日本人女子と、日本人母娘
他、米人とおもしき家族連れとカップル
地元の人はいなかった雰囲気。

前菜の盛り合わせ
マリネ系 普通に美味しい
F12011.JPG

カジキマグロとトマトの手打ちパスタ
F12000.JPG

スパゲッティボンゴレ
コチラは手打ちとは書いてなかったが、手打ちのフィットチーネだった。

F12014.JPG

魚介類のパスタ
コチラも手打ち
F12000.JPG


正直、手打より乾麺が好み
だが、こちらのパスタはとても美味しかったです。
特にカジキマグロとトマトの手打ちパスタ
超お勧め!

お店の方は
セコンドをかなり執拗に勧めていましたが、
炭水化物好きの我が家はプリミの方が好み
丁寧にお断りをして、エスプレッソを頂いて帰りました。


ちなみに
一人旅の女子
アンティパスト、プリモ、セコンド、デザートと完食しておりました。
素晴らしい。




その後。まだトレビの泉を見ていない母のために再訪
もう混んでいないかと思ったら
まだまだ大混雑でした。
F12012.JPG

これで、イタリア最後の夜が終わった。


NEXT右矢印







Last updated  2013/04/16 06:45:07 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/06/01
カテゴリ:RTW2011 第1弾
ほとんど食べた物の記録になってしまった旅行記





観光はこのあたりで一旦終了
ショッピングへ

欲しいバックがあったが
今回は諦め
お土産だけの購入



そして朝が軽めだったので
早めのランチ食事

ガイドブックの中から近場をセレクト
スペイン広場のすぐ近く
「Ristorante AL34 」

またしても店の開店を待つ

落ち着いた店内
メニューも魚介類を中心に豊富
観光客相手の店かと思ったら
、、、、


生ハムメロン
F12001.JPG

いわしのマリネ
F12002.JPG

ボンゴレスパゲティ
F12000.JPG

ブロッコリーのオレキエッテ
F12005.JPG

シーフードリゾット
F12003.JPG

どれもとても美味しかった。ダブルハート

繁華街なのでお値段は若干高めだったが大満足



暑さと昼間からのワインで
かなりバテバテ
ホテルへ戻る。



少し休んで母を残して
トレビの泉へ

びっくりするくらいのすごい人

泉を見るのも大変
F12001.JPG



NEXT右矢印








Last updated  2012/06/13 10:07:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/05/22
カテゴリ:RTW2011 第1弾
早く寝たので、目覚めも早い

朝食が付いていないので、
朝の散歩をかねて朝食へ

まずはスペイン広場
ほとんど人がいない
F12008.JPG

F12000.JPG

F12002.JPG

F12003.JPG

以前にここを訪れたのも朝だった。


近くのカフェで軽く朝食
F12009.JPG

甘いパンは苦手だ。





そして
タクシーでコロッセオへ

オープン前の行列に並ぶ


F12007.JPG

F12005.JPG

F12006.JPG

何故か渡航前は行きたくないと言っていた母だが、
このコロッセオが気に入ったらしい
興味深く見入っていた。
不思議


見学を終え、タクシーを拾おうとしたが、
まるで走っていない
30分以上まったがこない
しかたなく地下鉄で

真実の口へ

列に並んで、手を差し込むだけ。
F12001.JPG

んん
つまらない

とりあえず観光はこの辺で、お買い物へ
日曜なのでオープンが遅い
バールでお茶して待つ
F12004.JPG



NEXT右矢印






Last updated  2012/06/01 08:13:49 PM
コメント(4) | コメントを書く
2012/05/21
カテゴリ:RTW2011 第1弾
ナポリはこれでお別れ
駅からTGVに乗ってローマへ

早めに駅に着いたので、時間がある。
母と家人はマックのポテトが食べたいと。
この二人、フライドポテトとコカコーラが好み
かなりがつがついってました。


列車内は満席
予約席には違う人が座ってるし、席はばらばらでした。
1等席が良かったかな?なんて思う雰囲気でした。

テルミニ駅からホテルへ
ローマのホテルは「インターコンチネンタル」
週末無料券と立地で決めたが、かなりの高額
約6万/泊
欧州の米系ホテルはかなり高額だ。

それに、、、

予約の変更をし直すうちに何を誤ったか、予約日をミスってしまった。
大ショック
幸いにも、1日ミスったが、週末無料には該当するので、
結局3泊分の支払いで3泊
んんん
まるでお徳ではない。

しかも
かなり念をして3ベットを要求していたにもかかわらず
ダブルベット+エキストラベット
これ以上交渉するにも疲れたし、母も家人もこの部屋で良いというので
このままに
妙にだだっ広いテラスのある部屋
ゆっくりホテル滞在を愉しむには良いが、いかんせ外は猛暑

写真撮影に出ただけに終わってしまった。


F12000.JPG

F12001.JPG


早速夕食へ向かう

リサーチしたなかから、ナヴォーナ広場近くの
「Tre Archi」

まだ早い時間なので、無事入店できたがすぐに満席

家族経営のアットホームな雰囲気

野菜の前菜盛り合わせ
F12005.JPG
アーティチョークが苦手

カルボナーラ
F12003.JPG

アマトリッチナーナ
F12000.JPG

ステーキ
F12004.JPG

サラダ
F12002.JPG
を注文

皆でシェアして食す。
パスタがかなり美味しい。

正直そんなに好きではないカルボナーラだが
とっても美味しかった。


大満足で店を出て
ナヴォーナ広場へ


夕刻のこの広場が美しいということで
さきほどの店を選んだのだ

広場はかなり賑わって

そしてなんとも幸せな休日という雰囲気
F12001.JPG

日が暮れるのもゆっくりで
ローマの夕刻を十分に楽しんだ。


NEXT右矢印






Last updated  2012/06/01 08:16:38 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/05/20
カテゴリ:RTW2011 第1弾
翌朝

青の洞窟の予備日の為
当然未計画

とりあえず
ウンベルト1世ギャレリア(Galleria Umberto1)
F12002.JPG
まだ朝早いのでどこもオープンしていません。


そして
行ってみたいと思っていた
「ヴォメロの丘」へ

フニコラーレに乗ってさらに歩いて目指す。
が、、、
情報収集不足

広~い広場を歩いて行くが、結局見つけられず
暑さに2名からブーイング
諦めて帰る。


しかたなくドォーモを目指す。
F12001.JPG

さらに
私的には前回訪れて気に入った

サン・セヴェーロ礼拝堂(La Cappella Sansevero)へ

「ヴェールに包まれたキリスト像」と

「血管だけ残されている人体」

二人とも御気に召さなかったらしい、、、

残念ショック


さーて
お昼の時間なので、
セレクトしていた中から、この近くのピッツェリアへ

「Di Matteo」

う~ん
母が好きそうではない雰囲気

街のお惣菜屋さんの奥に数席テーブルがある

狭いと思っていたら2階席もあるようです。

次から次へとお客さんがやってきます。
人気店のようです。

奥の席にはかなり高齢のおじいさんとおばあさんの4人組
でも、当然のように1人1枚を完食しておりました。

私たちは、
3人で2枚

だってかなり大きいのです。ここのピザ
F12003.JPG
マルゲリータ3EUR とロマーナ4EUR
ビールが2.5EURでコーラが1.5EUR
とてもお安い。
しかも、
瑞々しいトマトとモッツャレラ
大変美味しく頂きました。
F12000.JPG

ナポリのピザと日本のピザはまるで違う気がすると
再確認しました。




さーて次は何処へ

暑さとここスカッパナポリの雰囲気に母は不機嫌
ホテルに戻ることに

TGVの出発までまだ時間はあるが、
涼しいホテルのカフェでまったり過ごす。


NEXT右矢印






Last updated  2012/05/21 10:42:51 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/04/26
カテゴリ:RTW2011 第1弾
なんだかんだでナポリに着いたのは、
もうすぐ夕刻

特になにをするでもなくぐだぐだ


ホテルの目の前の卵城あたりをふらふらと
F12001.JPG


なかなか日が暮れない。


遠くに行くのも面倒なので、
この辺りで夕食を

チーロ

一応「VERA PIZZA認定店」ということでここに決めた。

まだ人もまばら

F12003.JPG

タコのマリネ

ペパロニのピザ

ボンゴレパスタ

さらに、マルゲリータを注文した気が、、、
F12002.JPG


F12004.JPG

観光地なので、
量も多くない
値段も安くない

だが、お味も雰囲気もいいので満足

暮れ行く海の景色を眺めホテルへ戻る。
F12000.JPG


F12001.JPG


F12000.JPG




私と家人はホテルのバーへ
とも思ったのだが、、、
結局寝てしまった。

ナポリの夜もこれで終わり

なんか寂しい


NEXT右矢印






Last updated  2012/05/21 10:46:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/04/01
カテゴリ:RTW2011 第1弾
階段を降りて小船に乗り換える。


F12000.JPG
若干緊張気味の母  怖い顔の船頭さん


出発前、「高齢者には青の洞窟は難しい」
みたい記事を見つけて、少し心配はしていた。
だが、まるで問題なかった。
たしかに母の年齢で、ここまで来る人は多くないのだろう。
船頭さんも気遣ってくれた。


入場料と小船の代金を払う
合計で12.5EUR/人
F12003.JPG

チップは出てかららしい
「サービスするからいっぱいちょうだい」みたいなことを言われた。



何年ぶりだろう
もう一度来ることができるとは思っていなかった。

F12000.JPG

F12001.JPG

感動
前回より青い気がする。
しかも、
私たち3人だけの乗船だし、
2周以上廻って長く滞在してくれた。

カメラも
ずいぶん進化したらしく綺麗に青く撮れてる。


チップは
私的には大奮発の10ユーロだったが、
少し不服の様子だった。


母も大満足スマイル



出発前、もし見ることができなかったらどうしよう?
って心配もあったが、
当人達は、まるで入れない状況になるとは思っていなかったらしい。


この日の前日までは、
たしか波が荒く、入場できない日が続いてたようだ。
まさしくラッキー
しかも私は、2回の訪問で2回の入場
雨女にしては珍しい確立


前日までの悪天候のせいか
この日の朝は様子見の為か、あきらかに待ち人数が少ない。
重ね重ねラッキーだ。
F12002.JPG

まだ10時15分
あっという間にこの日の予定は終了してしまった。


NEXT右矢印






Last updated  2012/04/29 11:40:59 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/03/09
カテゴリ:RTW2011 第1弾
念願のLHファーストクラスラウンジ
そして初のミュンヘン空港

出発前
色々とWebを読み漁ったが、ミュンヘンのファーストクラスラウンジの情報は
あまりなかった。
フランクフルトに比べて小さい。らしい

期待少な目で向かったラウンジ

受付で、
「搭乗時ご案内しますから、何時何分に下階へ」みたいな事を言われた。


ラウンジ内は

見覚えのある内装
マスタードイエローのチェアー
F12005.JPG

F12004.JPG




でもやっぱり狭い

それに結構人が多く写真を撮るが憚られた。



狭いがラウンジ内の内装も設備もフランクフルトとほぼ同じ


F12006.JPG





食事も美味しく満足
F12007.JPG

F12002.JPG

F12008.JPG


短い滞在


搭乗時間がきて下階
ラウンジ内で出国の手続きをし、アテンドされて車へ
またしても、カインではないが、、、
私たち3人だけで、イケメンの運転手に送られて機体へ
F12000.JPG

予想していなかっただけに、ビックリ!
乗継者までアテンドしてくれるとは、、、

やはりさすがのLHファースト
F12001.JPG

NEXT右矢印






Last updated  2012/04/29 11:49:22 PM
コメント(4) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.