000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

La mia casa・・・

PR

X

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >

RTW2012 第2弾,第3弾

2012/11/03
XML
で、早々と早朝のドバイへ到着


先月、来たばかりってこともあり懐かしい。
位置関係も把握してるし、
とにかく運動がてら空港内をうろうろ
すると
なにやら奇妙な音楽
ガイドさんが説明しているのが聞こえた。
どうやら、日の出のお祈りの時間らしい
ここは完全に異国だ。
しかし24時間眠らない空港
すばらしい。


今回はFラウンジだ。
Cラウンジだってかなりびっくりの規模だったが、
当然Fはすっごい。
IMG_0032.jpg

広すぎて、どこに落ち着いていいのか迷う。

IMG_0018.jpg

IMG_0022.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0023.jpg

IMG_0025.jpg

IMG_0024.jpg

IMG_0026.jpg






ここは、短時間だがマッサージが無料ってことで
予約。
IMG_0020.jpg




たしか20分程度だが満足
食事は、ビュッフェだけでもかなりの量
さらにオーダーもできる。
朝食メニューってこともあり、なぜかポーチドエッグ
IMG_0029.jpg

これより、
ビュッフェがかなり美味しかった。
一口づつセレクト
IMG_0028.jpg

正直なんなのかわからないものもあったが、そうじて旨い!

デザートのアイスも
グラスに移されて、、、

IMG_0027.jpg

5時間の滞在だがゆったりと過ごすことができた。



NEXT右矢印






Last updated  2013/04/16 01:03:22 PM
コメント(2) | コメントを書く


2012/10/31
憧れのエミレーツA380 Fクラス

最前列を指定できたが、機内は満席

FクラスもSQとは違ってかなりの座席数
IMG_0017.jpg

IMG_0011.jpg

IMG_0012.jpg

まず最初に聞かれたのは、シャワー室使用の有無

さきほどシャワーは浴びたし、機内でシャワーってのも落ち着かないので
断った。
かなりの順番待ちらしい。。

で、、、
なにがすごかったって
トイレおばさんが常駐してる。
IMG_0009.jpg

CAはトイレチェックなんてしない。
シャワー室も兼ねてるので当然といえば当然だが、
一人ひとりの利用度に綺麗に清掃される
なんかカルチャーショック

トイレはびっくりする広さだ。


夜便ってこともあって
早々と就寝

快適すぎる。


オーディオガイドも
日系より充溢してるんではないかと思える数
飽きることない。

IMG_0013.jpg




目覚めた後は食事

IMG_0014.jpg


Fクラスといえば、キャビア
IMG_0015.jpg

と何故か
チキンカレーをセレクト
IMG_0016.jpg

機内食とは思えぬ盛り付け
お味も美味しかったです。

残念ながらそう食べることができなかった。

やはり私的には、10時間未満の飛行時間は足りない。


で、早々と早朝のドバイへ到着


NEXT右矢印






Last updated  2012/11/05 09:25:32 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/30
今年の夏休み
急に長めに取れることになった。
手元にはイタリア行のEKのチケット
IMG_0004-2.jpg

ANAのHPには空席が
ちらほら

で、
特に何の気なしにミラノへ決定

正直あんまり好みの地ではないのだが、
過去2回「最後の晩餐」には振られ続け、
今回、予約が取れるってこともあってセレクト

前回のシチリアでやはりイタリア料理は最高~ってことも後押し

さらに
ミラノ1都市では寂しい
ってことでコモ湖をセレクト

なんといってもエミレーツ航空
コモ湖までの送迎も無料

ミラノから列車移動より
空港からコモ湖まで送ってもらえるなんてなんてラッキー



夏休み前の最終日
定時速攻で、空港へ向かう

久しぶりの第2ターミナル
しかも夜便

仕事帰りの空腹
しかも、米系ラウンジ
食事は期待できないってことで、
回転寿司で軽く食す。
貧乏性なので、ビールはぐっと我慢 ラウンジまで

コンチネンタル航空のラウンジなのが残念なとこだが、
初ラウンジってことで、若干テンション高

IMG_0001.jpg

IMG_0005.jpg

IMG_0006.jpg

IMG_0008.jpg

当然のごとくミールはショボイ

早めにシャワーを予約

なんか温泉宿っぽいシャワールーム
IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

ビールを飲んで、搭乗を待つ


NEXT右矢印






Last updated  2012/11/05 09:28:41 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/28
無事ミラノへ
シチリアとはだいぶ違う雰囲気

昼食
IMG_0251.jpg

どうしても最後にパスタ
と思ったが、、、、
不味い

美味しくはないというレベルではない。
サラダも
これ大丈夫?ってレベル
非常に残念


何故ミラノか?
いろんな試行錯誤の上、エミレーツのイタリア発券を購入することになった。
なんてったって、
日本までの片道がビジネスクラスで約10万円
ファーストクラスで約17万円という破格値
かなり痛い出費だが、若干迷って決めてしまった。

本来ならローマ便の方がA380なのでよいのだが、
エアワンの乗継がミラノの方がよかったのと、B77Wとの乗り比べができるってことで
ミラノ発をセレクト
結果
かなりの差
圧勝のA380
同価格とは思えず、、



ラウンジは、
エミレーツとまったく関係のないイタリアだけに
それなり
しかもかなり混雑
IMG_0005.jpg


IMG_0003.jpg



で、

機内の写真

ドバイのラウンジの写真

ブロガーとしてあるまじき
まるでやる気のないものとなってしまった。




MXP-DXB B77W Cクラス

IMG_0007.jpg


IMG_0008.jpg


ほぼ満席
隣席の外国人はかなり撮影していた。
外国人の機内撮影を見たのは、SQ以来か
やはり、EKも世界的に人気があるのだな。


B77Wは普通
6時間程度の中距離ってこともあり突出すべき点もない
機内食は、2回あったのか不明



かなりあっという間にドバイ
深夜
だが、、、
空港内はかなり賑わい
IMG_0009.jpg

IMG_0010.jpg


これでは日本は世界に後れをとるなぁ~と実感
なんてったって成田においては20時すぎにはほとんどのショップがクローズなんだから、、、
それに引き替え、ここドバイは24時間眠らないらしい。。


時間のあるので空港内の散策とゲートの確認
それからラウンジへ
向かう
空港内のショップの上階がEKラウンジと作りだいう
IMG_0022.jpg

ビジネスクラスラウンジだが
広い
長い

IMG_0017.jpg

IMG_0018.jpg

IMG_0014.jpg

IMG_0257.jpg

テンションがあがるラウンジ

フードコーナーもあちこちに
IMG_0015.jpg

IMG_0016.jpg

サラダが豊富
味も美味しい
当然シャンパンも

IMG_0256.jpg

デザートも
IMG_0258.jpg


かなり広いランウンジだが、


結構な混雑ぶり

そんなこともあって
写真はIPHONEにて撮影のブレブレ


つづいて
DXB-NRT A380 Cクラス
IMG_0260.jpg

IMG_0259.jpg

こちらもほぼ満席
快適すぎる機内
ほとんど寝てたので記憶もない

食べた記憶もないが、写真があった。
おそらく朝食
エッグベネティクト

IMG_0261.jpg

IMG_0262.jpg


少し時間はかかるが、機内でも楽しめるので
格安のエミレーツ空港でのCクラスは最高!
A380ならCでも十分すぎる

もう一度この航空券に手を出しそうだ。。


NEXT右矢印 ミラノへ








Last updated  2012/11/05 09:30:43 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/22
朝5時半にホテルを出発

IMG_0244.jpg

駅はすぐそばだし、下調べもしてあるので迷わなかったが、、、
チケット売場がない。
運転手に尋ねると、タバッキオで買うように言われたが、
タバッキオはクローズ
清掃員にたずねると、タバッキオは7時かららしい
そう運転手に伝えると、かなり不服な様子。
搭乗者がもう一人いて、その人が話をしてなんとか乗せてくれることに
現金で払おうとしたが、断られた。
で、結局ただ乗り
IMG_0245.jpg

途中、
乗り込んできた人もただ乗りだった。(こちらは確信犯)

空港までたしか1ユーロ
公共の交通機関は安い


朝早いからなのか、ひっそりとしたカターニア空港へ到着
IMG_0248.jpg

今回、ミラノまでの便は「エアワン」

どうしても都合の良い便がスタアラではなく
片道でも安価なLCC
座席指定できるクラスで103ユーロ


行列に並んでチェックイン

その後、ブリオッシュとオレンジジュースの朝食
IMG_0246.jpg

美味しかった。

IMG_0247.jpg
結構にぎわっていたこのお店
ラウンジへのアクセス券がないのもたまには新鮮でよいかも。。


荷物も制約もあるが、無事スルー




IMG_0249.jpg

IMG_0250.jpg

この日は土曜日
機内は大混雑

乗り込んだ時には自分の席に他人が、
交換してくれというが、彼の席は中央席
わざわざ追加料金を支払って座席したのし、さすがにそれは却下

結構地方のエアラインとかは列車のように他人の席に座ってしまうようだ。


NEXT右矢印







Last updated  2012/10/29 01:12:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/20
ホテルは駅近くから選んだ安価なホテル
IMG_0219.jpg

5000円程度だからいたしかたない。
狭い部屋だが、中庭に面してるので開放的
IMG_0220.jpg

だが、他の部屋も中庭に面してるので、セキュリティー上はいかがなものか
と、疑問


で、クチコミにも記載があったが
たしかに下水臭い
バスルームのドアを閉めれば問題ないが、
夜中にトイレに起きた時はかなり匂った。


朝食も付く
出発前、美味しそうなクロワッサンの匂いがしたが
食べてる時間はなかったので、内容は不明






カターニアに1泊を決めたのは、

是非、行ってみたいレストランがあったから
Osteria Antica Marina
http://www.anticamarina.it/


しかし、時間が読めず予約はしていなかった。

昼がダメなら夜があると
まずはランチに向かう。

シエスタの時間なのか、不景気のあおりなのか
通りはシャッターだらけ
ドォーモ付近だけが若干賑わってる

魚市場をかき分けて
お目当ての店発見

市場の中のお店とは思えぬ綺麗なレストラン

予約はないと告げるが
奥に案内された。
IMG_0234.jpg



良かった。

店内は結構賑わってる。

ここも、変な日本語メニューが

勢い余って
ハーフパスタ2種類とフリットのコース


評判通りの前菜の数々
IMG_0224.jpg

IMG_0226.jpg

IMG_0225.jpg

IMG_0227.jpg

IMG_0228.jpg

IMG_0229.jpg

IMG_0231.jpg





少量ずつたくさんあるのはうれしい
残念ながら好みではないものもあったが
総じて美味しい

続いてムール貝のパスタ
IMG_0232.jpg
美味しい
ムール貝の身がぷっくり柔らかく
昨日のものとはまるで違う。

続いて、
メランザーネ
IMG_0233.jpg
こちらは、ショートパスタってこともあり
感動するほどではなかったが、美味しかった。

この時点で完全に満腹

でも、まだ続く

魚介類のフリット
IMG_0235.jpg

こちらもかなり美味しい。

だが、食べられない。
苦しい~
悔しい。。


さらに、グラニーテ
IMG_0236.jpg

口直しに一口食べたが、好みじゃないダメ
続いてデザートを持ってこられたが、断った。



ちらっと待ち歩き
IMG_0237.jpg

IMG_0238.jpg

IMG_0239.jpg

IMG_0240.jpg

IMG_0241.jpg

IMG_0242.jpg






と思ったが、ドォーモ付近以外はひっそり
駅付近もひっそり
なんか薄気味悪く、さっさとホテル帰ってしまった。

夕食は、まだまだ満腹
外出するのも怖いので、諦めて寝た。
シチリア最後の夜は残念。

NEXT右矢印






Last updated  2012/10/29 01:13:15 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/18
6時少し前に目覚めた。
ベランダから見えるのはまぶしく蒼い海
IMG_0180.jpg

朝食前に朝の散歩へ

旅先での朝の散歩は大好き!



昨晩の賑やかな雰囲気とは違って
静かで凛とした空気が漂う。



IMG_0195.jpg

IMG_0193.jpg

IMG_0188.jpg

IMG_0184.jpg

IMG_0189.jpg


IMG_0197.jpg

IMG_0203.jpg




朝食へ
ここサンドメニコの朝食は良いらしい、、、

だが、
残念ながら突出したとこは特にない。
昨日のホテルの朝食のほうが好みだ。

素敵なのはやはり景色
IMG_0208.jpg

まだ客も少ないので、静かだ。

ゆっくりと滞在

IMG_0205.jpg


ここは、朝食にグラニーテがある。
食後のデザートに
と思ったら

作り直しにででてない。

しばし待って頂くが、、、

残念ながらまったく美味しくない。

BANBERとはまるで違う。
もう一度行ってみたかったが、
お腹はいっぱい、時間もない
残念




チェックアウト
ランチタイムまでにカターニアへ向かわなければ

帰路の送迎は頼んではいない

とりあえずタクシーでバスターミナルまで行ってバスでカターニアまで行こうと思っていたが

バスターミナルまでとタクシー運転手に告げると
どこの行くのだ?
と、、
カターニアまでだというと
50ユーロでどうかと、、、

かなりお金も使ってしまったし、
現金もないので断ったが、

やはり乗り換えはつらい
財布の中の現金がぎりぎり50ユーロあったので

お願いしてしまった。

往路が80ユーロだから安いのだが、、、
予算オーバー



かなりの猛スピードで走って30分位で着いてしまった。


途中、渋滞の信号待ちの時
フロントガラスを磨いてチップをもらう少年をたくさん見た。
不思議な光景
さきほどまでのリゾートとは一転
なんとも言えない嫌な気分



NEXT右矢印






Last updated  2012/10/20 02:01:40 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/13
夕刻、何やらホテルでパーティがあるのか?
着飾った人たちだらけ

昨日以上に引け目


夕食は
空港からの送迎車を手配してくれた「シチリアクラブ」のおすすめのお店へ
メッシーナ門近くのレストラン
こちらも魚介類のお店

Arco dei Cappuccini(アルコ・ディカップチーニ)
IMG_0147.jpg
メッシーナ門を出て左に曲がり、坂を上り、右側のアーチをくぐって右側の2件目のレストラン


IMG_0142.jpg

今までより幾分高級な感じ
予約はないと告げると、店内ならと案内される

日本人か?と聞かれ
日本語メニューが、


日本語メニュー
うれしいんだが、
よくわからない伊語メニューを見ながら恐る恐る頼むのも
旅の楽しみの一つなのだが、、、

今回は魚介のマリネはパス
正直あきた

悩んで悩んで
ウニのパスタと、魚のグリル
そしてこちらはデカンタではないハーフワイン
ミネラルウォーターも大きいのか小さいのか聞いてくれた。
IMG_0145.jpg


美味しい。。
IMG_0141.jpg
うにのパスタ

超絶品!

昨晩のとはまるで違う。

濃厚で繊細

なんともいえない。

最終日の夜でなかったらもう一度行きたかった。
残念



IMG_0143.jpg
グリルミックス
丁寧に日本語で魚の名前を告げてくれる
たしか、海老、カジキ、イカ、ハタ、鮪

こちらもかなり美味しいが、
残念ながら、満腹
かなり頑張ったが、残してしまった。

美味しくて食べたいのに、食べれない
悔しい。。
胃がもう一つ欲しい



ほろ酔い状態で、コルソ通りを歩いて帰る
IMG_0168.jpg

IMG_0149.jpg


まだまだ街は賑わってる。
4月9日広場はかなりにぎやか
演奏してる人や走り回る子供達
IMG_0154.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0151.jpg

IMG_0158.jpg



ホテルに戻るとすっかりホテルも静まり返っていた。
庭も少し気味の悪いほど静かだ
IMG_0170.jpg



NEXT右矢印













Last updated  2012/10/20 02:02:21 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/10
再び、BANBARにてぐらにーて
レモンをオーダー

するとスコール

帰れなくなったので

今度は、コーヒーのグラニーテにクリーム乗せ
IMG_0103.jpg

甘い

こちらはあまり好みではない

やはりフルーツ系が美味しい


雨も上がったので、コルソ通りを散策し
4月9日広場から階段を下りてホテルへ戻る
IMG_0105.jpg


チェックイン
部屋を案内されるが、見つけられず、
ホテルマン迷子
あっちこっち連れまわされ、別の人に訪ねて
ようやく我が部屋へ

IMG_0109.jpg

IMG_0113.jpg

一番安い部屋だがベランダがある。
しかも、
2部屋ある
広い



ホテルの敷地内や庭園を散歩して歩く。

もと修道院ということもあってかグラナダのホテルと似た雰囲気

前日のホテルとはまったく違うがここも素敵なホテルだ。

IMG_0116.jpg

IMG_0119.jpg

IMG_0117.jpg

IMG_0118.jpg

IMG_0138.jpg

当然
庭園も景色も美しすぎる
IMG_0123.jpg

IMG_0131.jpg

IMG_0124.jpg



どこもかしこも美しすぎる景色のタオルミーナ


NEXT右矢印






Last updated  2012/10/20 02:02:44 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/10/09
DVDで「グランブルー」を見たからには、
ここに行かねば



そう遠くはないだろうと、タクシーにて
アタホテル カポ・タオルミーナ(Atahotel Capotaormina)へ目指す。
車タクシーにメーターはない
15ユーロ取られた。おそらく高い。

目指すはこのホテルのレストラン

洞窟っぽいとこを抜けてレストランへ
IMG_0085.jpg

このホテルは海から近い荒波
IMG_0088.jpg

レストラン下の岩場でははみんな泳いでいる。



IMG_0087.jpg
まだオープンしたてで誰もいないのレストラン
早いが一人客なので早めに入店

ここはビュッフェ式のおみせ
メイン料理だけのオーダーもできるようだが、
ビュッフェにしてみた。
IMG_0089.jpg

40ユーロ
かなり高い
完全なる観光地価格?

料理の内容は
かなり盛りだくさんの料理だが

好みのものは朝食と被る


パスタもあったが、茹でおきのものが調理されてだされる。
IMG_0090.jpg

不味くはないがやはり高い
ミネラルウォーター5ユーロとビール6ユーロと合わせて50ユーロ超


一人客なのに1リットルの水
大きい瓶しかないのかと思っていたら、別の客には500ミリリットル
ん~んぷー



混雑してきたので帰ることに

送迎バスがあるが、この時間はシエスタ?らしくバスはない
さーてどうしようか?と考えながら
ロビーでまったり読書

そして
タクシーはもったいないので、徒歩でイゾラベッラを目指す。
下り坂なので楽
思ったよりあっという間に着いた。

今日はTシャツにカプリパンツと若干海仕様
階段近くの店で、ビーサンを調達
偽クロックス


カプリパンツでもイゾラベッラまで渡るのは厳しそう
近くの岩場で、足だけ浸して海を堪能?
IMG_0097.jpg

IMG_0100.jpg

IMG_0098.jpg

IMG_0102.jpg


わずかの滞在時間で戻る
フニコラーレに乗って
旧市街へ


NEXT右矢印






Last updated  2012/10/20 02:03:07 PM
コメント(2) | コメントを書く

全16件 (16件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.